アドバンテックは東京エレクトロンデバイスと協力して、AloTのエッジコンピューティングを推進

日本海外事例集】アドバンテックは東京エレクトロンデバイスと協力して、AloTのエッジコンピューティングを推進 – 記事

アドバンテックとTEDは、単一ユニットのハードウェアを扱う従来のビジネスアプローチからAIoTソリューションに重点を置くことに転換する目的で、Microsoft Azureと連携したIoTエッジコンピューティングソリューションを共同開発し、推進しています。

AIoTとは、人工知能AI)とモノのインターネット(IoT)を組み合わせた造語です。シャープが提唱しているキーワードで、単に家電製品やモバイル機器などのモノをインターネットに接続してデータをやり取りするだけでなく、それをAIによって最適化するというコンセプトが込められています。

アドバンテックとTEDは、両社がこれまで組み込みハードウェア事業のパートナーとして協力してきたと述べました。
現在、アドバンテックは日本でのシェア拡大を目指しており、Microsoft Azure Cloud Servicesの組み込みハードウェア、デザインサービス、AIoTソリューションでサービスを提供しています。

エッジコンピューティングにとっての最初の効果である、Plant Visualization Kitでのやり方では、アドバンテックのタワーライトセンサー、エッジインテリジェンスサーバーシリーズ、およびWISE-PaaS / VISのリンクを介してプラント機器の状態を視覚化することにより、業務を合理化するMicrosoft Azureと共にEdgeSenseを導入しました。
検証テストはTEDの連結子会社であるAval Nagasaki Corporationが行いました。

アドバンテックジャパンのゼネラルマネージャーであるMike Koike氏によると、

「私たちがTEDと協力しているのは、TEDが大規模な販売ネットワークを持っているのを生かす第一歩です。
私たちのIoT Edge Intelligence WISE-PaaSとハードウェアの販売を増やすために、アドバンテックはITとOTのギャップを橋渡しするために、AIoTソリューションを販売し、ITサービスをサポートするための高度なマーケティング能力を提供することができます。我々はエッジコンピューティングの実質的な発展を促進するために一緒に努力します。」

と語りました。

TEDのクラウドIoT/カンパニーの初見泰男氏は、アドバンテックと協力して顧客に変革的なAIoTソリューションを提供することに喜びを表明しました。

「既存のハードウェア事業に加えて、当社はAIoT市場向けの製品とサービス機能をさらに強化するよう努力します。」

と語りました。

原文はこちら: Advantech works with Tokyo Electron Device to promote edge computing for AIoT

【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中