ブロックチェーンとIoTの組み合わせによる革新的なメリット

ブロックチェーンIoTの組み合わせによる革新的なメリット – 記事

企業がIoTブロックチェーンを利用する方法

ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)はそれぞれ強力ですが、これらのテクノロジーの組み合わせは、今後様々な企業によって、急速に活用される機会が増加していくことでしょう。
このことをBIoTまたはBlockchain of Thingsと言います。

アフトレックス・マーケット・リサーチによる2018年の調査では、2026年までにブロックチェーンとIoTの市場が合計2,543億1千万ドルに達すると予測されています。
小売、自動車、テレコミュニケーション、製造、ヘルスケア、石油&ガスを含むブロックチェーンとIoTの組み合わせが革新的であり、企業が流行に乗っていることを示唆しています。

エンタープライズ戦略グループ(ESG)のシニアアナリスト、Michael Leone氏はこう述べています。

「ブロックチェーンや分散型技術はIoTアーキテクチャの恩恵を受けると考えていますが、 1年をかけなければならないのであれば、2020年までに、わずかな割合で組織に信頼性の高いシステムを導入することになります。 2022年には、より堅牢な機能セット、共通のリファレンスアーキテクチャ、そして企業が自信を持って行うための十分なケーススタディが利用可能になると期待しています。」

ブロックチェーンとIoTの5つの具体的なメリットをご紹介致します。

1.加速されたデータ更新技術

Aftrex Market Researchが指摘する主な利点の1つは、データの更新が加速することです。 しかしLeone氏は、ブロックチェーンの現在の実装では、1秒あたりのトランザクション数が上限になるため、この面での制限があると考えています。

「加速されたデータ更新の基盤となるブロックチェーンのような、より企業レベルのアプローチでは、データ量、IoTのデバイス数、2者間の取引速度をアップさせるなどの処置をする必要があります。」

とLeone氏は述べています。

「IoTのパフォーマンス要件を満たすには、信頼できるノードを活用してトランザクションを検証する時間を最小限に抑えるブロックチェーンが不可欠であり、これが初めてIoTデータ交換の速度に対応できそうなものと言えます。」

2.低コスト

企業にとって最も有益な利点の1つは、運用コストを削減できることです。
この技術により、制御を一元化することなく、ピアツーピアでデータを送信できるため、ビジネスコストが削減されます。

「制御を一元化するとシステムは大規模になります。」

とLeone氏は語りました。

「簡単に言えば、信頼性の高い中央集中型インフラストラクチャのスケーリングは、大きく高価になり、推奨できません。
分散型は、IoTの規模に対処するため費用対効果の高い方法を可能にします。」

3.セキュリティの向上

データを正当化し、信頼できるソースからのものであることを保証するその能力のために、セキュリティはブロックチェーンの本質的な要素の1つです。
この利点は、IoT内のデバイス数が多いために特に役立ちます。
これらの技術を組み合わせることで、安全な通信を強化し、プライバシー保護を強化することができます。

「『コネクティビティは、人間とデバイスの相互間にあること』に注意することが重要です。」

とLeone氏は述べています。

「誰がアクセス権を持っているか、誰が取引しているか、それらのすべてのやり取りを記録することが要です。」

現在、ブロックチェーンとIoTの組み合わせを実装している企業は、デバイス認証などのセキュリティ対策に取り組んでます。
これは、ブロックチェーンとIoTのセキュリティ面について言えば、氷山の一角です。

「不正なアクターが検出された場合、不正なアクセスを遮断するために、さまざまなセキュリティレイヤーを実装する必要があります。」

とLeone氏は述べています。

4.会計を合理化する

企業内では、会計部門はブロックチェーンとIoTによって提供される透明性をすぐに享受できる最初の部門の1つになります。

Leone氏はこう述べています、

「リニアタイムスタンプチェーンを介して、どの取引段階が共有/送金/データを送信しているかを知るのが大切です。明らかに監査を受けている場合は、翻訳レイヤーが必要ですが、変更できない強固で信頼性の高いトランザクションの連鎖であるという事実は、会計目的にとって大切なことです。」

5.より効率的なサプライチェーン

多くの企業にとって、サプライチェーンをより効率的にすることが大きな優先課題であると考えられています。
しかし、多くの経済的、地球規模の課題がこのプロセスをより困難にしています。 ブロックチェーンとIoTは、中間者を排除し、取引のスピードを高め、コストを削減することでサプライチェーンの効率を向上させることができます。

「伝統的なサプライチェーン・トランザクションで、4〜5ステップの検証が必要な場合は、各ステップでコストが生じています。」

とLeone氏は語りました。

「しかしこれからは、ブロックチェンジャーがある程度のバリデータとして役立つので、データを直接交換して、あらゆるステップに関連する料金を排除することができます。」

これは企業にとって何を意味するのでしょうか?
エンタープライズモビリティエクスチェンジで実施された2018年8月のTwitterの調査では、回答者の57%がブロックチェーンを利用しないと回答しています。
一方、世論調査の回答者の12%のみが分散型技術を利用しています

Leone氏の分析に基づいて、ブロックチェーンとIoTは素晴らしい組み合わせになる可能性があります。
しかし、この新しいビジネスソリューションがエンタープライズテクノロジの重要な要素となるには、まだ数年は残っています。
そこで、今すぐ導入計画を立てることが賢明でしょう。

原文はこちら: 5 Revolutionary Advantages Of Combining Blockchain With Internet Of Things

様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中