【動画】Microsoft IoT Centralの紹介

シンプルで、クラウド開発の複雑さを軽減するマイクロソフト社のIoT Centralは新しいSaaS(software-as-a-services)を導入し、より賢く効率的になりました。完全な管理の元、SaaS製品は効率を高め、高い洞察力を持ち、新しい収入源を創出できます。Microsoft IoT Centralは、開発プロセスを簡素化し、顧客が簡単で迅速に作業をできるようにすることで、よりデジタル界を容易にする事に成功しました。

内容:

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この会社は、Fabrikam, Incorporatedです(マイクロソフト社がサンプル用に使う仮想上の会社)。
Fabrikamは産業界においてビジネスで必要な発電機を提供する会社です。発電機は、社会基盤施設などの制御塔、病院や議事堂などに置かれています。

Fabrikamは、発電機をクラウドと接続する事で効率性と顧客満足度の向上と、経費節減にもなることを知りました。

ただ、同じような会社がたくさんある中でIoTを全てのものに入れるのはあまり簡単ではないと考えています。

そこまでの資源と技術者がまだいないからです。また技術者がいたとしてもたまにしか必要とされない技術者を雇っているのはあまりにも高くつきます。

Fabrikamはマイクロソフト社をパートナーに選びます。なぜならば、マイクロソフト社はIoTに特化しており、クラウド上で何かをするのにも優れているからです。また、マイクロソフトが独自に使用しているチェックリストを通したら、IoT Centralはビジネスにとって完璧だと実感します。

他の会社とは違ってマイクロソフト社はSoftware-as-a-serviceをIoT Centralに導入しています。それによって、マイクロソフトパートナーシップになれば、不要な管理を取り除き、好きなように独自に周辺機器の構成を簡単にする事が出来ます。

機械操作、管理の改善により技術者を高額で雇う事がなくなり、コストの削減にもなります。最先端の解析洞察を機械がする事ができるので、メンテナンスを予測し、機械が壊れる前に修理する事が出来ます。

これらの事がクラウド上で情報保護、接続、データ記憶が世界トップレベルのセキュリティで安全になります。

Fabrikamは複雑で面倒な手間を省き、経費削減を成功しました。さらに、手間を省いているのにも関わらず自信に満ちあふれています。

マイクロソフト社のIoT Centralは簡単で安心にあなたのビジネス界に導入できます。

Microsoft IoT Centralについて

Microsoft IoT Centralはプロセスの効率性向上から、より優れた顧客体験の提供、そして新たな収入源の創出まで、ビジネスをモノのインターネット(IoT)と結合し、新たな方法で展開させています。モノを作る、モノを制御する、データを分析する、インサイトにもとづいて決定を下す、という4つの観点からマイクロソフトのIoTでビジネスを変革しようとしています。
詳しくは、https://www.microsoft.com/en-us/internet-of-things/iot-central-saas-solutionsをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

【動画】Microsoft IoT Centralの紹介 世界のIoTに関するレポート公開中