【IoTおすすめ本】テクノロジーファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?

IoTおすすめ本】テクノロジーファースト なぜ日本企業はAIブロックチェーンIoTを牽引できないのか? – 記事

AI研究の松原仁氏(公立はこだて未来大学教授)、IoT開発の坂村健氏(東京大学名誉教授)に聞いた国産テクノロジーの危機

内容紹介

第3次AIブームは「アルファ碁」で始まった。
グーグル、テンセントといった米中の名だたるIT企業が組織をあげて囲碁AIの研究開発を進めるなか、それがAIの核心に通ずるものであるにもかかわらず、なぜか日本企業では囲碁AIの研究開発はほとんど行われていない。
囲碁AIの研究開発を行う数少ない国内企業の経営者である著者・福原智が、テクノロジーの本質を問わぬままに米中企業の後塵を拝しつづけている日本企業の行方を産業革命の歴史とIT開発史から読み解く。斯界の第一人者である坂村健氏、松原仁氏、安延申氏との対話のなかから、現状の問題点に鋭くメスを入れる。
なぜコンピュータサイエンスを理解したエンジニアでなければ、日本の未来を切り拓けないのかを熱く伝えます!

目次

  1. はじめに: われわれはどこから来たのか?
  2. 第1章: ゲーム盤の向こうにある戦争―囲碁AI国際大会が突きつける覇権争いの行方
  3. 第2章: ビッグデータという資源の獲得を競う現在―4回目の産業革命と、IT開発4度目の波
  4. 第3章: テクノロジーへの古い固定観念に囚われた日本―第五世代コンピュータに始まる挫折の歴史
  5. 第4章: 産業革命4.0の本番はこれからの50年にある―分野を越えて共振するテクノロジー
  6. 第5章: ポスト・ディープラーニングを掘り当てろ!―ブロックチェーンとIoT、AIの本質
  7. 第6章: テクノロジー・ファーストのIT企業だけが未来を見る―IT企業の経営者が持つべき使命
  8. おわりに: われわれはどこへ行くのか?

書籍情報

書籍名 テクノロジーファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?
著者 福原 智
販売開始日 2018-09-07
金額 ¥1,458(本記事記事公開時点)
ページ数 212
出版社 朝日新聞出版

関連情報

情報の更新: 2018年09月19日現在

AIの採用により製造プロセスの完全自動化、応答性の高いマシンを実現。コグニティブ・ファクトリーを可能にする 世界のIoTに関するレポート公開中