【動画】SCHENCK:乗用車用の完全なホイール、タイヤ組立ライン

【動画】SCHENCK:乗用車用の完全なホイール、タイヤ組立ライン

ホイールは見かけによらず複雑な構成要素で、高い走行パフォーマンスや安全性を提供し続けなければなりません。IIoTソルーションであるLuxioは、アプリケーションによって、多くのセンサーから集められた情報からタイヤ取り付けの個々のステージ全てを常に管理し、最高の品質を提供するために、また効率を最大限に発揮するために重要な役割を果たしています。
繰り返しますが、ホイールは複雑な構成要素でできています。快適で、かつショートブレーキングディスタンスも簡単にでき、運転の安定性を提供し、振動と不均等を失くし、高い走行パフォーマンスと共にシンプルに高い安全性を提供しなければなりません。

これらの完全なホイールの生産は、様々な理由から物流が課題となります。中型の車では、顧客は50~100の異なるタイプのホイールタイヤのコンビネーションを選ぶ事が出来ます。スチールまたはアルミ製リム、異なるサイズ、冬用タイヤか夏用タイヤなど。私たちがどのようにこれらの課題を解決しているか、モダンタイヤ製造を例にあげながらお見せしたいと思います。

タイヤとリムは取り付けステーションに運ばれます。そして2つのステーションで平行してそれらのソーピングが行われます。

タイヤの取り付けは個々にステージがあり、常に全てのステージを管理するためのIIoTソリューションとしてLuxioを利用しています。

Luxioは、工場の取り付けと最適化に大きな可能性を与えてくれます。多くのセンサーからの情報が、個々の機械部品を分析するために集められます。ホイールの組み立ての過程の間、例えばトルクが許容範囲内かどうか確認したりしています。

今度はタイヤに空気が入れられました。マウントされたタイヤに充填リングを通して正確な分量の空気を入れるのには、数分の1秒しか掛かりません。タイヤのフィットが最適化され、タイヤの形の一貫性が確認された後、最後のステップは完成したホイールのバランスを取る事です。バランスは測定ステーションで決定され、不備があれば、修正ステーションで重りを取り付け修正されます。

例を挙げると、Luxioのダッシュボードでは、より良いプロセスコントロールのためのアンバランス分布の評価と統計を一目で確認することもできます。

最後に、ホイールが厳しい品質要項を満たしているかがコントロールステーションで確認されます。完成したホイールはセットに積み重ねられ、バッファウェアハウスに保管されます。ホイールセットはこの時点で呼び出し順序に従って配置され、ディスパッチポイントで回収されます。トラックはこれを車両組み立て場へ順番通りに運びます。

私たちは高い基準を満たした完成したホイールを8分30秒に1つの間隔で生産しています。スペクトラムの範囲はスペアタイヤを含み16から21インチです。Luxioによって提供される実働状況とパフォーマンスの分析は、我々にとって重要な役割を果たします。最高の品質を提供するため、また効率を最大限に発揮するためにも、より深く掘り下げていくべき分野である事は明らかです。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
成長が見込まれる消費者向けAIアプリケーション。2016年から2025年のAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの市場... 世界のIoTに関するレポート公開中