スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産業、地域別の市場分析

スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産業、地域別の市場分析 – 記事

レポートの概要

スマートファクトリー市場は2017年から2022年にかけて大きな成長の可能性を示す
スマートファクトリー市場は、2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長し、2022年には2054.2億ドルに達すると予測されています。スマートファクトリー市場の成長の主な要因は、産業用ロボットの採用、IoT(Internet of Things)の進化、スマートオートメーションソリューションの需要の増加、規制適合への重点化の増加です。しかし、巨大な設備投資やサイバー物理システムのセキュリティに関連するリスクなどが、この市場の成長を抑制する要因となっています。

DCS技術は予測期間中にスマートファクトリーのシェアの大部分を占めると予想される
DCS技術は2022年までに市場の大部分を占めることが見込まれています。この成長は、途上国の工業化率が高いことに起因します。開発途上国では熟練労働力の確保、人件費の低コスト化、資源利用の可能性などにより、製造業の拡大が最も進んでいます。開発途上国は、電力セクターに関連した拡張と能力増強計画を持っており、DCSの需要を押し上げるでしょう。

産業用3D印刷市場は2017年から2022年にかけて最高の成長率を見込む
産業用3D印刷市場は、2017年から2022年の間で最も高い伸び率を見込んでいます。自動車、航空宇宙や防衛、食品や飲料、半導体やエレクトロニクスなどの産業における3D印刷技術の採用が増加したためです。

予測期間中、グローバルスマートファクトリー市場最大のシェアを占める自動車産業市場
自動車業界は、予測期間中スマートファクトリー市場の最大規模を維持することが期待されています。自動車製造技術の進歩と主要自動車メーカーによる投資の増加は、自動車業界の市場を促進する要因の一部です。スマートマニュファクチャリングは、質の高い自動車の開発と生産において重要な役割を果たします。自動車メーカーは、品質を向上させ、工場の生産性を向上させることができるため組立ライン方式の革新を歓迎しています。

APACのスマートファクトリー市場は、予測期間中最も高い成長率を見込む
アジア太平洋地域のスマートファクトリー市場は、2017年から2022年で最も高い成長率を見せると予測されています。市場の成長は、主にこの地域の製造業の成長によってもたらされます。さらに、様々な産業における継続的な進歩と技術革新; 中国日本インドにおける経済発展、東南アジアの他の国におけるインフラ整備の成長; この地域における外資の増加は、この地域におけるスマートファクトリー市場の成長を促進しています。

研究範囲
この調査レポートでは、テクノロジー、コンポーネント、エンドユーザー業界、地域の3つのセグメントに基づいてスマートファクトリー市場を分析しています。市場は、製品ライフサイクルマネジメント(PLM)、製造実行システム(MES)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、監視制御およびデータ取得システム(SCADA)、エンタープライズリソースプランニングDCS(Distributed Control System)、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)、PAM(Plant Asset Management)などがあります。レポートは、センサー、マシンビジョンシステム、産業用3D印刷、および産業用ロボットのコンポーネントに基づいてセグメント化された市場をカバーしています。

市場は、エンドユーザー産業をプロセス産業とディスクリート産業に分けて分類されています。さらに、プロセス産業は、石油・ガス、食品および飲料、エネルギーおよび電力、鉱業および金属、化学、製薬、パルプおよび紙、その他(セメントおよびガラス、水および廃水管理)に分類されます。ディスクリート産業には、自動車、航空宇宙および防衛、半導体およびエレクトロニクス、機械製造、医療機器、その他(印刷および包装)が含まれます。レポートはまた、北米、欧州、APAC、その他の地域の4つの主要地域に基づいてセグメント化された市場をカバーしています。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究方法
  3. 第3章 エグゼクティブサマリ
  4. 第4章 プレミアムインサイト
  5. 第5章 市場概要
  6. 第6章 産業動向
  7. 第7章 製造およびファクトリーオートメーションPAASのIoT
  8. 第8章 技術によるスマートファクトリー
  9. 第9章 コンポーネントによるスマートファクトリー
  10. 第10章 エンドユーザー産業別スマートファクトリーマーケット
  11. 第11章 地域分析
  12. 第12章 競合の展望
  13. 第13章 企業プロファイル
  14. 第14章 付録

レポート情報

レポート名 Smart Factory Market by Technology (DCS, PLC, MES, ERP, SDADA, PAM, HMI, PLM), Component (Sensors, Industrial Robots, Machine Vision Systems, Industrial 3D Printing), End-User Industry, and Region – Global Forecast to 2022
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年04月
金額 $5,650(本記事記事公開時点)
ページ数 209
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

14690

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

世界中でテストされている5G。その技術情報、テスト方法、投資情報を分析 世界のIoTに関するレポート公開中