インダストリー4.0、ディスクリートマニュファクチュアリングにおける競争の中での寸法計測の必要性を強調

インダストリー4.0、ディスクリートマニュファクチュアリングにおける競争の中での寸法計測の必要性を強調 – 記事

Frost&Sullivanはより高度な自動化により、業種間を越えた計測ソフトウェアを求めています。

Industrial Internet of Things(IIoT)の登場で、あらゆる規模のメーカーはシステムを自動化し、競争力を維持するために三次元計測のような最新の測定技術を採用するために、製造景観を変更しました。インダストリー4.0メガトレンドの影響は、製造プロセスの中で、コンプライアンス用件により伝統的に検査が最も顕著な段階である、ディスクリートマニュファクチュアリング業界では特に重要です。製品の品質と保証コストと関連して、ヨーロッパの厳しい政府の規制によって、最新の寸法計測装置は巨大な市場として確立しました。
Frost&Sullivanの最近の分析である欧州次元計量機器市場の分析(2022年までの予測)は、市場に影響を及ぼす様々な要因と制約を特定しています。自動車、航空宇宙、重機、金属加工などの主要エンドユーザー産業における計量機器の機会について説明します。この他にもメガトレンドが長期的に市場に及ぼす影響を調査し、これらの機会を最大限に活用できる推奨事項を提示します。

この分析の詳細については、http://frost.ly/2r8を参照してください。

「ヨーロッパは、自動車、航空宇宙製造がかなりの収益貢献をしている次元測定のための世界的なリーダーのハブです。この二つの産業はスマート工場でハイエンド検査に適用されたインライン計測の強力な市場です。」

と、Measurement&Frost&Sullivanの計測リサーチアナリストであるAnisha Nikash Dumbreは語っています。

「計測ベンダーは、より速い速度、柔軟性、正確性を備えたロボットのガイドラインやポータブル計測装置を提供し、より多くの産業分野に浸透することができるようになります。」

Dumbreはまた、スマート工場で技術が融合されることによって、既存のビジネスモデルでは、知識ベースのサービスに迅速に移動している三次元的計測サプライヤーとの新たな収益源が生まれました。

「インライン計測と予測メンテナンス、リモート監視およびデータの監視機能を組み合わせた計測ソフトウェア(SaaS Software-as-a-Service)のような新たなビジネスモデルは、産業界全体での高度な計測ソリューションを使用することを奨励することです。」

とDumbreは話しています。
また、サプライヤーは、ハードウェアと付加価値SaaSを組み合わせて、優れた生産効率の市場のニーズが増加するにつれて、これを解決することができます。これらの相乗効果をサポートするエコシステムはHexagon Manufacturing、Carl ZeissとMitutoyoのような大手計測ベンダーと技術ベンダーとの間の協力を通じて実現されます。

Industry 4.0の影響のほか、分析の主な内容は次のとおりです。

  • IIoTビッグデータ、クラウドプラットフォームと産業用ロボットとの統合により、リアルタイム接続プロセスが可能であり、欠陥の製造をゼロに達成することができます。このメガトレンドは、メーカーが計測機器やソフトウェアを再発明することを推奨します。
  • 世界の自動車や乗用車の生産:EUで、全世界の生産量の約20~22%が発生しますので、自動車を市場の主要なエンドユーザー産業にします。
  • Metrology Analyticsの革新:Metrologyベンダーは、予測分析を使用して、データの力をよりよく活用することができます。
  • 欧州次元の計測市場は2017年に11億1,000万ドルの売上高を上げました。2017年から2022年までの年平均6%成長して2022年に14億8000万ドルに達すると推定されます。
  • ビジネスモデルの進化:測定コストの削減、簡単にアップグレードすることができる検査ソリューションと遠隔測定のような証明可能な利点を提供するビジネスモデルに転換すると計測サプライヤーの機会と適用範囲が拡大されます。

(European Dimensional Metrology Equipment Marketの分析、Frost&Sullivanのグローバルテストおよび測定成長パートナーシップサービスプログラムの一環である2022年の展望より。)

Frost&Sullivanの紹介

50年以上にわたって、Frost&Sullivanは、投資家、企業の指導者、政府が経済の変化を捉え、破壊的な技術、メガトレンド、新しいビジネスモデルや企業を行動に導くことを支援するという役割で世界的に有名になり、将来の成功を促進する成長機会の継続的な流れをもたらします。問合せください:ディスカッションを開始します。

注釈

  • 「インダストリー4.0」:インダストリー4.0(Industry 4.0)は、ドイツ連邦教育科学省が勧奨して、2011年にドイツ工学アカデミーが発表したドイツ政府が推進する製造業のデジタル化・コンピューター化を目指すコンセプト、国家的戦略的プロジェクトです。
  • 「ディスクリートマニュファクチュアリング」:プロセス製造とディスクリート製造の違いのことです。
  • 「流体」を原材料:プロセス製造の代表的な業界といえば、化学プラントや製油所です。どちらも、液体などの科学薬品や石油といった流体を原材料として、製造を行います。このように、流体を主に扱うのがプロセス製造です。
  • 「個体」を原材料や部品:ディスクリート製造の代表的な業界は、自動車製造や電子製品製造などです。どちらも機械部品という「個体」を組み合わせて製造するものであり、その部品の原材料となるモノも、ほとんどが個体です。個体を主に扱うのがディスクリート製造となります。

原文はこちら: Industry 4.0 Highlights the Need for Dimensional Metrology amid Competition in Discrete Manufacturing

幅広い業界に影響を与えるブロックチェーン。市場の動向、テクノロジーの問題、主要な使用事例を調査 世界のIoTに関するレポート公開中