【IoTおすすめ本】Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング

IoTおすすめ本】Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング – 記事

ラズパイ3とWindows10 IoT Coreをフル活用してIoTガジェットをつくろう!

内容紹介

2015年にWindows 10 IoT Coreがリリースされた後、Wi-Fiを搭載したRaspberry Pi 3の発売、クラウド基盤であるMicrosoft AzureのIoT関連サービスのアップデートと、IoTをより手軽に実現できる環境が着々と整っています。

本書ではRaspberry Pi 3とWindows 10 IoT Coreを活用したガジェット作成はもちろんのこと、クラウドとの連携までを含め幅広く説明します。Windows 10 IoT Core のインストールから開発環境のセットアップまで。そして実際に動かすまでを、順番に解説します。
WindowsやVisual Studio(C#)に詳しくない方でも戸惑わないよう、特に画像を多めにして手順を説明していきます。

本書で取り上げる各種インターフェースごとのコードを応用すれば、様々なセンサーも同様に扱えます。個々のインターフェースやモジュールのしくみ、お作法を含め、1つずつ理解しながら進めていきましょう。拡張ボード:ApplePi(BitTradeOne社)を利用してLEDやセンサーの使い方の説明をします。またモータードライバを利用しDCモーターを制御する方法も紹介します。
また、2つのIoTガジェットを作成します。1つ目はWio Node(SeeedStudio社)とRaspberry Pi 3を使い、温度を取得するシステムを作成します。
2つ目はWebカメラを接続して「人の顔」を認識する監視カメラを作成します。最後にMicrosoft のクラウドサービスであるAzureを活用し、IoTに特化した機能の概要を紹介します。

IoT に興味のある方であれば、「プログラミングは得意だけど電気回路が苦手」といった方でも、その逆であったとしてもきっと大丈夫です。Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT Coreを使って面白くて便利なガジェットを作ってみてください!

目次

  1. はじめに
  2. 1章: IoT ってなんだろう
  3. 2章: Windows 10 IoT Core をセットアップしよう
  4. 3章: Windows 10 IoT Core を使ってみよう
  5. 4章: IoTガジェットを作ろう
  6. 5章: IoT 実践編

書籍情報

書籍名 Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング
著者 宇田 周平
販売開始日 2017-01-31
金額 ¥3,132(本記事記事公開時点)
ページ数 216
出版社 マイナビ出版

関連情報

情報の更新: 2018年09月17日現在

世界のスマートファクトリー市場、2025年には約29.6億ドルに。見える傾向と市場の詳細分析レポート 世界のIoTに関するレポート公開中