イマーシブ・テクノロジー(没入型技術)ができました:ARとVRは今後3年間で事業運営の主流になるように設定されている

イマーシブ・テクノロジー(没入型技術)ができました:ARVRは今後3年間で事業運営の主流になるように設定されている – 記事

新しい調査によれば、臨場感あふれる技術は企業の効率性、生産性、安全性を向上させることが明らかになりました。

Capgemini Research Institute*1の新たな報告書によると、企業が業務を向上させるために、拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)技術を使用していることが明らかになりました。しかし、報告書では「運営の増強およびバーチャルリアリティ:投資ガイド」によると、「AR / VRの現在実装している会社の82%が利益の期待に満足しているか、または超過している」と答え、社内の専門技術不足とバックエンドのインフラが不足により成長に障害が起きていることを表しています。この新しい報告書では、自動車、製造、およびユーティリティの分野の700人以上の役員*2を対象にAR / VRの取り組みについてかなりの知識を持っていて、現在ARVRを実装していない企業の50%が自分のビジネスにイマーシブ・テクノロジー(没入型技術)を探索し始めると明らかにしました。ここでは、今後3年以内にARを使用してウェアラブルまたはハンドヘルドデバイスの専門家が提供するリアルタイムのヘルプにリモートでアクセスしてVRを介して、従業員を教育することができます。いくつかの企業の46%は、この技術が今後3年以内に、組織内の主流になると信じており、38%は、今後3〜5年以内に、組織内の主流になると思っています。

企業は没入型技術の利点を見ています。
報告書によると、ARは、実装するのがより複雑ですが、組織は、VRよりも便利だと認識しました。ARが視覚的な観点から、ステップボードと設計図を投影するポルシェの技術者のような事例を引用しながら、ARが、生産性の向上をもたらしたことを強調し、リモートの専門家が技術者のフィードバックを提供しています。
このソリューションは、サービス解決時間を最大40%短縮することができます。VRは、効率性と安全性を向上させ作業の複雑さを管理して、生産性を向上させます。たとえば、この報告書には、AirbusのVRを使用して、デジタルモデルを生産環境に統合することにより、組立作業者が生産されている航空機の3Dモデルを完全にアクセスできるようになります。これにより、検査にかかる時間が3週間で3日短縮されます。また、この報告書によると、大規模なAR / VRの実装を使用している企業のうち75%の企業が営業利益の10%以上を証明することができます。

ほとんどの実装されたユースケースでの修理とメンテナンス、設計、組み立てフォーム

報告書によると、自動車、製造、およびユーティリティの分野でARVRの最も一般的な用途は、修理やメンテナンス、設計、組み立てです。ARおよび/またはVRを使用している企業の29%から31%が、修理および保守に使用しています。具体的には、デジタル参照資料(31%)、遠隔の専門家探し(30%)、ワークステーションに関するステップバイステップの指示(29%)を参照しています。
設計と組み立てのためにVRおよび/またはARを使用する会社は、デジタル組立手順(28%)を見て、極限状況(27%)で製品の性能をシミュレートして、さまざまな角度からのインフラストラクチャを可視化(27%)し、設計要素を既存のモジュール(26%)から使用*4しています。たとえば、この報告書には、FordのVR技術を使用して組み立て中、身体の動作センサーで撮影した人の代替作業を識別し、エンジニアリングして、従業員のミスの70%が減少し、人間工学に基づいて問題の90%の減少を示しました。

ARは、VRより関連性が高く、広く実装されたものとみなされます。
報告書によると、調査に参加したすべての組織の中で3分の2が、ARVRよりも、ビジネスの運営に適していると信じています。VRは現実世界と分離された独創的な没入型ユーザーエクスペリエンスを向上させることが明らかになりましたが、ARは、デジタルの世界を現実世界に接続して、画期的ないくつかのユースケースをサポートします。ARを配置した会社の45%がこの技術を実装しており、VRを使用する企業のうち36%だけが、他の技術を使用しています(残りの会社はまだ実験段階にあります)。

米国と中国AR / VRで最も積極的な投資家

報告書によると、米国と中国の企業が現在の実装競争を主導しており、調査対象企業の50%以上がすでに業務に没入型技術を実装しています。フランスドイツ、北欧、英国の企業の50%以上が、まだAR / VRの取り組みだけ実験しています。

「米国と中国の積極的な投資家との熾烈な競争に直面して、企業は、この技術が提供する長期的な成長の可能性を保証するために投資を合理化しなければならならず、短期間で没入型技術が長い間発展していくことです。」

とCapgeminiのシニア技術革新担当者であるLanny Cohenは語りました。

ARVRを介してビジネス価値を最大化するには、企業は、中央管理構造、ビジネス戦略に合致する概念実証、技術革新と従業員の変更管理を主導する必要があります。」

AR / VRの取り組みを拡大するための4つの主要な戦略

この報告書は、没入型技術の取り組みで最も多くの利益を得る「初期達成者(early achievers)」グループを確認しました。調査に参加した企業全体の16%を代表するこの組織はAR / VRの取り組みを拡大する4つの主要な戦略に重点を置いています。

  1. 一元ガバナンスモデルを構築し、AR / VR認識を構築します。:初期達成者78%は、セントラルチームやイノベーションセンターを中心に、全体のAR / VRの活動を管理しています(他の企業の51%のみ)。
  2. 将来の才能の向上へ投資します。:初期達成者93%は、アジャイル社内の専門家チームに集中的に投資しており、調査対象企業の残りの76%だけが投資したことがわかりました。
  3. 継続的な価値を提供し、従業員をサポートする適切な使用事例に焦点を当てます。:適切なユースケースを探して適用可能性をテストすることは、初期の達成の最も重要な3つの優先順位のいずれかであり、現在のユースケースを識別することができないのは、組織の50%以上です。
  4. AR / VRを統合するための技術インフラストラクチャの準備:報告書では、AR / VR採用の主な障壁としてのデータと技術準備不足があることを発見しました。企業の場合は、時間の必要性は、従来の技術だけでなく、彼らの文化とのシームレスなAR / VR統合を確保することです。

研究方法

Capgeminiは、709社のAR / VRの取り組みについてかなりの知識を持った709人の個人を対象に調査しました。この研究では、AR / VRで現在活動しているか、AR / VRの実験または実装されている603個の組織で主に活動している会社に集中しました。2017会計年度に73%の企業が10億ドル以上の売上高を上げました。この調査は、2018年5月から6月まで行われました。

Capgemini情報

コンサルティング、技術サービス、およびデジタル変換の分野のグローバルリーダーであるCapgeminiは進化するクラウド、デジタルおよびプラットフォームの世界では、お客様の様々な機会を解決するために技術革新の先頭に立っています。Capgeminiは50年の悠久の遺産と深い業界固有の専門知識に基づいて戦略で運営に至る一連のサービスを介してビジネスの野望を実現することができます。Capgeminiは技術のビジネス価値が人を介して行われていることの確認に基づいています。40カ国以上で20万人のチームメンバーで構成され、多文化企業です。グループは、2017年の世界売上高を128億ユーロと報告しました。
http://www.capgemini.comをご覧ください。人々は重要ですが、結果はもっと重要です。

Capgemini Research Institute情報

Capgemini Research Instituteは、Capgeminiの社内Think-tankとしてのデジタルすべてです。この研究所は、大規模な伝統的なビジネスにデジタル技術が及ぼす影響についての研究を発表します。このチームは、世界中のCapgeminiの専門家のネットワークを活用し、学界や技術パートナーと緊密に協力します。研究所は、インドイギリスアメリカの専門研究センターを置いています。

*1出典:Capgeminiの「Digital Transformation Institute」は「Capgemini Research Institute」に名前が変わりました
*2出典:組織のARまたはVRの活動を率いて、監視または積極的に管理する役員
*3出典:Porscheの「Tech Live Look」のパイオニアは、米国の自動車修理、2018年5月
*4出典:Airbus、「仮想ソリューションは、AirbusのBeluga XL開発に実質的な利点を提供しています」、2016年2月
*5出典:デトロイトニュース、「仮想化技術がFordの製造を合理化」、2015年7月

注釈

  • 「イマーシブ・テクノロジー(没入型技術)」:イマーシブ・テクノロジー(没入型技術)の未来を開くエッジコンピューティング
    「拡張現実(AR)」「仮想現実(VR)」「複合現実(MR、混合現実)」といった没入型技術が、AIの進化を追い風に実用化を目指しています。だが、これらの技術を本格的に活用できるためには、エッジコンピューティングが必要になってきます。こうした技術の導入が進むには、ベンダーがより多くの人工知能AI)機能をクラウドからエッジに移す方法を見いだす必要があります。没入型技術に関する議論の根本的なポイントは、この技術がAIに支えられていることです。
    没入型技術を支えるのがディープラーニングです。
    ここ数年、AI機械学習技術はかつてない発展を遂げていますが、最も重要な進歩が見られるのがディープラーニングです。機械学習の手法の1つであるディープラーニングは急速に進化しており、今日の企業が関心を持つAIの発展の大きな原動力となっています。
    ディープラーニングシステムは、膨大なデータセット、相互接続された多数の大規模な計算レイヤー、コンピュートおよびデータ集約型の探索、数値最適化技術を利用して訓練されます。その結果として得られるディープニューラルネットワークは、自然言語処理やコンピュータビジョン、音声認識において、従来のアプローチを大幅に上回る成果を実現できます。そして実際にそれらを達成している。ディープラーニングは、さまざまなサービスの提供に利用できる。その中には、リアルタイム翻訳の音声の解釈、合成、模倣サービスや、書かれたテキストや会話における文脈や心情の解釈サービス、オブジェクト(物体)、動き、感情の認識を目的とした実世界の画像や動画の分析サービスなどが含まれます。
    AIをエッジにします。
    没入型技術には演算パワーが必要で、「エッジコンピューティング」は、データソースに近いネットワークのエッジでデータ処理を行う。エッジデバイスは、AIのためのポータブルデータセンターに最適な速度で動作します。・「VR、AR」:VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の違いとは?
    現実と仮想世界の狭間を取り払う技術が、今注目を浴びています。次の2つがあります。
    VR(仮想現実:VirtualReality:バーチャルリアリティ)
    AR(拡張現実:AugmentedReality:オーグメンテッドリアリティ)
    VRは、仮想世界に現実の人間の動きを反映させて、現実ではないが現実のように感じさせる技術のことをいいますARは、現実の世界の一部に仮想世界を反映させる技術です。

原文はこちら: Immersive technology has arrived: AR and VR set to become mainstream in business operations in the next 3 years

世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中