日立エンジニアリング、LevyxとのOEMライセンス契約を締結

日立エンジニアリングLevyxとのOEMライセンス契約を締結 – 記事

Levyxビッグデータインフラストラクチャのコストを大幅に削減する、低遅延の大規模データプラットフォーム、およびアプリケーション用のシステムソフトウェアのプロバイダー)は、日立製作所の子会社である株式会社日立情報通信エンジニアリング(以下、日立エンジニアリング)とライセンス契約を結びました。
日立エンジニアリングのハードウェアとLevyxのソフトウェアを組み合わせて、大規模データセットの処理におけるパフォーマンスと遅延に関する課題を解決するための統合ソリューションを提供します。

Levyxは日立エンジニアリングのパートナーとして、大規模に成長する大企業で、仕事を管理する際に直面している基本的なデータ管理の問題を解決させるユニークな機能を提供します。
アジア太平洋地域のデータセンターでは、ハードウェアのパフォーマンスを最適化し、コストを削減する、低遅延で高性能なシステムのソフトウェアが求められています。日本ビッグデータアプリケーションを採用する最前線に立っているように、日立エンジニアリングは、主要なビッグデータ処理の問題を解決するため、Levyxの最先端技術を採用しパイオニアとなるでしょう。

Levyxの国際ビジネス開発担当ディレクターHerbert Perer氏は、次のように述べています。

「私たちは日立エンジニアリングとパートナーシップを結び、IOT、サイバーセキュリティ、ゲノミクス、およびその他の分野での大規模な市場機会の中でビッグデータの課題を解決することを楽しみにしています。」

LevyxのReza Sadri博士は、次のように述べています。

「東京に本拠を置く当社のチームは、日立エンジニアリングと緊密に協力してハイエンドのデータソリューションを開発しています。当社は、企業顧客にワールドクラスのサービスとサポートを提供することに全力を注いでいます。当社の強力なドメイン専門知識と差別化技術を組み合わせた日立のブランドとパワーは、驚異的なソリューションを生み出しています。」

日立エンジニアリングは横浜市を本拠地としています。
主なビジネスはサーバー、通信ネットワーク機器、ストレージ製品の設計、開発、製造であり、主要な企業問題を解決するサービスも提供しています。
最近では、日立エンジニアリングはIOTと人工知能の分野でビッグデータのデジタルソリューションに注力しています。

Levyxはカリフォルニア州アーバインを拠点としています。
販売およびソリューションエンジニアリングの専門知識を持つ顧客をサポートするために、東京に事務所を開設中です。
Levyxの製品には、Helium™、Xenon™、Radon™などがあります。

Heliumは、低遅延データ処理ソリューションのコアエンジンとして機能する世界で最速のキーバリューストア技術の1つです。

Xenonは非常に大規模なデータセット(数十億個のオブジェクトのコレクション)の検索、処理、およびインデックス作成を、緊密に結合されたサーバークラスタ全体に分散して管理するために設計された、遅延が小さくスケーラブルなデータ分析ソリューションです。
これは自動的にさまざまな要素(マルチコアCPU、GPU、FPGA)で最適に計算が実行されるようにオフロードすることが可能です。

Radonは最新の製品で、ヘリウムとキセノンの上に構築されています。
これは、超低遅延、ルックアップと反復操作、NVMeフラッシュやSCMなどの不揮発性メモリ(NVM)ストレージファブリックに高度に最適化されており、データ中心コンピューティングオフロードとして機能します。

Heliumや他のシングルノードKVSオブジェクトストアとは異なり、Radonはレプリケーション、弾力性、一貫性、トランザクションサポートなどの広範なエンタープライズ機能を提供します。
これらの製品のそれぞれは、急速に普及している日本のビッグデータ市場におけるさまざまな大規模なユースケースに関連しています。

Levyx Inc.について

Levyxのソフトウェアソリューションは、ビッグデータアプリケーションの経済性を根本的に変革し、高速ビッグデータ処理において多くのメリットをもたらします。
Levyxテクノロジーは、もはや大規模な企業のみに向けられたものではりません。
少数のノードにある汎用サーバーで毎秒何億ものクエリを処理できるため、あらゆる規模の組織にとってビッグデータ処理がずっと使いやすくなります。

原文はこちら: Hitachi Signs OEM License Agreement With Levyx to Address Big Data Applications in Japan

世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中