ビッグデータが農業部門に革命を起こす5つの方法

ビッグデータが農業部門に革命を起こす5つの方法 – 記事

ビッグデータと分析は、現代世界の多数の産業を改善し変革するのに役立っています。
そのような技術がもたらす最もインパクトのある事柄と言えば、運用上および会計上の活動の詳細なリアルタイムの考察を提供することです。
特に農業ではこれは非常に重要なことです。

例えば、農家は、収穫量、肥料需要、コスト節約、将来の作物の最適化戦略の策定にビッグデータを使用しています。

ここに農業におけるビッグデータが、条件や操作を改善する5つの方法をあげさせて頂きます。

1:自然トレンドの監視

農業における重大なリスク要因は、人々が災害をコントロールができないことにあります。
例えば、害虫や作物の病気は、暴風雨や極端な天候のような自然災害のように、収穫ができなくなります。
ビッグデータが存在する前に、そのような出来事を予測することはほとんど不可能でした。経験豊富な農家は害虫問題の兆候を見いだすことができますが、それでは遅すぎてしまいます。

ところがビッグデータと監視技術は、そのようなイベントを追跡し、それらを完全に予測することさえもできてしまいます。
過去および現在のデータをシステムに供給し、有効なアルゴリズムによって考察を抽出することにより、データサイエンスは将来の利益を効果的に高めることができます。
これにより、農家やサプライチェーンのステークホルダーは、多くの資金を節約できるだけでなく、流通パターンや供給を改革することができます。

ビッグデータは現代技術を現場導入することを促進します。
UAVドローンは、飛行して土地のパターンを評価するために使用することができます。
また収集されたマッピングデータは、分析され、有用な情報のために精査することができます。

IoTセンサーは、農耕地や植物を遠隔地で追跡し監視することもできます。

2:高度なサプライトラッキング

今日の農業では、農家はしばしば特定のサプライヤやパートナーに依存しています。
彼らは、例えば、彼らの直近の収穫量をある特定の食料品店や部門に送っているでしょう。
しかし、誰が農業に参加しているかにかかわらず、いつ特定の作物がいつどのくらい収穫されるのかを正確に知ることはできません。
これでは消費者側の需要の変化と相まって、供給問題が深刻化する可能性があります。

ビッグデータは、サプライチェーンで発生する問題のいくつかを緩和することができます。なぜなら、シーズンごとに作物と収穫についてより多くの監視を行うからです。
これは農家だけでなく、流通業者、包装業者、小売業者など、サプライチェーンに沿っているすべての人にとっても当てはまります。

3:リスクアセスメント

一般的に、ビジネス、経営、企画チームは、詳細なリスクアセスメントレポートの恩恵を受けられます。
しかし今までの農業の世界では、この恩恵を受けることは不可能でした。
確かに、行動をすることは明白な結果を生むことになりますが、データ駆動のリスクアセスメントはそれ以上の利益をもたらします。

ビッグデータを使用すると、ほとんどすべてのシステム、決定またはイベントをリスク分析計画で検討できます。
すべての間違いや潜在的なハードルは、適切な解決策だけでなく、期待される結果リストとともに説明することができます。
農民は、これによって作物全体が打撃を受けることはないと分かります。
さらに重要なのは、リアルタイムデータを使用して損傷を最小限に抑えられることです。

4:理想的な作物と消費者の関係

たとえば、農家は需要の減少理由を説明できるようになります。
これは、需要がより高い時にも、逆の場合にも当てはまります。
ビッグデータはこれまで以上に高度なレベルでこれを可能にします。

農家は、過去の生産量、顧客への影響、需要と供給にどのように影響を与えたのか、さらには操業改善のヒントを正確に把握することができます。
そして彼らは、例えば、コストとスペースの両方を節約して代替品を栽培するなど、シーズンオフの作物を減らして過剰な廃棄物を削減することができます。

5:データ駆動型産業

大規模なデータを提唱しているもう1つの理由は、大量のデータと考察ためにシステムを外部プラットフォームと同期させることです。
それは「接続された」スマートなテクノロジーの側面に結びついています。

機械学習およびアルゴリズムツールは、情報を考慮して設計することができます。
農民は予測モデル化技術を使って、気象パターン、消費者の需要と供給、さらには過去の業界の出来事を考えたり、それに応じて行動したりすることができます。
このデータは、農業業界の人々が周囲の世界にビジネスがどのように影響を与えるかを理解するのに役立ちます。

これは、過去に使用された戦略とは対照的に、新しく革新的な方法で動作する、協調的なデータ駆動型産業を創出します。
またこれの素晴らしさは、この戦略ためのスペースを確保するために、従来の戦略を排除する必要がないことです。
実際には、それをすべて組み合わせて、これまで存在していた最も効果的で成功した操作をすることができます。

原文はこちら: 5 Ways Big Data Is Revolutionizing the Agricultural Sector

ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中