様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測

様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 – 記事

レポートの概要

世界中の消費者、企業、政府という市場で、ますます多様化するユースケースに人工知能AI)技術が導入されています。AIは、機械学習ディープラーニング、コンピュータビジョン、自然言語処理(NLP)、マシン推論、強いAIなどの複数の技術を含む包括的な用語です。TracticaはAIを、人間に似た聴覚、視覚、推論、学習能力をコンピュータに与えるように設計された生物システムに触発された情報システムと定義しています。AIは、ほぼすべての業種で応用とユースケースがあり、産業革命、コンピュータ時代、スマートフォン革命などの過去の変化に似た次の大きな技術的シフトと見なされています。

Tracticaの市場予測は、AIのソフトウェア、ハードウェア、サービスの収益機会を特定し、各ユースケースの収益の可能性を分類して推定し、業界、技術、市場全体を見積もることができます。Tracticaは、AIソフトウェアの直接的および間接的なアプリケーションから生じる収益は、2016年の13.8億ドルから2025年には59.75億ドルに増加すると予測しています。これは、大幅な成長曲線を示しており、予測期間中の年間平均成長率(CAGR)は52%です。

Tracticaのレポートは、消費者、企業、政府部門のAIの市場機会を定量的に評価しています。このレポートには、154の特定のAIの使用事例と、それらが役割を果たす29の業種の市場規模、セグメンテーション、および予測が含まれています。市場予測は、2016年から2025年の機械学習ディープラーニング、コンピュータビジョン、NLP、機械推論、強いAIの6つの基本AI技術によるセグメンテーションを含みます。収入予測は、ソフトウェア、ハードウェア、およびサービスによってさらに分類され、世界の地域別にセグメント化されています。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 定義と範囲
  3. 第3章 市場データハイライト
  4. 第4章 頭字語と略語一覧
  5. 第5章 目次
  6. 第6章 図表の一覧
  7. 第7章 調査の範囲、情報源と方法論、注釈

レポート情報

レポート名 Artificial Intelligence Market Forecasts: 154 Consumer, Enterprise, and Government Use Cases for Machine Learning, Deep Learning, Natural Language Processing, Computer Vision, Machine Reasoning, and Strong AI Across 29 Industry Sectors
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年05月
金額 $4,200(本記事記事公開時点)
ページ数 26
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

14539

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

AIの普及により高まるハイエンドプロセッサの需要。AI時代の新しい半導体産業の方向性 世界のIoTに関するレポート公開中