5G市場:グローバル分析と予測

5G市場:グローバル分析と予測 – 記事

全世界の通信事業者は、接続されたデバイスの数が突然急増するにつれて、このようなインフラストラクチャは、データトラフィックを処理することができないことを立証して、既存のネットワークインフラストラクチャを完全に点検する必要性を認識しました。データトラフィックが増加し、QoSエンドユーザーのためのサービスは、通信事業者に考慮すべきもう一つの重要な側面です。

加入者ベースの競争から脱し利益率を減らす通信事業者の売上高が減少することになって、通信業界は、約2年後に減少の脅威に直面しました。4G LTEネットワークの販売量は、オペレータのため予想され、代わりにいくつかのオペレータのための損失をもたらました。

これらの驚くべきシナリオでは、多くの利害関係者と協力して国際電気通信連合(International Telecommunications Union)は、いくつかの機能を備えた全く新しいネットワークアーキテクチャのリリースを示唆しました。リリース15とリリース16は、現在の5Gとして広く認められている無線通信規格に選ばれました。

産業オートメーションの最終用途部門の北米5G市場は年平均48.65%成長しており、2020年には0.17億ドルで、2025年には12.5億ドルに達すると予想されます。

新しい5Gアーキテクチャの機能は、電気通信分野に限らず、他の産業分野に広がっています。産業オートメーション分野は5G技術の出現で、近い将来に利益を見ると予想される主なエンドユーザー部門の一つです。

北米は、技術と製造ハブとして、この地域の産業オートメーション分野に適用される5G技術の含意を目撃することができる主な地域の一つです。製造部門で5G技術の使用事例は、アセンブリラインのデバイスと制御装置が無線で通信するセルの自動化、工場でものを運ぶ自動ガイド車両(AGV)、プロセスの自動化、測定および破棄の操作に使用されるリモートサポートとロボット制御、スタッフの教育およびメンテナンスのための拡張現実(AR)などが挙げられます。

私たちの研究では、インフラストラクチャと業界垂直ネットワークを介して5G市場を分断しています。5G市場のネットワークインフラストラクチャのセグメントは、小さなセル、マクロセル、およびその他に分類されます。

5Gは、多くのビジネスケースにアプリケーションを提供していますが、スマートカー、医療、スマート輸送、家電製品、産業用オートメーション、ビルオートメーション、ホームオートメーションなどの業界の業種は、5G市場で業界垂直部門を構成します。地理的に5G市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、中東、アフリカ(MEA)、南米(SAM)で分析されます。

地理的に、初期の段階で、北米での5G試験では、政府の支援、ビジネスケースの使用、および支持する産業生態系の高い増加により5Gインフラ市場で2020年に最大の市場シェアを占めると推定されます。北米、カナダメキシコは、チップセットメーカー、MNO、携帯電話メーカー、技術プロバイダーなど、さまざまな利害関係者と協力して全地域にわたって5G展開と展開、様々な取り組みを取っています。

これらの要素は、北米での5G配置をさらに促進することが期待されます。市場の主要企業は、新興市場での機会を最大限に活用できる措置を講じています。

5G市場の主な企業には、T-Mobile USA, Inc., Cisco Systems, Inc., AT&T, Inc., Qualcomm, Inc., Ericsson, Huawei Technologies Co. Ltd., Verizon Communications, Inc., Nokia Networks, Telefonica S.A., and Orange S.A.があります。

完全なレポートのダウンロード: https://www.reportbuyer.com/product/5446126

Reportbuyer情報

Reportbuyerはトップの出版社からすべての市場調査レポートを提供する主要な業界インテリジェンスソリューションです。

注釈

  • 「5G」:5Gは普及するのか?「3つの課題が市場成長を左右します
    5Gの普及に向けた提言
    「5G」とは、第5世代(Generation)の次世代無線通信規格を指す。5Gの普及により、我々の通信環境がこれまでより便利になるのは、誰もが何となく理解しているでしょう。一方で、なぜそれが必要なのか、どうすれば普及するのかを構造的に理解するのは、より有意義ではないでしょうか。5Gはなぜ必要とされているのでしょうか。また、どうすれば普及するのでしょうか。5Gの必要性と普及に向けた課題と対策を解説します。

    移動通信の世代交代の歴史
    携帯電話などの移動体の無線通信規格は、1980年代に始まったアナログ規格の第1世代(1G)から、約10年周期で世代交代を繰り返し、2000年代には移動体音声通信からデータ通信への大転換を支える第3世代(3G)が誕生しました。

    また、現行の最新世代である4Gは、人々の働き方や生活スタイルまで一変させたスマートフォンの普及と、その利便性を著しく向上させるインフラとして、2010年代に登場したものです。

    3G、4Gの普及は、新興国における通信業の「リープフロッグ」(※)と呼ばれる現象を引き起こしました。具体的には、3Gを装備した携帯電話により、それまで主流であった固定通信網をインフラ未整備の新興国であえて普及させる必要がなくなり、4Gが固定網によるインターネット接続の必要性をスマートフォンで代替しました。
    ※:テクノロジーの活用により段階的な発展過程を一段飛びで抜かす現象。

    このような流れを受け、次世代の通信規格として5Gの検討が行われており、各国で3GPP(Third Generation Partnership Project)と呼ばれる3G時代から続く標準化団体を機軸に、複数の団体が標準化の検討を急ピッチで進めています。

    5G実現のための3つのハードル
    通信規格の世代交代の歴史に見られるように、世代交代時には明確な通信機能・性能の向上が見られました。5Gもその例外ではなく、これまでに比べて主に、1.高速・大容量、2.大量接続、3.低遅延などを要求条件とした検討が行われています(この3つがすべてではありません。あくまで特徴的な点のみピックアップしています)。

    1.高速・大容量
    5Gにおける通信速度の達成目標は、現行の4GやWi-Fi接続の約10倍にあたる10Gbps以上とされています。これにより、従来は携帯端末での視聴が敬遠された4K、8Kなどの大容量マルチメディアコンテンツや、VR(バーチャルリアリティ)などを使った新たなアプリケーションの活用に道が開けるといわれています。

    しかしながら、現行の4G/Wi-Fiでストレスなく使える以上の大容量コンテンツがそれほど多く存在しているか、またユーザーがそれを求めているかについては、甚だ疑問であり、この要求条件自体が5G普及の決め手になるとは考えにくいです。

    特に日本においては、居住地域のほとんどをすでに4Gネットワークがカバーしていることもあり、3Gから5Gというリープフロッグ効果もほとんど期待できない状況です。

    NTTドコモのLTEサービスエリア(出典:NTTドコモ社のWebsiteより)

    一方で以降に挙げる2つの要求条件は、現行世代とは明確に異なる技術要件と需要があると考えられます。

    2.大量接続
    現在、世界のいたるところでIoT(モノのインターネット)による新たなビジネスが勃興しており、これにより各種センサーを初めとして、これまでとは比較にならない数の移動体通信端末をインターネットに接続する必要が出てきています。

    なぜセンサーなどが「移動体」である必要があるかというと、仮に固定した場所に配置されるデバイスであっても、有線でインターネットに接続するための設備を用意することが困難もしくは割に合わないケースが大多数と考えられるからです。

    2020年までにこれらのIoT関連端末数が800億台に達すると予想しており、その後も飛躍的なスピードで成長すると考えられています。

原文はこちら: 5G Market – Global Analysis and Forecasts

【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中