IIoTが古くからある問題を解決する2つの方法

IIoTが古くからある問題を解決する2つの方法 – 記事

IIoTはただ単に新しい可能性を提供するだけではなく、従来のシステムを実装する手段や方法も変えています。
この記事では、IIoTとクラウドが、様々なビジネスを行う上で革命を起こした2つの事例について解説します。

1.大規模な資産は重要

伝統的な方法:伝統的に、最もミッションクリティカルな資産は、より複雑な形のメンテナンス方法や予測分析などが必要とされていました。
これは、追加資産の接続/計装が高価なものであり、コストと複雑さを正当化すること(コストパフォーマンスを見出すこと)が困難だったためです。
さらに、周辺機器との関係は、運用上の健全性、信頼性、その他のKPIとして必ずしも明確ではありませんでした。
より重要ではない資産が、より効果的ではない保守戦略(例えば、リアクティブ保守や失敗)で実行されていました。

新しい方法:IIoTとクラウドを使用すると、追加の資産をシステム(特にクラウドベースのシステム)に接続する際の限界費用はかなり低くなりました。
これは、より大きな資産を予測的な保守ソリューションに接続できるようになったことによる改善です。
これらの見た目の重要性の低い資産を最適化し、資産戦略全体に統合することで、企業は資産全体のパフォーマンスと信頼性を大幅に向上させることができます。
LNSの調査によると、ある企業ではボトリング工場の小型モーターに予測メンテナンスを導入し、計画外の停止時間を10%以上削減しました。
さらに、資産のパフォーマンスを改善することは、資産が関係するすべてのプロセスにプラスの効果をもたらしました。
これは、全体的な資産パフォーマンスを向上させることや、全体的なプロセス改善をもたらすことを意味します。

2.品質プロセス自体を追跡

伝統的な方法:一般的な工場で生産される製品の量が非常に多いため、伝統的な技術では、品質プロセス全体またはバリューチェーンを通じて個々の製品(ユニットレベル)を追跡することは不可能でした。
代わりに、取り組みとしては、生産プロセスとサンプルモード/チェックの計画に重点が置かれていました。
プロセスが機能している場合、品質はシステム全体で想定され、時間またはイベントに基づいてチェックされます。
これは、品質の低い製品の数が少なくなることを意味し、かえって製品リコールなどの問題を引き起こす可能性があります。

新しい方法:IIoTを通じた接続性の向上により、メーカーは品質チェックをより正確に行うことができます。
それだけでなく、ユニット単位でこれを行うことも現実的となっています。
スマート接続された製品は、既存の製造ソリューションやプロセスに接続して、ユニットレベルでの改善を推進することができます。
これは実際には非常に重要です。
例えば、アレルゲンや汚染が最も懸念される多くの業界では、この機能を有効にするスマート接続製品は、リアルタイムで独自の内部品質チェックを実行し、自動化されたワークフローを開始することができます。
これらは、品質チームと生産チームに電子的に派遣され、問題点はアイテムまたはユニットレベルで直ちに解決されます。
これにより、品質プロセス全体で100%の精度が保証され、品質テストのコストも削減されます。
他にも利益があります。
多くの場合、非効率的な手動操作がなくなるため、生産量が増加することです。
これは、メーカーが量産で生産するCPG / FMCG、あるいは多くの場合は売り切れた製品の再生産に役立ちます。

原文はこちら: 2 Ways the IIoT Brings New Solutions to Old Problems

AIの普及により高まるハイエンドプロセッサの需要。AI時代の新しい半導体産業の方向性 世界のIoTに関するレポート公開中