【日本海外事例集】Litmus AutomationとFUJISOFTは、日本でIoTソリューションの製造を加速

日本海外事例集】Litmus AutomationFUJISOFTは、日本IoTソリューションの製造を加速 – 記事

FUJISOFTは、Litmus Automationの核となるシステムインテグレーション・パートナーになりました。

IIoTプラットフォームプロバイダーであるLitmus Automationは本日、横浜市に本拠を置く世界的なソフトウェア技術企業であるFUJISOFTとの間で、流通と実装の提携を発表しました。
Litmus Automation製品を、日本と周辺地域へとさらに広げることになります。

Litmus Automationの共同設立者兼CEOであるVatsal Shah氏は述べています。

「FUJISOFTは日本で連結売上1800億円の企業であり、日本最大の製造顧客の多くと提携しているため、より多くの顧客基盤を得ることができます。さらにFUJISOFTは、アジア全域に事務所を構え、APAC地域の顧客の拡大とサポートを継続して支援しています。」

FUJISOFTは、Litmus AutomationのLoopEdgeおよびLoopCloudソフトウェアプラットフォームを販売するとともに、日本および現地時間帯のカスタマーサポートを提供しています。
また、LoopEdgeのインストールおよびインプリメンテーションサービスを提供し、幅広いシステム統合の経験とリソースを使用してあらゆる展開を拡張することができます。

FUJISOFT、Inc.の取締役常務執行役員兼ソリューション事業本部ディレクターの新井世東氏は述べています。

「当社はLitmus Automationと事業を開始することを喜ばしく思っています。リトマス製品の価値とシステムインテグレーションの知識を活用して、お客様に有益なIoTソリューションを提供することができます。」

FUJISOFT、Inc.について


FUJISOFT Incorporatedは、テレコム、金融、コンシューマエレクトロニクス、医療、自動車などを含むさまざまな業界で、幅広いテクノロジーで約50年のシステムインテグレーションと組込みソフトウェア開発経験を持つ独立系ITベンダーです。
FUJISOFTは、グローバルネットワークとグループシナジーを活用し、付加価値の高い製品やサービスを提供し続けています。

Litmus Automation、Inc.について

カリフォルニア州サンノゼに本社を置くLitmus Automationは、IIoTソリューションを導入しようとする企業向けに、現場のデータと工場とビジネスアプリケーションの間のギャップを橋渡しします。
Litmus Automationの製品であるLoopEdgeとLoopCloudは、シームレスに連携して、企業が展開された場所にかかわらず、以前にハードウェアに閉じ込められたデータにアクセスして開発することを可能にします。
元の機器メーカーや他の産業企業と協力して、Litmus Automationは現代的な開発アプローチ、対応チーム、軽快なビジネスモデル、実績のあるIIoTソリューションを提供しています。
Litmus Automationは、産業および自動車産業に焦点を当て、顧客やパートナー(日産、ルノー、HPE、インテルなど)としてFortune 500企業にランクインしています。

原文はこちら: Litmus Automation and FUJISOFT Partner to Accelerate Manufacturing IoT Solutions in Japan

ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中