スマート・ファクトリーの3つの利点

スマート・ファクトリーの3つの利点 – 記事

「製造」はますます自動化され、膨大な量のデータが生成されています。
ますます成長するこの産業市場では、データはビジネスにとって驚異的な価値を創造する上で大きな役割を果たします。
これにより、生産プロセスにおける高価な故障要件を解消し、あらゆる分野の生産性を向上させることができます。

IoTの増加は、スマート・ファクトリーの時代を推進してきました。
工場全体のシステムは、生産性と製品設計革新を向上させるために設計されたセンサー、スイッチ、モーターなどの機械装置のネットワークに接続されています。
工場には、他のマシンやシステムが最適な意思決定と適切なアクションを実行するために使用する情報の流れが継続しています。

Capgeminiのデジタル・トランスフォーメーション・インスティチュートによれば、今後5年間で、スマート・ファクトリーは世界経済に付加価値として、最大5千億ドルを作り出す可能性があると言います。
その理由は最近の報告書によると、スマート・ファクトリーはより低コストでより多くを生産することができるそうです。
実際、製造業者は、スマートテクノロジーが2022年までに年間効率向上を7倍に増加させることを期待しています。
スマートテクノロジーによって営業利益と利益率がほぼ倍増すると予想される産業もあります。 

スマート・ファクトリーへの3つの利点

1.大幅なコスト削減

オペレーションが接続されると、製造業者は在庫レベルをよりよく把握しながら、廃棄物を特定して予測精度を高めることができます。
この情報により、過度の在庫に関連するコストを削減することができます。
スマート・ファクトリーは、人間の介入を必要とすることなく24時間365日稼働することができ、これにより事故や怪我の危険を減らすことができます。

2.強化された生産性
スマート・ファクトリーを従来のオートメーションと区別すると、資産生産性が全体的に向上する自己修正機能があることが分かります。
スマート製造プロセスは、サプライチェーンネットワーク全体のデータへのアクセスを強化します。
リアルタイムデータは、メーカーが何を必要としているかを概説し、サプライヤーが注文を調整する必要がある場合には、より効率的になります。
必要なものを提供し、廃棄物や部品の欠落に伴う停止時間を削減します。

3.イノベーションとより高い品質の製品
生産性が改善されると、それは資金を節約するので、その分を製品開発に投資することができます。
分析されたスマートな製造データは、顧客ニーズがどこにあるのかを示し、管理者は新しい製品や再イメージされた製品の機会を高品質で見つけることができます。

NRXがどのように役立つか

NRXは、お客様がIIoTを実装する場所と方法、および保守と運用の状態xcを計画するのを支援します。
同社のNRX AssetHubソリューションは、製造、生産、DCS、EAM、CMMS、信頼性およびその他のシステムを含むすべての主要システムにわたってIIoTを正常に実装するために必要な資産および保守データを顧客が管理するのに役立ちます。

原文はこちら: 3 Benefits of Smart Factories

北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中