AnApp、NTTドコモの5Gオープンパートナープログラムのマイクロマイニング開発へ

AnAppNTTドコモ5Gオープンパートナープログラムのマイクロマイニング開発へ – 記事

AnApp Blockchain Technologies(AnApp)は、日本の携帯電話事業者であるNTTドコモの、「5Gオープンパートナープログラム」に参加して、IOTWマイクロマイニングを開発します。

香港に拠点を置くAnAppは、新しいIOTW仮想通貨を開発しているブロックチェーン企業です。
増加するIoT(Internet of Things)市場に焦点を当てることで、新しいIOTW資産は、費用対効果の高いマイクロ・マイニング・ソフトウェアと新しい「検証証明」コンセンサス・メカニズムのおかげで、容易に掘り起こすことができます。

NTTドコモは、7,600万件を超える加入者数を誇り、日本の携帯電話市場の大半を占めています。

これは、3G、4G、および5Gモバイルネットワーク技術に対する世界有数の貢献者の1つです。
中期的な2020年計画では、革新的なサービスを促進する最先端の5Gネットワークを開拓しています。
5Gは、高速、大容量、低遅延、多くの端末などの機能を備え、すべてのデバイスがインターネットに接続されているIoT社会を促進することが期待されています。

NTTドコモの5Gオープンパートナープログラムに参加することにより、IOTWは革新的な技術を提供し、日本社会向けのIoTデバイスソリューションを普及させ、ドコモが提供する5Gを使用したサービスの開発を促進します。

AnAppの創設者兼CEOであるFrederick Leung氏は、

「われわれの協力は、皆の日常生活に潜在的な影響を与える可能性があることを確信しています。エンドユーザーは、恩恵を受けることができ、ドコモによるIoTデバイスの販売を加速します。私たちの革新的なPoAとマイクロ・マイニング・アルゴリズムは、ドコモが大きなデータを収集することを可能にし、エンドユーザーはマイクロマイニングを最大限に活用します。」

と述べています。

この発表は、主にブロックチェーンベンチャーに焦点を当てた初期段階のベンチャーキャピタル会社であるクリプトンキャピタルから、非公開の投資を受けた後に発表されました。クリプトンキャピタルがIOTWに投資してパートナーシップを結ぶ決定は、AnAppが製品面で重要で実践的な進歩を遂げたことによるものです。

クリプトンキャピタルの創業者兼CEOであるIlan Tzorya氏は、

「当社では、ベンチャーに投資し支援することに非常に特化しています。 AnAppとIOTWに投資するパートナーシップは、イノベーションへのコミットメントと暗号通貨の主流採用を表しています。 IoT市場がどのくらい速く成長するかを考えると、IOTWはAnAppの有能なチーム、堅牢な製品、経験豊富なリーダーシップがあるために、永続的な影響を与える可能性が非常に高いと考えています。」

と述べています。

原文はこちら: Blockchain IoT Startup AnApp Selected To Develop Micro-Mining For DoCoMo’s 5G Open Partner Program

医療市場におけるAIソフトウェア、ハードウェア、サービスなど、人工知能の22のユースケースを紹介 世界のIoTに関するレポート公開中