【IoTトレンド】「AgTechスタートアップが提供する農業ソリューションで利用される6つのIoT」など最新のリスト記事まとめ

IoTトレンド】「AgTechスタートアップが提供する農業ソリューションで利用される6つのIoT」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

AgTechスタートアップが提供する農業ソリューションで利用される6つのIoT

世界の総人口の増加に伴い、2050年までには今よりも60-70%多くの農業・酪農生産物が必要になる、と予測されています。人口の問題だけでなく、世界の中流階級が増えることでの、より広範な食の選択肢を求める傾向に対しても対応が求められます。
ここで活用を期待されているのが、土壌センサー、カメラ、天気測定器などのIoT技術です。
このような、農業向けソリューションを提供している企業には、以下のようなものがあります。

  • 酪農分野 - Stellapps 26種類のセンサーで、乳牛の健康状態を始めサプライチェーンの全てを網羅してデータを収集
  • 天候予測 - ARABEL 天気と作物の生長を関連付けて測定する、業界唯一のセンサーを提供
  • 穀物保管 - Telesense
  • 害虫管理 - FieldIn
  • ユーティリティ管理 - WEXUS
  • ドローン配備 - American Robotics

話題の元記事はこちら: 6 IoT in agriculture solutions from AgTech startups

産業型IoTネットワークのコストを下げる6つのヒント

IIoTに移行した企業は、ネットワーク上での接続されたデバイス数が増加すると共に、従来のITネットワークと統合する産業用のコントロール・ネットワークのスコープなどの複雑さが増しています。かつてないほど、セキュリティへの懸念と可用性、パフォーマンスが、産業型コントロール・ネットワークに影響を与えています。
これにかかるコストを抑えようとするとき、考慮するべきは以下のような項目です。

  • デバイスに必要な機能の選択
  • 所有することでかかるコスト
  • インストール・コストの削減
  • コンフィグ・コストの削減
  • オペレーション・コストの削減
  • ダウンタイム・コストの削減

そして、最後に重要なのが、継続的なテクニカル・サポートにかかる費用です。

話題の元記事はこちら: 6 tips for lowering the cost of Industrial IoT networks

プログラミングを開始するために活用できるArudino IDEの代替10案

Arduinoプロジェクトを開始する際、通常利用するのはArduino IDEでしょう。Arudino IDEは操作が簡単で、全てのAuduinoボードをサポートしており、ライブラリー・マネジャーが内蔵されているので、初めてArduinoを使う人には理想的なものです。オプション数なども限られているので、初心者でもあれこれ迷うことなくプロジェクトを進めることができます。
しかし、Arduino IDEの限られた機能では満足できない方のために、代替案を紹介します。

  • PlatformIO 代替として最も一般的に利用される。Arudinoのみならず、Raspberry、ESP32、ESP8266などにも対応
  • Eclipse Arduino IDE
  • Arudino 向けProgramino IDE
  • embedXcode
  • Ktechlab
  • Codebender
  • Visual Studio + Visual Micro
  • Zeus IDE
  • Atmel Studio
  • ArduinoDroid

ここで紹介したプラットフォームは、全てArduinoアプリを簡単で迅速にサポートします。自分の目的に最適のものを選択してください。

話題の元記事はこちら: 10 Arduino IDE alternatives to start programming

Orange Silicon Valleyの新しいポッドキャストが紹介する5つのIoTとスマートシティ

Orange Silicon Valleyが8月に新たなポッドキャストシリーズを始めました。ここでは、OSVのアナリストや彼らのコネクティブ・テクノロジーの分野での仕事ぶりを紹介しています。
Bistrocastでは、OSVの専門家たちのコメンタリーを紹介します。
初回の放送では、Mike VladimerがIoTはどのように構築されているのかを紹介します。
IoTは、センサー、コネクティビティ、コンピューテーション、そしてユーザー・インターフェースの4つの部分からできています。今では、“データが新たな石油になる”とも言われています。データとは、今何が起きているかを理解することで、これがパワーとなります。
2回目の放送では、Will Barkisがスマートシティを定義します。
スマートシティに求められるものは、ローカル・プロブレム・スペースに基づいています。人を核としたデザインに、ユーザーを核とした焦点です。スマートシティに欠かせないものは、データ、コネクティビティ、コラボレーションです。

話題の元記事はこちら: 5 IoT and Smart Cities takeaways from Orange Silicon Valley’s new podcast

IoT収益化のためのシンプルで効果的な6つの方法

ほとんどの企業は、膨大な量のデータやインサイトを自社の利点に利用する能力を有していません。これを改善するのがデジタル・トランスフォーメーションで、これがIoTの収益化を促進します。IoT収益化へのステップは以下のようなものです。

  1. デバイスが持つ無限の可能性
  2. クラウド・ネットワークを利用してコミュニケーションを設定
  3. 遠隔でソフトウェアを拡散する
  4. パートナーとプロバイダーにエコシステムを提供
  5. カスタマー向けマーケットプレース
  6. 資産とシステムの収益化

話題の元記事はこちら: 6 simple yet effective steps for IoT monetization

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中