【動画】インダストリー4.0の準備はできていますか?

【動画】インダストリー4.0の準備はできていますか?

インダストリー4.0はコンピューターと自動化が新たな方法で一緒になるという技術の進歩であり、第4次産業革命となる事からこの名がつけられました。スマートファクトリやIIoTとも呼ばれています。適用にはデータの安全、生産の完全性の維持などの幾つかの課題がありますが、これにより真に生産的な未来を創造することができます。
インダストリー4.0の準備はできていますか?テクノロジーは私たちの日々の生活や、ビジネスと産業の世界を進展させるための主要な役割を担っています。

その結果、あなたは日常的に新興の製品とサービスの、流行語と略語を目にしている事でしょう。しかしインダストリー4.0という言葉を聞く機会はありましたか?2013年にドイツの政府によって作られた言葉で、インダストリー4.0は製造技術のなかでの現在のオートメーションや情報交換のトレンドを表しています。それをスマートファクトリと呼ぶ人もいますし、IIoTと呼ぶ人もいます。インダストリー4.0という言葉は、そのアイデアが産業の第4の波であることから来ています。

最初に蒸気と機械で生産の大半を機械化した産業革命が起こりました。この後に2つのあまり知られていない産業革命が続きます。インダストリー2.0と3.0です。第2次産業革命では電気と組立ラインが得られ、大量生産を容易にしました。第3次産業革命では、生産ラインの手動作業に取って代わるレベルの自動化を可能にするコンピュータを発明しました

インダストリー4.0は、コンピューターと自動化が新たな方法で一緒になるという技術の進歩です。IoT、クラウド、データ分析、データーの可視化のパワーを上手く利用することで、工場やビジネスは真に生産的で未来を創造する技術に投資する事が可能となります。その結果、車のパーツがリアルタイムの分析を与え、パフォーマンスへの洞察を提供するコネクテッドカーの流行などを見る事になります。これは車が一旦工場のドアから出ると、製造者が顧客に品質を保証できるということです。

用意はできていますか?インダストリー4.0のメリットを活用しようとしているビジネスには幾つかの課題があります。

データの安全。システムを全部接続するということは、システムにより多くのアクセスポイントを持つということを意味します。迫っているEU一般データ保護規約では、これらの新しい技術を導入するためにデータの安全が最優先となっています。

生産の完全性の維持。更なる自動化と人間の関与の減少により製品の品質の保証が課題となってきました。

失業。ロボットが完全に仕事を奪うのにはまだまだ時間が掛かりますが、職を失う可能性も多少あります。しかしながらこれらの技術は新たな仕事を創り出す機会を提供します。

新しいビジネスモデルの創造。これらの新しい技術の紹介は産業の全容を変化させます。ビジネスは適応し、関係性を保つために彼らのビジネスを定義し直さなければなりません。あなたはインダストリー4.0の準備は出来ていると思いますか?

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中