【IoT用語集】パブリッククラウドとは?

IoT用語集】パブリッククラウドとは? – 記事

はじめに

パブリッククラウドは、クラウドコンピューティング環境をインターネット経由で提供するITサービスのことです。ユーザが企業でも一般の個人であっても、サブスクリプションフィーを支払えば、直ちに利用できます。GoogleのG Suite, Amazon AWS, Microsoft Azureのように、サーバ・ネットワーク・ミドルウェアないしDB、開発環境を総合的に提供するクラウドサービスがある一方、よりシンプルなホスティング中心のデータ保管重視型のサービスや、特定のWebアプリケーションをオンデマンドで提供する単体のSaaSサービスなど、パブリッククラウドにもさまざまなサービスがあります。
ソフトウエアベンダー・データセンター業者・通信回線業者等により、現在多彩なパブリッククラウドサービスが提供されています。

パブリッククラウドの強み

1.導入・運用のコスト
パブリッククラウドは、ネットワークを通じて、広くユーザにITサービスを提供します。ここで、サービスの提供は、特定のハードウェア・ネットワーク構造に依存しません。業者が持っている資産によりITサービスが提供されます。ですので、ユーザ側で導入時の投資は、月々の利用料金=サブスクリプションフィーのみです。また、運用時の保守も業者が提供することになりますので、運用コストも低く抑えることができます。

2.導入のスピード
先に触れました通り、基本的に導入はサブスクリプションフィーの支払いで完了し、そのほかは、管理者の権限で各種設定を行い、エンドユーザにサービスを提供することとなります。ハードウエア・ソフトウエアの選定・購買承認手続きなど、ユーザ企業で費やす時間は必要でなくなりますので、導入スピードが大幅に短縮されます。
クラウドサービスの中には、開発プラットフォームも提供するサービスが多くみられるようになってきています。このことにより、アプリケーション開発の時間を短縮する効果がありますので、選定から実装まで、時間効率を高めることが可能です。

3.一定以上の品質の担保
サーバの可用性・ISOによるセキュリティ認証・その他の規格認証・監査や各種テスト結果の公表など、大手のデータセンター事業者によるサービスを中心として、これらの客観的指標による品質の担保が行われています。導入するITサービスを選ぶことにより、顧客に対する説明責任が果たしやすくなります。

4.対災害・サイバー攻撃対策
パブリッククラウドは、バックアップデータの保管が容易に行えるようになっています。そして、データの保管場所は、分散されており、物理的に特定しにくい特徴があります。現在、データの安全な保管が可能な国・地域に、分散してデータをバックアップ付きで保管することがパブリッククラウドの大勢です。このことにより災害やサイバー攻撃があっても、早期にリカバーがしやすくなっています。

パブリッククラウドの弱点

1.セキュリティインターネットに対してオープンである
パブリッククラウドサービスは、インターネットに対してオープンにITサービスを提供しています。多くのエンタープライズユーザーは、インターネットに対してゲートウエイを設け、暗号化通信やフィルタリングソリューションを利用するなどしています。すなわち、自社のネットワークを防御し、マルウェアや悪意ある攻撃から、ITインフラやデータを防衛しようとしています。しかし、クラウドサービスの中にはそうした防御が不十分と言わざるを得ないものも存在しています。

2.ソリューション構築の自由度
オンプレミスにより、1からシステムを構築するのと比べて、共通基盤であるクラウドによりソリューション構築に制約が出てしまう傾向があります。現在では優れた開発プラットフォームがパブリッククラウドにより数多く提供されています。しかし、一方で、ここぞという場合のカスタマイズがうまくいかない場合や、オンプレミスと、クラウドサービスをシームレスに接続するようなソリューションがうまく構築できない場合もあります。

3.規模・業容によっては、コストカットのメリットが減殺される
創業期や、IT資産の全入れ替えを検討するのではない限り、パブリッククラウドの導入コストはそれほどカットできないとのユーザからの繰り返しの指摘があります。それまでのIT資産、とくにデータをパブリッククラウドにマイグレーションする・旧システムと並行して利用するためのオペレーションルールを定める、カスタマイズを施す、といった手間暇が必要となってくるためです。また、パブリッククラウドを金融業でも現在では利用する例が増えていますが、セキュリティ評価・リスク管理の工程も非常に長いものになっている実態があります。

まとめ

上記の通り、パブリッククラウドにも問題点が多く、とくに既存のシステムとの共存については技術者の苦労の種となっています。例えば、専用サーバ領域を設定するホスティング型プライベートクラウドとパブリッククラウドの組み合わせを検討する、一部はオープンなネットワークにつなげずオンプレミスでのシステム利用も検討するなど、ユーザの主体的意思決定によりサービスを使い分けることが妥当ということができるでしょう。

ワイヤレスインフラストラクチャの進化:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 世界のIoTに関するレポート公開中