Royole、IFA 2018コンシューマー・エレクトロニクス・ショーでB2BおよびB2C用途にフレキシブルディスプレイとフレキシブルセンサー技術を展示
会社の活動を変える

RoyoleIFA 2018コンシューマー・エレクトロニクス・ショーでB2BおよびB2C用途にフレキシブルディスプレイとフレキシブルセンサー技術を展示
会社の活動を変える – 記事

フレキシブル+技術は、さまざまな垂直のカテゴリと製品を通じて実証されます

Royaleは、次世代の人間 – 機械インターフェース技術と高度フレキシブルディスプレイフレキシブルセンサーとスマートデバイスを含む製品の大手革新メーカーとしてB2BとB2C製品およびソリューションのすべての製品群と特殊フレキシブル性を披露する予定で、IFA2018エレクトロニクス・ショー(ConsumerElectronics Show)でデモを実演します。この会社は、ブース129、ホール3.2になります。この展覧会は、ドイツ・ベルリンのExpoCenter City(ベルリン展示場)で8月31日から9月5日まで行われました。

Royoleは、IFA 2018コンシューマーエレクトロニクスショーで、B2BとB2Cの両方の製品とソリューションのフルラインナップと特別なフレキシブルディスプレイのデモンストレーションを展示します。

Royoleのフレキシブル+プラットフォームの一部であるフレキシブルディスプレイフレキシブルセンサーは、様々な製品カテゴリの数多くのアプリケーションに最適です。Royoleはフレキシブル+プラットフォームをベースにした、様々なカテゴリーの製品を次のように展示する予定です。

  • スマート輸送
  • スマートハウス
  • オフィスや教育
  • 家電
  • スポーツとファッション
  • ロボット工学

このカテゴリに加えて、同社は欧州で初めて完全に革新的なディスプレイを披露する予定です。ライブデモでは、帽子やジャケットのような高画質ファッションウェアラブルとの世界初のフレキシブルディスプレイの統合が含まれます。

Royoleの創設者兼CEOのBill Liu博士は、

「人々が個人的な好みと相互作用する方法を改善するRoyoleの役割は、フレキシブル技術の世界的な拡大のために、私たちの専門知識と努力に負うところが大きいです。私たちは、現在の消費者の技術の世界を再構築することができる様々な製品にフレキシブルディスプレイフレキシブルセンサーを実装するために、世界中の220以上のパートナーと協力しています。改善された消費者の経験の合計数は、私たちの想像力によってのみ制限されます。これがRoyoleフレキシブル+プラットフォームのエッセンスです。」

と、語っています。

ヨーロッパの現在のB2C製品

RoyoleはIFA 2018でMoon 3D Mobile TheatreとRoWrite Smart Writing Padなどの現在の機能を備えたB2C製品を強調する予定です。

  • Moon 3Dモバイル劇場映画、ゲームなどのために設計されたMoonは、最高品質のモバイル映画やゲーム体験を提供しています。立体3Dと巨大な曲面スクリーンをシミュレートする、高解像度アクティブノイズ除去ヘッドフォンをシミュレートした3000ppi以上の解像度で、2つのFull-HD 1080p AMOLEDディスプレイを結合します。
  • RoWrite Smart Writing PadRoWriteは、伝統的なメモ帳をデジタル時代へと導いてくれます。Royoleの独創的で特許取得済みのフレキシブル電子技術をベースに、デジタルアプリケーションの標準の用紙に、リアルタイムで、既存の書かれた資料を正確に作成、キャプチャ、保存して共有するように設計されました。ユーザーは、保存またはリアルタイム後に自分の生成物を編集、改善、および消去することもできます。

フレキシブルプラットフォーム

Royoleのフレキシブル技術は常に進化している消費者の技術業界のリーディング位置に位置しています。この会社は、人間が周りの世界と相互作用する方法とエンターテイメントと情報コンテンツの表示方法を永遠に変えました。次世代フレキシブルディスプレイフレキシブルセンサー技術は、様々な製品やアプリケーションに容易に統合することができます。

フレキシブルディスプレイ技術
Royoleの特許取得済みのフレキシブルディスプレイは、薄くて軽く曲げることができ、独創的な機能と新しいアプリケーションを作成します。優れた画像の鮮明さと品質のために、高解像度とゴチェド彩度が特徴です。Royoleのフレキシブルディスプレイは、約1.7Bの総投資額の100%独自設計、R&Dと製造施設である中国深センの新樽-G6量産キャンパスで生産されます。大量生産は6月に開始され、年間最大5,000万個以上のフレキシブルディスプレイ装置です。

フレキシブルセンサー技術
Royoleはまた、高精度、線形性、および感度を提供するフレキシブルセンサー技術を開発し、大量生産しました。同社は、顧客に様々な製品やソリューション、迅速な処理時間、短い生産サイクル、大量生産機能と低コストを提供することができる能力で知られています。Royoleセンサーは、フレキシブルで、従来の応用分野と完全に互換性があり、100,000回の屈曲後も動作している1~3mmの曲げ半径を提供します。

Royole Corporation情報

Royoleの使命は、2012年にスタンフォード工科大の卒業生が設立したもので、人々が世界と相互に作用し認識する方法を改善することです。同社は、高度フレキシブル、フレキシブルセンサー、およびスマートデバイスを含む、次世代のマン-マシンインターフェース技術と製品を製作、製造します。世界で最も薄いフルカラーAMOLEDフレキシブルディスプレイフレキシブルセンサー(2014)は、世界初の折りたたみ式3Dモバイルシアター(2015)、しなやか電子製品(2016)をベースにした世界初の曲線型の車のダッシュボード、初めてのスマート筆記具、RoWriteは、フレキシブルセンサー(2017)をベースにしてRoyoleの準G6量産キャンパスは、大量生産のためのフレキシブルディスプレイ(2018)を大量に生産します。

Royoleは、技術革新と急速な成長に多くのグローバル賞を受賞しました。2000以上のIPアドレスを保有している会社は、新しい「フレキシブル+」プラットフォームを介して、フレキシブル電子製品のアプリケーションのためのIPライセンス、サービス、大量生産とソリューションを提供しています。世界的な金融分野のリーダーたちによって支持されるRoyoleは、中国深センに位置し、110万平方フィートの準G6量産キャンパスで合計1.7億ドルの投資を行い、フレキシブルディスプレイを大量に生産を開始しました。RoyoleはBreda、Netherlands、London、England、Fremont、CA、Hong KongとShenzhen、Chinaに支社を置いています。詳細については、http://www.royole.comを参照してください。

IFA Berlin紹介
IFAは、家電製品や家電製品の分野で世界最高の展示会です。このイベントは、2018年8月31日から9月5日までベルリン展示場(ExpoCenter City)で開催される予定です。このイベントと一緒にIFAグローバルマーケットは9月2日から9月5日までベルリン駅で開かれ、買い手とのOEM / ODMをヨーロッパ最大の電子製品の調達ショーがあります。詳細については、http://www.ifa-berlin.comを参照してください。

注釈

  • 「フレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー」:ディスプレイやセンサーなどの情報通信端末機器の使用利便性の向上、省エネルギー化の促進を目指して、軽い、薄い、落としても壊れない、形状自由度が高いという特徴を備えたフレキシブルデバイスの開発に取り組んでいます。また、これらフレキシブルデバイスを省エネルギー・省資源・高生産性で製造する技術として、印刷法を駆使したデバイス製造技術(プリンタブルエレクトロニクス技術)の開発に取り組んでいます。これらの技術開発を通して、社会の隅々にまで行きわたる情報通信端末機器の高度な普及と、グリーンイノベーションの推進を目指していきます。

    1.フレキシブルデバイスの開発研究
    フィルム基板上に形成した超薄型、軽量、大面積の耐衝撃性に優れた情報入出力インターフェースデバイスを開発

    2.プリンタブルデバイス製造技術の開発研究
    印刷プロセスに立脚した「フレキシブルデバイス」の省エネ・省資源・高生産性製造プロセスを開発

    3. 有機エレクトロニクス材料の評価基盤技術の研究
    エレクトロニクス用有機材料の基礎物性、寿命、効率、素子性能等にかかる評価、計測に関する技術の開発

原文はこちら: Royole to Showcase Its Flexible Display and Flexible Sensor Technologies for B2B and B2C Uses at IFA 2018 Consumer Electronics Show

世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中