【IoTトレンド】「Azure IoT Hubとは何か?」など最新の解説記事まとめ

IoTトレンド】「Azure IoT Hubとは何か?」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Azure IoT Hubとは何か?

IoTは、ビジネスに対して、コスト削減、収入増加のみならずビジネスをトランスフォームする、即時的で現実的な機会を提供します。Azure IoT Hubはクラウド上でホスティングされたIoTサービスです。これは、IoTアプリとそれを管理するデバイス間での双方向通信を可能にします。このクラウド・ツー・デバイスの接続性が意味するものは、デバイスからのデータを受信するだけでなく、デバイスにコマンドを送り返したりすることができると言うことです。
Azure IoT Hubが他の既存のソリューションと異なるところは、接続されているデバイスを認証・接続・管理する為のインフラも提供していることです。
どんなデバイスでもAzure IoT Hubに接続することは可能で、何百万ものデバイスまでスケールアップすることができます。又デバイスの追加、故障、接続などのイベントも追跡・監視することが出来ます。
又、データを安全な方法で送受信するなど、充分なセキュリティ機能も備えています。
3種類のティアから選択が可能で、データの量にあわせて選ぶことができます。

話題の元記事はこちら: What is Azure IoT Hub?

IoTがビジネスに意味するもの

AIと共にIoTによって、消費者の期待値が変わってきています。これに伴い、ビジネスのあり方も恒久的に変化することでしょう。
デバイスの統合は遅かれ早かれ、全てのビジネスに影響を与えるでしょう。
IoTはデータ収集や、工程の自動化、新製品や新しいサービスに関して、かつてなかったような機会を提供します。IoTが提供する価値には、以下のようなものが挙げられます。

  • データへのアクセス
  • カスタマー・エンゲージメントの向上
  • 遠隔操作
  • 生産性の向上
  • 新しい消費者デマンドの創造
  • 在庫の追跡・管理・セキュリティの向上
  • 購買サイクルの短縮化

IoTスマートテクノロジーがビジネスを変えます。インテリジェント・データと自動化により顧客の期待度もまた変わることでしょう。IoTテクノロジーに投資を行う、賢いビジネスがこれら新しいデマンドに対応し、生き残ることができます。

話題の元記事はこちら: What the Internet of Things means for businesses

IoTハッキングとは何か?

ハードウェアをハッキングするとは、既存の電気系統に変更を加えてもともとの使用目的とは異なる動きをさせることなどを言います。しかし、ワイヤレスにしたいのか、画面の表示を変えたいのか、他のデバイスをトリガーさせたいのか、など何をしたいかによりその方法は千差万別です。
実際には、I/Oにパッチングする、コンポーネントを入れ替える、といった被害に遭いました。
このほかに良く見る手法は、“The Logic Analyser”、“JTAG Hex Dump(Voodoo)”などです。
ハッカーは、アセンブリ言語を入手すると、次にファームウェアを自分の手元に送り込んで変更を加え、デバイスの動作を操作しようとします。ファームウェアを16進数に再コンパイルし、ハッキングされたファームウェアでデバイスを再プログラムします。

話題の元記事はこちら: What is IoT hacking?

産業型IoTとは何か?

産業型IoT(iIoT)はIndustry 4.0とも呼ばれ、製造業を例に取ると、スマート製造機械、AIを備えた自動化、そして高度解析のコンセプトなどが作業者や工場の生産性を向上するために開発されました。iIoTは、これまで以上に高速で効率的に大量のデータの収集・アクセスを可能にすることで、製造革命を起こします。企業は現在、データをキャプチャする最先端の感覚技術を開発している為、取得したデータをリアルタイムでの予測分析、AI、マシーンラーニングと組み合わせて、機械や生産ラインのパフォーマンスをよりよく理解することが可能になりました。
産業型IoTの最大の機会は、産業化と製造工程での既存のインフラを改革することです。
現状のiIoTの課題のうち大きなものは、相互運用性です。デバイスと機械が異なるプロトコルとアーキテクチャを持つことがチャレンジですが、これはAPI駆動環境を利用することで解決を図ることができます。第2の大きな課題はセキュリティです。
iIoTに既に取り組む企業には、Airbus、Siemens、Caterpillar、AGCO、Amazonなどがあります。

話題の元記事はこちら: What is iIoT (Industrial IoT)?

Lumada IoTプラットフォームとは何か? - Hitachi Global

データを核とするLumada IoTプラットフォームを使って、Hitachiはカスタマーと共に行う新しい価値の創造をサポートします。
IoTteテクノロジーが進化するにつれ、ビジネスや社会から生み出されるデータの量は、加速度的に増えています。このデータこそが新らしい価値の源となります。
Hitachiが培ったLumadaカスタマーケースの豊富なアーカイブを利用することで、ビジネスが直面する課題に実証済みのデジタルソリューションを提供します。
Lumadaのアーキテクチャは5つの主要レイヤーから成り立っています。それらは、エッジ、コア、解析、学習そしてファウンドリです。このアーキテクチャが、インテリジェントで、構成可能な、安全且つ柔軟性のあるソフトウェア・プラットフォームを生み出します。

話題の元記事はこちら: What is Lumada? Lumada IoT platform – Hitachi Global

ロボットシステムが生産現場の安全性を向上させ、生産力を強化する。市場動向やタイプ別産業用ロボットの分析 世界のIoTに関するレポート公開中