【IoTトレンド】「ESP8266 & Blynk を使ってDIY で家を自動化」など最新の動画記事まとめ

IoTトレンド】「ESP8266 & Blynk を使ってDIY で家を自動化」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

ESP8266 & Blynk を使ってDIY で家を自動化

今日は、どんなデバイスでもスマホのボタンを押すだけで起動できる方法を紹介します。
最初のブレッド・ボードにプロジェクトをプロトタイプし、コードをアップロードした後で、ブリンクに接続します。最後にカスタムPCBをデザインします。
このプロジェクトでは、ESP8266と2チャンネル・リレー(手元にあるのが4チャンネルならそれでも可)、TTLコンバージョン用のUSBを使用します。
ブレッド・ボード上でのワイヤリングを終了したら、USBを接続してPCにつなげます。
PC上でブリンクの認証コードを変更し、WiFiのSSIDとパスワードを入力します。次にPCのツールを開いて、ジェネリックESP8266モジュールをボードとして、そして正しいポートを選択します。最後にコードをアップロードします。
この作業が完了したら、画面が示すように、2チャンネル・リレーのワイヤリングを行います。
いよいよ、スマホでBlynkアプリを開きます。新しい機能に名前をつけ、機能ボタンを追加し、On/Offが正常に行えることを確認します。

話題の元記事はこちら: DIY home automation using ESP8266 & Blynk – IoT project

Azure IoT HubとAzure Event Grid

Azure IoT HubとEvent Gridの統合は今では容易に行うことができます。これにはIoT Hubで新たに発表される新たなタイプのイベントへのサポートも含まれています。今では自分のIoTワークフローを、Azure pub-supプラットフォームを使って、他のAzureサービスと統合することが簡単に出来ます。
今日はAzure IoTチームのPM、Ashita Tastogiがこのデモを紹介します。
イベントが発生するたびに、カスタマーがそれをどうしたいのか選択することができます。4つのイベントタイプがあります。デバイスの創造、削除、接続そして接続停止です。Azure以外の第3者のアプリにも活用することができます。
利用者がメンテナンスなどを自分で行わずに済むように、色々な配慮を加えています。

話題の元記事はこちら: Azure IoT Hub and Azure Event Grid

Ericsson と共同で、メッシュ・ネットワークを利用してインターネット・フリーのIoTを作り出す

Ericsson ONEは、実行者やデザイナー、デベロッパーや起業家などが、スケールがあり永続的で実際の課題を解決することを目標に集まった、グローバルなコミュニティです。ここでは新しいビジネスが孵化し、斬新な発明が生まれています。HyperLabsインキュベーション・プロジェクトは、メッシュ・テクノロジーを使って、インターネット・フリーのIoTを作り出そうという試みです。
HyperLabsはEricssonのDragon’s Denピッチ・コンペティションの優勝者です。今ではEricssonのサポートで実行可能な製品を構築し、実際のカスタマーで実証を行い、商業化しています。Ericssonのパートナーとなることで、同社は世界中の人や、資源、技術やエコシステムにアクセスでき、これがビジネス拡大に役立っています。
同社のメッシュ・ネットワークのビジョンは、いつか世界中で全てのコネクテド・デバイスのコミュニケーション・レイヤーとなることでしょう。

話題の元記事はこちら: Creating the internet-free IoT with mesh network in partnership with Ericsson

IoTのトレンドと新たな機会

このビデオではTata CommunicationsのIoTソリューションの戦略部門VP、Alok BardiyaがIoTのトレンドと機会について語ります。
Grand India IoT Innovation Challenge 2018に参加するカレッジを選定する為の登録は9月6日が締め切りです。これは、インド全体で26校に参加資格が与えられる、3ヶ月間のイノベーション・チャレンジプログラムです。
IoTが与えてくれる事業機会は多岐にわたっています。IoTは、身近な問題の解決から、企業レベル・産業レベルでの課題の解決にも利用できます。自分自身はIoTの根幹を次の3つのものだと考えています。まずは、デバイス(センサー)です。これがきちんと機能しないことには、いくらデータを集約し解析しても役には立ちません。次がデータ管理、これは専門の企業がカスタマーをサポートします。最後がアプリです。これを使って、集めたデータを使って解析した結果をカスタマーに紹介します。
これらの全てを踏まえて行動を起こすところまで、IoTは関与しています。
これが活用できる機会は、私たちの周りのいたるところで見つけることができます。

話題の元記事はこちら: Trends and opportunities in IoT with Alok Bardiya

クラウドとデータ解析をレバレッジする、IoTロボット・スパイダー・プロトタイプ、Seven

IoTはビジネスのタイプや規模に関係なく、多くのビジネス機会をもたらします。しかし、IoTデバイスとはいったいどんな姿をしているのか?と考える時に、明確な姿を思い浮かべるのは困難です。これに一つのアイディアを提供する為に、CDQとNetAppは“Seven”を生み出しました。これはIoTスパイダー・ロボットです。
Raspberry Piと基本のカメラ技術を使って、SevenはNetApp対応のHCIシステムを介して送られた画像や映像を常にキャプチャします。この画像認証は、AWSを使ってパブリック・クラウドで処理され、その後ブースを訪れた人たち向けに解釈・表示されます。

話題の元記事はこちら: Meet Seven – IoT robot spider prototype that leverages cloud and data analytics

自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中