【動画】Q&A:IIoTにおけるトレーサビリティ

【動画】Q&A:IIoTにおけるトレーサビリティ

当社はエラー検索システムに特化しています。トラック&トレースを持たせることで製造プロセスの適切なステップを確実に踏んだことを保証でき、品質欠陥やプロセス欠陥から顧客を守ります。また人間の介入なしに品質等の判断をシステムが行う事ができます。システムは段階的に拡張して行くので、徐々に取り入れていく事が可能です。
トレーサビリティのギャップは今日どのように製造業に影響するでしょうか?

<Dave Sweet>
私たちはエラー検査システムに特化して顧客にお話をしています。彼らはそれが車であろうと工業用の部品であろうと、または消費者のための商品であろうと、その製造のために明確に定義されたプロセスを持っており、部品や組み立て、または全組立がそのプロセスの適切なステップを確実に踏むように望んでいます。また私たちは不良品の問題に直面している顧客のお手伝いもしています。どのような理由であれ車に関するプロセスを見ると、すべて自動車産業関連の仕事なのです。エアバッグであれ、ブレーキングシステムであれ、安全関連の何かがリコールされた場合、私たちは製造業者側に立ってどのようにそれらの不良品を取り換えるのかを考えます。

<どのようにIIoTがこれらの危険性から守るためにシステムのトラック&トレースをするのでしょうか?>

トラック&トレースを持たせることで、製造業者は製品がビルから運び出される前にすべてのプロセスの必要なステップを踏んだ事を保証することができます。それが彼らを品質欠陥やプロセス欠陥から守る方法です。まずトラック&トレースを適所に設置する必要があります。そうでなければそれが自社の製品なのかそれともまがい物なのか分かりません。そのトラック&トレースシステムを持つことは本当に権威です。「これは良い部品か? それは発送するために必要なプロセスのステップをクリアしているか?」といった判断を下す中核となります。トラック&トレースシステムを持つ事で人間の介入なしにそれらの判断を下せるようになるので、そのミッションは重要です。

<「コネクテッド・エンタープライズ」とは何でしょうか?またどのように私にとって利益となりますか?>

コネクテッド・エンタープライズとはスマート製造を意味すると思います。その他の私たちの解釈では、作業場からエンタープライズソフトウェアへの双方向通信、またはその逆の双方向通信を行っている今日の製造です。

今日の製造業者は作業場の製品、作業場の機械の生産性、ボトルネック、欠陥、潜在的な検疫を見る事ができます。作業場のこれら全ての情報はビジネスのIT部門にあるべきです。それによって人々は、その情報に基づいて実際の判断を下す事ができます。

<私はトレーサビリティシステムを導入しました。しかしどのように始めれば良いのでしょう?>

トレーサビリティシステムは正直なところとても大変な仕事です。人々、特に製造者が最初にそれをざっと見た時には「どうやって私たちの全てのプロセスを追跡するのですか?」と言います。私たちが製造者とお話しをする際、それは製造者にとってとても大きな心配事であると言えますが、常に2歩下がるように心掛けています。1つは、トレーサビリティはプロセスです。それはプロセスを理解することです。私たちは典型的な4ステップを説明します。そのなかで最も重要なのは、私たちがそれを段階的に拡張していくことです。それは多くの製造者が直面する挑戦となり、彼らはそれら全てを持つか、それとも全く持たないかといった事柄であると感じるでしょう。しかしそうではありません。それは段階的に拡張するものです。まず最初のステップを踏みましょう。最初のステップは独特なバーコード印をつけていくことです。そしてそれらのバーコードを彼らのデータベースに結び付けます。時間と共にそれは拡張縮小する事が可能です。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中