インダストリー4.0が到来する4つの兆候

インダストリー4.0が到来する4つの兆候 – 記事

インダストリー4.0と聞くと、新しいアイデアのように思うかもしれませんが、すでに開発され実働しています。
インダストリー4.0は、第4次産業革命ともいうことができます。
18世紀後半から19世紀初頭にかけての各革命は、驚異的な新技術をもたらし、製造業の各プロセスを最適化することに成功しました。
今回の最新の革命では、工場をインターネット時代、すなわち「スマートな時代」に導いています。

インダストリー4.0では、工場のほぼすべての領域がインターネットに接続されているか、何らかの方法で自動化されています。
この開発により、作業者と生産プロセスをインテリジェントにサポートする、より合理化されたプロセスが実現します。
基本的に、この新しい業界は工場を「スマートな工場」へと変革させます。以下は、Industry 4.0が実働に近づいている4つの兆候です。

Cyber-physical system(CPS)は、データ処理のPhysical-digital-physical(PDP)ループを表します。
PDPループは、工場操作に関するデータを利用することができます。
このループは、物理的な世界で意思決定が行われる前に、物理的な世界の情報をデジタルに変換することで機能します。
PDPループには3つのステップがあります。

  • ステップ1:物理的な操作と供給ネットワークに関する情報を取り込み、デジタルレコード(physical-digital)を作成します。
  • ステップ2:マシンはデジタル記録を共有し、データを分析し、リアルタイムのデータ視覚化(digital-digital)を作成します。
  • ステップ3:オートメーションとアルゴリズムは、工場が物理的な世界(digital-physical)で取っている意思決定と行動に適用されます。

CPSは運用者とエンジニアが、運用情報を物理的に収集して処理するために費やす時間を節約できます。

IoT

IoTネットワークは、電子機器を内蔵した幅広い物理デバイスで、インターネットを介してデータを交換することができます。
IoTの多くのメリットの1つは、接続された工場を作成できることです。

接続された工場では、IoTシステムと機械を使用して、フィールド技術者に操作に関する情報を送信することができます。
これらのエンジニアは、この情報を使用して、物理的に工場に入ることなく、工場操作を遠隔管理することができます。
収集された情報は、機械や操作の一般的な稼働状態から、特定の生産数(生産される製品の量など)までさまざまです。

IoTも品質管理にも使用できます。
IoTに接続されたセンサーは、複数の機械で異なる製造段階でのデータを収集し、生産のあらゆる段階で製品の品質を保証することができます。

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、システムリソースをネットワークでつなぎ共有することです。
クラウドコンピューティングを通じて、工場のデータと情報をインターネット上にある大容量のデータストレージベースへと配置することができます。
クラウドは、物理ファイルとやりとりすることなく、オペレータがストレージ、データベース、およびアプリケーションサービスにオンラインで簡単にアクセスできる方法を提供します。
これにより、オペレータが物理的に各マシンに行き、データを収集するのに費やす時間を節約する事ができます。

コグニティブコンピューティング

コグニティブコンピューティングは、機械学習とも呼ばれる人工知能AI)を使用して、工場内のプロセスを合理化します。
認知技術は、何らかの人間のやりとりなしにデータを処理することを可能にします。
接続されたマシンは、コグニティブコンピューティングを使用して、独自の操作に関するデータを収集して分析できます。
接続されたシステムは、問題や潜在的な問題を自己診断し、人間が踏み込む前に問題を解決しようとします。

コグニティブコンピューティングはまた、オペレータがIoTで生成された大量のデータを文字通りに管理することを可能にします。

まさに産業革命はここにあります。

ご覧のように、インダストリー4.0は公式に到来しましたが、開発は完了していません。この第4次産業革命からはさらに多くの革新が起こります。どんなことが始まるのかとても楽しみですね。
原文はこちら: 4 Signs Industry 4.0 Has Arrived

自動車産業とともに成長する、ヨーロッパの8ビットマイクロコントローラ市場 世界のIoTに関するレポート公開中