成長し続けるモバイルデータ。5Gテクノロジーの概要、世界の動向、5Gが可能にした機能と機会を検証

成長し続けるモバイルデータ。5Gテクノロジーの概要、世界の動向、5Gが可能にした機能と機会を検証 – 記事

レポートの概要

5Gテクノロジーの概要、ユースケースと需要予測:潜在性、信頼性、ネットワーク密度に対応することで新たなビジネス機会を

モバイルデータ通信は引き続き非常に高い成長が見込まれます。2016年から2021年にかけて、毎月のグローバルモバイルデータはCAGR48%の増加となり、7 ExaBytes(EB)から49EB /月に増加する見通しです。スマートフォンは引き続き重要なデバイスであり、この間にモバイルデータの寄与率が81%から86%に増加するでしょう。IoTデバイスは、モバイルデータの寄与率を2%から5%に向上させる唯一の他のデバイスカテゴリーです。PC、タブレット、その他の携帯電話からのデータ寄与率はパーセンテージとしては減少しますが、データは絶対的に増加し続けます。

3GPPはIMT 2020規格の完成を繰り上げることに同意しましたが、2017年にはいくつかの標準化された5Gネットワ​​ークが展開されています。LTEの普及率はいくつかの市場で60%、一部の事業者で70%に達し、データの消費は今後5年間で4倍に増え、モバイルデータの量は急速に増加し続けます。先進市場の革新的な事業者は5Gの早期投入を推進しています。最初の商業的な標準化サービスは、名称はどうであれ、2018年後半に早期に開始される可能性があります。今後数年間でさらに多くの事業者が立ち上げられるでしょう。

5Gは、低レイテンシー、高密度、高信頼性を追加することで、以前のワイヤレス世代が注力していたのと同様に帯域幅と容量を超えることができます。これらの機能によりさまざまなユースケースが可能になり、自家用車やスマートシティなど、主にビジネスに重点を置いた新しいサービスへの扉が開きます。5Gはまた、多くの事業者が固定モバイル統合、デジタルコンテンツおよびIoTを含む新たな隣接する収益ストリームを探すことに焦点を当てています。

5Gは、共有および非認可スペクトルと同じく、Sub-1GHzから40GHz以上まで広範囲の周波数帯域をサポートします。これにより、事業者はさまざまな展開戦略から選択することができます。最初の5Gネットワ​​ークは、密集した都市環境に配置された28GHzを使用し、固定無線サービスを提供するために使用できるでしょう。ほとんどの通信事業者は、モバイルブロードバンドサービスを強化するために、都市と準都市向けに国際的に最も調和のとれた中周波帯域(通常は3.5GHz)を使用して開始します。これまでのところ、一社(T-Mobile USA)は、低帯域幅(600MHz)の5Gを発売することを発表しました。

特に韓国日本などの市場は、ファイバーの可用性、大規模なスモールセル展開、高いLTE普及率(すべての事業者)、支援的なレギュレーターなど、5Gに適した環境です。競争が激しく、デバイスのアップグレードサイクルが短いことは、両方の市場で3つの主要なモバイル事業者が早期に導入されることが予想され、5Gの採用率が高くなることを意味します。

米国はまた、モバイルトラフィックの増加も享受していますが、ファイバーはそれほど広く利用されておらず、スモールセル展開は依然として限られています。それにもかかわらず、FCCは、規制当局がこれらの問題のいくつかに対処するのをサポートしており、4大ネットワークのすべてが、2019年末までに商用サービスを開始すると発表しました。同様に、日本も競争の激しい5G市場になると見られ、モバイル加入者の36%が5Gに対応します。

「5Gテクノロジーの概要、ユースケースと需要予測」のレポートでは、5Gテクノロジーの概要と世界の主な動向について説明します。データ消費量は今後5年間で4倍に増加する見込みです。5Gは、低レイテンシー、高密度、高信頼性を追加することで、以前のワイヤレス世代が注力していたのと同様に帯域幅と容量を超えることができます。

このレポートでは、以下の内容が提供されています。

  • 5Gの背景と根拠を提供し、5G導入の原動力、用語およびスペクトル要件を説明します。
  • 固定無線、大規模マシン、待ち時間、信頼性、自動車および無人機サービス、ネットワーク仮想化を掘り下げ、5Gが可能にした機能と機会を検証します。
  • 2022年までの5Gの商業的な発売時期を事業者別に提供し、韓国、日本、米国、中国、欧州の5Gサブスクリプションの動向を予測します。
  • 主要な調査結果および推奨事項は、ネットワーク事業者およびベンダーにとって、5G導入における機会、課題、および成功要因の概要と推奨事項をまとめたものです。

目次

  1. 第1章 技術概要
  2. 第2章 ユースケースと新サービス
  3. 第3章 タイムラインおよび主要国の予測
  4. 第4章 主な所見と推奨事項

レポート情報

レポート名 5G Technology Overview, Use Cases and Demand Forecast: Addressing Latency, Reliability and Network Density Opens Up New Business Opportunities
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年06月
金額 $3,495(本記事記事公開時点)
ページ数 47
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

14215

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

進化し続けるグローバル情報通信技術(ICT)。5Gネットワ​​ーク機器に関する世界市場調査 世界のIoTに関するレポート公開中