Honeywellコネクテッドプラントは日本のターボチャージャ工場におけるエネルギー使用の視覚化と最適化を支援

Honeywellコネクテッドプラントは日本のターボチャージャ工場におけるエネルギー使用の視覚化と最適化を支援 – 記事

アジアにおけるアセットパフォーマンスの最初の展開は、Honeywell輸送システムの児玉工場でのエネルギー消費を削減します

Honeywell(NYSE:HON)は本日、日本の埼玉にあるコダマのターボチャージャ工場で、Honeywell Connected Plant(Honeywellコネクテッドプラント)アセットパフォーマンスの実施を発表しました。新たに配置されたクラウドベースの技術を介してHoneywell輸送システム事業部は、接続されたすべての現場装置だけでなく、工場全体のエネルギー消費量を遠隔的に識別、分析、および最適化することができます。これは、アジアで最初に展開されたソリューションです。

アセットパフォーマンスは、資産や設備をクラウドに接続し、Honeywellとパートナーの分析モデルを適用して、今後のアセットパフォーマンスを監視し、予測することにより、顧客が重要なアセットのエラーと計画されていないシステムのシャットダウンを防止することができるよう支援します。コネクテッドプラントテクノロジーは、ベンダー中立であり、Honeywellの幅広い業界での経験に基づいて、事前構成されたテンプレートを使用してカスタマイズされて、すぐに配置することができます。一元管理されているSaaS(サービスとしてのソフトウェア)ソリューションとして、最小限のインフラストラクチャが必要であり、維持管理コストが削減されます。
HoneywellのYasuhiro Kinoshita局長は、

「伝統的な内燃機関と最先端のハイブリッド電気パワーデバイスの革新的な技術を自動車メーカーに提供し、より厳格な地球環境基準を満たすように努力するのと同様に、私たちは、生産過程で、独自のエネルギー消費を最適化する必要があります。アセットパフォーマンスでは、アセットパフォーマンスの詳細を監視し、製造部門のエア漏れを検出するなど、エネルギー使用量を削減し、余分なコストを回避することができます。」

と述べました。

Kodama工場でアセットパフォーマンスは、次の3段階で運営されます。

  • データは、電力メーター、流量計、空気圧縮機のような、約70個のフィールドデバイスから収集され、アセットパフォーマンスのクラウドベースの環境で安全に送信されます。
  • アセットパフォーマンスソリューションは、プロセスデータとアセットデータを結合して、プラントの管理資産の洞察力とエネルギー消費への洞察を提供する分析と主要業績評価指標(KPI)を提供することで予防的措置を通じて、最高レベルの安定性と製造性能を保証します。
  • 堅牢な分析結果のおかげで、アセットパフォーマンスは、輸送システムがプラントのエネルギー消費をよりよく予測し、第三者のISO 50001エネルギー管理ソリューションと統合することができるように支援します。

Honeywellプロセスソリューションのビジネスリーダーである坂田真一Shinichi Sakataは、

「これは、Honeywellコネクテッドプラントが既存の施設をデータに基づく最適化の次の段階に導くことができる別の良い例です。私たちのグローバル産業領域の専門知識と、日本での60年以上の経験を組み合わせて、輸送システムなどのビジネスがアセットパフォーマンスを管理し、より戦略的に効率的に運営することができるようにサポートすることができます。」

と、語っています。

Honeywell輸送システム事業部は、独立して上場された会社であるGarrett Motion Inc.(http://www.garrettmotion.com)に進出する準備をしています。スピンは、第3四半期末に完了すると予想されます。
Honeywellコネクテッドプラントは、高レベルの安全性、信頼性、効率性、収益性を提供するアプリケーションスイートです。この実証された業界のソリューションは、数十年にわたるドメイン知識および制御の経験に基づいています。データを実行可能な洞察に変え産業メーカーが運営を最適化し、プラントの故障を予測し、計画外のダウンタイムをなくすことができます。一貫性のある高性能のこの新しい次元は毎日最高の生産業務をします。

For more information about Asset Performance, visit Honeywell Connected Plant.
アセットパフォーマンスの詳細については、Honeywellコネクテッドプラントを参照してください。
Honeywell(http://www.honeywell.com)は、航空宇宙、自動車製品やサービスを含む業種別ソリューションを提供するFortune 100ソフトウェア産業の企業です。建物、家庭や産業用制御技術、とパフォーマンスのデータを全世界的に提供しています。私たちの技術は、航空機、自動車、住宅や建物、製造工場、サプライチェーン、労働者がより安心して安全で、より持続可能な世界を作るために、より密接に接続されるようにできます。Honeywellのためのより多くのニュースや情報をご希望の場合http://www.honeywell.com/newsroomをご覧ください。
このプレスリリースには、1934年証券取引法のセクション21Eの意味で「将来予想に関する記述」とみなされることができる特定の文が含まれています。当社または当社の経営陣が意図した活動、事象、または将来または今後起こる可能性のある将来の見通しに関する将来の陳述は、歴史的事実以外のすべての記述が将来の記述です。このような記述は、過去の傾向、現在の経済および産業情勢、将来の予想される発展、および適切と考えられるその他の要因についての経験および認識を考慮して、経営陣によって行われた一定の前提および評価に基づいています。

このプレスリリースに含まれている将来予想に関する記述は、また、私たちの運営、市場、製品、サービス、および価格並びにその分離に影響を与えることができる能力に影響を与える経済的、競争、政府および技術的な要因を含みますが、これらに限定されないいくつか重大なリスクと不確実性に影響を受けます。これらの将来予想に関する記述は、将来の成果を保証するものではなく、実際の結果、開発、ビジネスの意思決定は、提案された分割の変更または放棄に関連して将来の見通しに関する記述で予想したものとは異なる場合があります。私たちは、Form 10-Kの実績と証券取引委員会に提出したその他の資料に影響を与える主なリスクと不確実性を把握します。
その分割は、Honeywell理事会の最終承認を含む慣例的条件および規制当局の承認の対象となります。この通信は、有価証券の売買を意味しないそのような管轄にある有価証券法に基づいて、適切な登録または資格取得をする前に、そのような提供、販売、配布が違法である有価証券の提供、販売、配布をすることができません。

注釈

  • 「アセットパフォーマンス」:APM(Asset Performance Management:アセットパフォーマンス管理)概念
    設備資産は高価で長寿命です。そこで、人、プロセス、技術へ投資することには最適なパフォーマンスをもたらすことができるという効果が期待できます。

    APM(Asset Performance Management:アセットパフォーマンス管理)は装置産業がその高価な設備投資から最大限の価値を引き出すことに役立つもののキャッチフレーズとして広く知られるようになってきました。しかしながら、APMという用語が同じものを指して使用されることはまれであり、このことがそのアプローチの仕方を比較したりソリューションを評価したりすることを困難なものにしています。ARCの新しいAPMモデルはAPMが何であるかを明確に定義し、対象とすべき主要なプロセスと利害関係者を定義し、効果的なAPMソリューションが含まなければならない機能の全体像を示すことにより、この問題を解決しようとしたものです。
    各APMソリューションの着目するパフォーマンスの内容やサポートする機能は様々です。パフォーマンスを活用度(Utilization)の問題ととらえ、企業がより多くのより良い製品を生産することができることに重点を置いているものがあります。一方、パフォーマンスを可用性(Availability)の問題ととらえ、保全効率の改善や信頼性の向上や設備寿命の延長に重点を置いているものもあります。両方のパフォーマンスの観点を持つものもありますが、それらの機能は特定の機能分野や技術や産業に限定されています。
    APMに対するARCのモデルは、活用度と可用性を組み合わせた観点に立脚しています。しかしながら、我々のモデルは、運転と保全活動及びそれらの相互依存性の範囲に限定しています。また、企業内のアセットである人と情報を企業が管理することの必要性についてもその中に含めています。重要なことは、ARCのAPMモデルは、ARCがALM(Asset Lifecycle Management:アセットライフサイクル管理)について行った綿密な調査にしっかりと基づいており、そのことによりAPMの目標とAPM以外のALMの重要な目標との整合性をとることができるということです。
    アセットパフォーマンスには、財務、健康と安全、環境、サステイナビリティなどの様々な軸があります。これらの目的を達成するうえで、パフォーマンスを制約する相互依存性を管理するために、設備を使用し維持することにかかわっているすべてのグループによる協働的な活動が必要です。そのためには、完全で、正確で、タイムリーな情報をAPMのワークフローに提供することができ、社内外を問わず、すべてのAPM関係者間で情報をシームレスに共有することを可能とする、アセット情報管理システムが必要です。

原文はこちら: Honeywell Connected Plant Helps Visualize And Optimize Energy Use At Turbocharger Plant In Japan

自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中