【IoTトレンド】「IoTデバイス上のデータを保護する方法」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「IoTデバイス上のデータを保護する方法」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTデバイス上のデータを保護する方法

無線LANをシェアして接続されたデバイスには、セキュリティの侵害という脅威が付きまといます。一旦誰かのデバイスに侵入されてしまうと、持ち主の行動パターンが他に漏れてしまったり、デバイスの機能を操作されてしまったりします。
これを防ぐ為には、先ずインターネットに接続することの利点を理解する必要があります。その上で、デバイス用の別個のネットワークを設定することをお薦めします。パスワードを変更し、UPnP機能を無効にします。デバイスのアップデートはその都度行ってください。クラウド・テクノロジーの利用を制限し、装着型デバイスはそれをどこに持っていくのか注意してください。
いたずらにセキュリティ・リスクを高めるデバイスは、思い切って廃棄してしまうのも良いかもしれません。
IoTデバイスは、私たちの生活を便利にしてくれますが、同時にリスクを伴うことも覚えておいてください。

話題の元記事はこちら: How to secure your data on IoT devices

リレーショナル・データベースを持つ大規模IoTを達成する方法

一般的にリレーショナル・データベースは、規模又はロバストが充分ではなく、大規模なコネクションやスループットに対応できないと言われています。しかしこれは事実でなく、Oracleのカスタマーはこれをもう何年にも渡って実行しています。
リレーショナル・データベースを語る際のよくある間違いが、IoTのワークロードに対応するにはNoSQLデータベースが必要だということですが、Oracleのカスタマーは、リレーショナル・データベースを最適化することで、Oracle RACクラスターで大量のデータを摂取しています。その量はNoSQLをはるかに超えるものです。ここでの鍵は最適化すると言うことです。
IoTのワークロードの特長は、大量の「小さくて軽量のデータ」で構成されていることです。例えば証券取引所のリレーショナル・データベースでは、毎秒18万のメッセージが記録されています。ここで必要なのがスケーラビリティとフレキシビリティ、そしてリアルタイム解析です。このためにもハードウェアの最適化が必要不可欠です。

話題の元記事はこちら: How to achieve large scale IoT with relational databases

VMware Plus IoT Centerを実行する方法 - 3つのケーススタディ

IoTを使いこなすと言うことは、ただ単にデバイスをセンサーなどに接続しオンライン上に位置づける、と言うだけではありません。デバイスを監視し管理することも含まれます。
VMwareのカスタマーにとって、デファクト・ソリューションとしてその機能を果たすのがVMware Pluse IoT Centerです。
2018年にラスベガスで開催されたVMworldカンファレンスにおいて、VMwareのスタッフとカスタマーが、エッジ・コンピューティングの価値命題として、データセンターからセンター・オブ・データへの移行を検証しました。

  • ケーススタディ1:CSX Plus IoT Centerを使って機械のモニターを実施し、アップデートをエアで送信
  • ケーススタディ2:GE Global Research Trip Optimizerを構築することで、燃料にかかる経費を8-10%節約することに成功
  • ケーススタディ3:VMware データが相互に与える影響の理解、エネルギー効率の向上などに活用

話題の元記事はこちら: How to implement VMware Plus IoT Center – 3 case studies

IoT Pilot webnair - 独立したIoT プラットフォーム・ファインダーを有効活用する方法

もしもあなたの組織がIoTアプリの採用プロセス中ならば、適切なプラットフォームを選ぶ重要性は充分理解していると思います。
現在では、コネクティビティ、デバイス管理、データ管理など、用途に特化した400以上ものプラットフォームが市場に存在しています。プラットフォームの選択を、正しく容易に行えるように、Beecham ResearchとIoT Global NetworkがIoT Pilot (4www.iotglobalnetwork.com/iotpilot) を発表しました。これは、IoTコネクションがビジネスのために必要な人のためのIoTプラットフォーム・ファインダーです。このツールを使って、どのプラットフォームが自分のビジネスに必要な機能を提供しているかを調べることができます。Beecham Researchの調査に基づいた、最適なプラットフォームの提案なども行います。

話題の元記事はこちら: IoT Pilot webnair: How to get the most from independent IoT platform finder

IoTの相互運用性の課題をどう克服するか

市場の専門家は、IoTエコシステムの成長は今後5年間で何百億にもなるだろうと予測しています。このような急激な成長には、IoTテクノロジー・ランドスケープの迅速且つ劇的な変革が求められます。
これに加えて、新たなIoTソリューションも必要になります。その中でも相互運用性は常用な課題です。Nexusが最近行った調査では、回答者の77%がIoTにおいて直面している最大の課題が相互運用性であると答えています。今後産業界が事業をどのように展開し新たなサービスやソリューションを作り出すかを、ハード・ソフトそしてサービス間での相互運用性が支援します。
MicrolandとPTC(Kepware)がパートナーを組み、データの相互運用性とデータ可用性に取り組んだ、包括的なソリューションを提供します。この詳細に関しては、近々発表されるNavigating Data Interoperability challenges in IoTウェブエアで紹介します。

話題の元記事はこちら: How to overcome IoT data interoperability challenges

【IoTレポート】5Gインフラの市場規模、2026年までに337.2億ドルに 世界のIoTに関するレポート公開中