【動画】Kap&Scott、HPE&Microsoft、共同作業

【動画】Kap&Scott、HPEMicrosoft、共同作業

マイクロソフトはISPやSIなどのエコシステムやハードウェアパートナーなど、ソリューションを本当に必要としているものに対して今後大規模投資を行っていく予定で、既にHPEと一部開始しています。HPEはこれまでにもマイクロソフトと一緒にインテリジェントワークプレイスに取り組んで来た実績があり、コネクティビティ―と安全性を旧式製造施設に至るまで幅広く提供可能です。

<Kap Sharma – Scott Guettinger >
IoT/AI Senior Manager、HPE – IoT Account Director、Microsoft

マイクロソフトやその他多くの企業が開発しているソリューションについて少しお話したいと思います。その前に私たちが行っている投資について少しお話しします。マイクロソフトは今後4年間IoTマーケットに対して50億ドル投入することを4月に決めました。そして2020年までにこのマーケットには1兆3000億ドル相当が投入されます。それはISPやSIなどのエコシステムやハードウェアパートナーなど、これらのソリューションを本当に必要としているものが主な対象です。私たちは実は既にこれらの多くのソリューションをHPEで開始しています。

私たちが初めに行ったソリューションの1つは、インテリジェントワークプレイスの周辺に対してです。HPEにはマイクロソフトと一緒にインテリジェントワークプレイスに取り組んできた長い歴史があり、Skype for business office365とAruba networks間の相乗効果はその一例です。それはあなたにコネクティビティ―を提供するだけでなく、Aruba Networksへの接続を安全なものにしてくれます。私たちは同様のことをIoTのためのODスペースにも行っています。Arubaインストロスペクトと過去の明確なソリューションによって私たちはネットワークに来るIoTビーコンとセンサーが安全であることを確認することができます。Ddos attackなどが起こった場合は、これらのデバイスを検疫することが可能です。

2つ目のソリューションですが、ネットワークのない旧式の製造施設を所有しているところを想像してみて下さい。私たちはインダストリースターターキットと呼ばれるソリューションを持っています。私たちがここで行っていることは、エッジラインアプライアンスの1つをAruba IoTエッジに置き、ソフトテープと呼ばれる私たちのISPパートナーのソフトウェアを入手して、OPC uaに従うIoTソリューションを提供することです。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中