【IoTトレンド】「ブロックチェーンの都市伝説を打ち崩し、その真の可能性を理解する」など最新の記事まとめ

IoTトレンド】「ブロックチェーンの都市伝説を打ち崩し、その真の可能性を理解する」など最新の記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

ブロックチェーンの都市伝説を打ち崩し、その真の可能性を理解する

ブロックチェーンの可能性に関しては、大きな期待と混乱がない混ぜになっています。ブロックチェーンは、仮想通貨でしか使えないと思っている人がいますが、実際のところは、IoTAIやフォグ・コンピューティングなどと並んで、ビジネスを変革し、産業をトランスフォームする鍵となるテクノロジーです。これらの4つのテクノロジーは、新しいビジネスモデルを牽引し、長期に渡って産業界を悩ませていた課題や、大量なデータ処理や多数の部門が関わるトランズアクションでの透明性、セキュリティを解決します。
ブロックチェーンは金融取引のみで利用されると考えている人が多いようですが、サプライチェーンでの模倣品の流通を防いだり、ヘルスケア分野での記録管理やデータ保護、などにも効果的に利用できます。

話題の元記事はこちら: Busting the myths and understanding the true potential of blockchain

Skynet Open Network - IoTとブロックチェーン

人口知能(AI)の活用が始まっていますが、ここでもセキュリティは大きな課題です。AIを悪用されない為に活動する組織が必要です。しかし、ブロックチェーンを活用することで、AIに悪事を働かせるような攻撃への懸念はかなり軽減できます。
ブロックチェーンによって、安全で、分散化されたネットワークやアプリをAIやIoT向けに作り出すことが可能になりました。
Skynet Open Network(SON)は、シンガポールを拠点とするOpenSingularity FoundationというNPOによって構築されました。
SONはスケーラブル・ネットワークを持ち、利用者が自分のパブリック/プライベートPoSブロックチェーンを開発できるようになっています。これらは独自のものですが、相互接続もできます。
Skynet Coreはライセンスフリーです。支払いに利用した場合、トランズアクションにかかるのはわずか1秒で、理論上は無限のTPSが可能です。支払い以外にもデータの交信やIoTやAIでの利用も可能です。

話題の元記事はこちら: Skynet open network – IoT on blockchain at its best

未来はセキュリティが鍵を握る

大規模な自動化には大きな責任も着いてきます。例えば家事の自動化が進むことは便利ですが、これらのデバイスがオープンネットワークに接続されている限り、サイバーアタックの脅威に晒されていることになります。通常デバイスの作りはコンピューターよりシンプルなので、大掛かりなセキュリティは施されておらず、永続的な脆弱性があります。
家庭にある温度調整デバイスはハッカーにとっては魅力的な標的ではないでしょうが、Mirai型のボットネットのターゲットにはなりえます。
セキュリティの脆弱性が高いデバイスは市場にあふれ返っています。このようなデバイスの抱える問題の被害者にならないように気をつけることは大切です。その為には、一般的に値段の高いデバイスのほうがセキュリティ対策もより強力である可能性が高い、と言うことを覚えておいてください。スマートラウターを使って、自分のデバイス向けに独自のネットワークを構築することも有効です。

話題の元記事はこちら: The home of the future is the security challenge

Novelアタック・テクニックがスマート電灯を使ってデータを盗み出す

研究者が、電球の中には個人のデバイスからの機密データの漏洩に利用可能で、遠隔からのルミナンス・パターンを記録することでマルチメディアの“お気に入り”をリークすることが可能なものがある、との判断を下しました。
アタッカーは、犠牲者の内部ネットワークを攻撃する必要はなく、標的のデバイスと電灯がダイレクトに接続されているだけでよいのです。
Texas大学サンアントニオ校のAnindya MaitiとMurtuza Jadliwalaは、LIFX及びPhilips Hueの電灯がどのようにコマンドを受信し、部屋の光度を変更するのかを研究し、音楽を聴いたりビデオを見ているときに、これを遮断するモデルを開発しました。
データの漏洩は、スマート電灯(LIFX)の可視及び赤外スペクトルの両方を利用し、ふり幅や波長シフト・キーイングのような送信技術によって可能である、ということがわかりました。
これらの攻撃から身を守る為には、カーテンや透過率の低い窓ガラスを選ぶなどして、外から室内の光を見えにくくすることです。

話題の元記事はこちら: Novel attack technique uses smart light bulbs to steal data

IoTセキュリティ - 何故専門家が脅威を感じていて、私たちは自分を守る為に何が出来るのか?

IoTデバイスは私たちの生活を便利なものにします。しかしFitbitやスマートTVなどは個人情報をデバイス上に保存している上に、他の多数のデバイスと交信を行っており、個人情報への脅威はかつてないほど高まっています。
IoTのセキュリティの脆弱性は周知の事実です。IBMの調査によれば、IoTの犯罪被害は今年だけで600%も増加していると言うことです。しかし、この重要なセキュリティ・リスクにもかかわらず、Gartnerは2020年までに現在の倍の数のデバイスが流通すると予測しています。多くの企業が競合他社に先んじて利益を最大化させようと、セキュリティは二の次にして、兎に角製品を市場に出すことにしのぎを削っています。
サイバーアタックから身を守る為には、名の知られた企業の製品を選び、デバイスのIDやパスワードを変更し、ソフトウェア・アップデートを実施し、デバイス用に独自のネットワークを構築し、アクセス数を制限することが重要です。

話題の元記事はこちら: IoT Security: Why Experts Are Scared — And What You Can Do to Protect Yourself

AIの普及により高まるハイエンドプロセッサの需要。AI時代の新しい半導体産業の方向性 世界のIoTに関するレポート公開中