【IoTトレンド】「今注目のAIを活用したスタートアップ」など最新のリスト記事まとめ

【IoTトレンド】「今注目のAIを活用したスタートアップ」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

今注目のAIを活用したスタートアップ

一般的に、プラントや工場、製造業などでIoTが取り入れられています。これが、コーポレート・ネットワークでのエッジでのAIの利用や、産業工程の合理化、効率を向上し実際に問題が起こる前の予測メンテナンスなどを牽引しています。
この分野に参入する競争は熾烈ですが、利益を得る機会もまた大きい為、新規参入の余地も残されています。このような市場で健闘を続けているスタートアップを紹介します。

  • Alluvium IoT分析プラットフォーム
  • Arundo Analytics 重工業の複雑な資産の運営を、マシーンラーニングなどの解析アプリを用いてサポート
  • Canvass Analytics 産業アプリに対する、AIを搭載した予測分析プラットフォーム
  • Falkonry 産業オペレーションへのマシーンラーニング・ソフト
  • Interactor エッジ・コンピューティング・プラットフォーム

話題の元記事はこちら: 10 hot AI-powered IoT startups

7つの深刻なIoTの脆弱性

一般消費者向けのIoTデバイスのセキュリティは貧弱で、中には冗談のようなセキュリティレベルのデバイスもあります。しかし、問題は企業の従業員が家庭でそのようなデバイスを使用していたり、会社で社内ネットワークに接続してしまったりすることです。
ここでは、IoTに関する7つの深刻な脆弱性を紹介します。

  1. 悪質なウェブULS
  2. 認証手続きの欠如
  3. デフォルト・ユーザーネームやパスワードの変更が出来ない
  4. ファームウェアが機能しない
  5. クラウド・インターフェースの情報漏えい
  6. 低級なネットワーク・セキュリティ
  7. MQTTの課題

IoTの配備を保護する為の鍵は“知識”です。何が実際にIoTネットワークに配備されているのか、デバイスがネットワーク上で何をしているのか、そしてデバイスとクラウド・システム間でのデータ交信に関する知識などを得ることが大切です。

話題の元記事はこちら: 7 serious IoT vulnerabilities

IoTがビジネスを再変革する5つの方法

IoTは、単純にデバイスとシステムを接続するだけでなく、かつては実現することが不可能だと思われていた、新たな製品やサービスの機会を作り出しました。
Forbes Insightsが700人のエグゼクティブに対して行った調査では、そのうちの60%の企業でIoTを利用して新たなビジネスラインを拡大又はトランスフォームしている、と回答がありました。
収益の拡大以外でIoTが有益なのは以下の分野です。

  1. データ量が多いほど、新たなビジネスの機会も増える
  2. カスタマーを理解する新たな手段
  3. 新しいビジネスラインの創造
  4. カスタマー・エクスペリエンスの向上
  5. より高い効率化

IoTは企業にとって魅力的な価値提供の手段であり、ビジネスをトランスフォームする原動力です。データをインテリジェンスを統合することで、新しいアイディアとビジネスの手段を提供します。

話題の元記事はこちら: 5 ways IoT is reinventing businesses today

マンチェスターとCityVerveから学ぶ3つのスマートシティ・レッスン

Cisco SystemsのNick Chrissosがマンチェスターのスマート・シティ・プロジェクトを検証します。
McKinseyは、政策立案者やビジネスが正しいと判断した場合、実存とデジタルの世界をリンクすることで2025年までに11.1兆ドルの経済効果が生まれると試算しています。
これが、IoTUKなどをパートナーとして形成されたコンソーシアムが取り組む旗艦プロジェクトであるCityVerveが、マンチェスターをIoTテクノロジーのデモンストレーションの舞台を展開している理由です。これは政府から支援されたプロジェクトで、UKのIoT産業を加速する為にデザインされています。
この2年間のプロジェクトは、優れた頭脳とIoTテクノロジーの先駆者的利用で、人々が住み、働く街の“スマート”さを模索し再定義する機会を提供しています。

話題の元記事はこちら: 3 smart city lessons from Manchester and CityVerve

90%の悪質なボットネットは、IoTデバイスを標的にする

プーチン大統領がトランプ大統領にロシアワールドカップの公式球をプレゼントした時、アメリカではこのボールに盗聴器が仕掛けられているのではないか、という憶測が流れました。これは全くのデマだったのですが、IoTデバイスのセキュリティの脆弱性への懸念を新たに表面化させました。
Cyber Resilienceラウンドテーブルの場で、GHDのGavin Matthewsは、90%を超える悪質なボットネットがIoTによって駆動されている、と語りました。この主な理由は、IoTデバイスは廉価で、一旦インターネットに接続されてしまったら、ほとんどの場合セキュリティを施すことが不可能だからです。ACSのサイバー・セキュリティ・ダイレクター、Jill Slay教授は、デバイスのセキュリティをアップデートすることは不可能で、かなりの数の人がこれらのデバイスをどうすれば攻撃の標的にするかを知っていると言うことです。
Matthewsによれば、IoTセキュリティに関する課題は更に深刻になってくるということです。これは、サイバー犯罪を起こすことが益々容易になってきているからです。

話題の元記事はこちら: 90 per cent of malicious botnets target Internet of Things devices