【動画】Texmark ChemicalsのIIoT(産業ネットワーク)による次世代の精製方法

Texmarkは、規制された有害物質を扱い、HPEとArubaに焦点を当てて、顧客満足度、技術者の安全性を向上させるために、Industrail Internet of Things機能に備えた次世代の製油所を設立しました。有能な技術者が持っている能力を最大限に引き立てるために、HPEとArubaが日々技術者達の手助けを次世代の精製方法を駆使しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Texmarkは世界で最も有能な技術者を集めています。その為、技術者達は、様々な機械の扱いを学ぶのに優れています。

ポンプは、このビジネス業界においての不可欠要素です。万が一、ポンプが故障したら、すべての稼働が止まってしまいます。そのような事を予測する事ができれば、多大なコストの節約をする事が出来ます。

予防メンテナンスと予測分析の概念はとても価値があり重要だと考えており、技術者達はヒューマン・リソース、計画表、予算の事を常に考え、もし完璧な計画を将来的な計画と照らし合わせてみれば、必ず顧客の満足度に繋がります。

次世代の精製方法を使えば、生態系が影響する事を考え、HPEとArubaはワイアレスネットワークにより、OSIソフト、データ記録、DXCを一括して管理できる事がTexmarkでできます。

HPEとArubaは得たデータを短時間で速く大量処理する事ができ、100以上あるポンプを一つ一つチェックするより、より効率的に運営する事ができ、どのポンプにエネルギーが必要かがひと目見ただけで分かります。

次世代の精製技術は、必要のない情報を取り除き、必要な情報だけを表示する事ができるので、以来は大人数の技術者達が必要としていた作業を相互に連結させより活き活きとした精製をしています。

Texmark Chemicals Inc.について

Texmark Chemicals Inc.はテキサス州ガレナパークに位置する化学処理および製造会社です。ヒューストンの港に位置しているため、船舶や大型荷船からの製品の輸送や受取、鉄道やトラックによる直接的な受取が可能な施設です。施設には、大量のタンクやポンプがあり、危険な化学薬品のメンテナンス、品質管理など行い、最先端の設備や技術者を使用して運営しています。

詳しくは、 https://texmark.com をご覧ください。

Hewlett Packard EnterPriseについて

Hewlett Packard EnterPriseは、最新技術を駆使し、無駄な時間を短縮するために、産業、工業を変えようとしている会社です。この会社はIT環境の効率性、生産性、安全性を高め、急速に変化する競争環境に迅速かつ柔軟に対応します。より快適なインフラを提供することで、IT社会において革新的なアイディアをもたらす手助けをしています。

詳しくは、https://www.hpe.com/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方