IIOT-OXYS INC.は、自動車製造のためのインテリジェントエッジソリューションに成功し、他の市場へのソリューションを拡大していることを発表

IIOT-OXYS INC.は、自動車製造のためのインテリジェントエッジソリューションに成功し、他の市場へのソリューションを拡大していることを発表 – 記事

IIOT-OXYS,Inc.は、自動車製造分野の機械を監視するためにインテリジェントエッジソリューション(Intelligent Edge Solution)を配置する契約を成功裏に完了したと発表しました。今週展開に成功したこのソリューションは、修正され、他の市場部門にも採択されました。
IIOT-OXYS,Inc.のCEOであるCliff Emmonsは、

「この情報はインテリジェントエッジソリューションの商業化で重要なマイルストーンであり、デトロイトの施設では、この特定の顧客に期待される最初の情報です。私たちはまた、この製品の同じ基本的なハードウェアおよびソフトウェア・アーキテクチャを採用しており、さまざまなシステム監視の要件を満たすことができるように一般化しました。2018年内に、他の産業分野の複数の顧客を対象にこの構成をコンピュータ化する予定です。」

と、語りました。

IIOT-OXYS,Inc.のCTOのAntony Coufalは

インテリジェントエッジプラットフォームは、お客様に追加の機能を配置するための優れた出発点となっています。この車のお客様には、エネルギー監視が必要であり、プラント内のエネルギーがどのように活用されるか正確に理解する必要があります。私たちは、この知識を一般化して、より洗練されたデータの分析を実行して、予測保守およびプロセスの品質などの分野に適用できます。今開発中のものは2018年に発売されるでしょう。お客様に最終的な利益は、次のとおりです。すなわち、運用コストの削減、増加資産活用、機械の信頼性の向上、プロセスと製品品質の向上。」

と語っています。
Cliff Emmons CEOは

「最初の注文は、この3台ですが、このような顧客は、今年の需要を大きく増加すると期待しています。前に述べた配置を介して同じような装置を他の顧客に迅速に構成および出荷してシステム監視の要件を満たすことができます。特定の顧客のニーズを満たすためにカスタマイズすることができるハードウェアとソフトウェアの組み込みを作る私たちの目標を達成するのに大きな進展がありました。」

と述べています。

将来の見通しに関する記述
このプレスリリースには、将来の出来事や財務実績に関する経営陣の現在の見解を反映した将来の見通しに関する記述が含まれています。将来予想に関する記述には、多くの場合、「期待」、「予想」、「意図」や「信頼」のような言葉が含まれています。私たちの将来予想に関する記述には、次のようないくつかのリスクや不確実性があります。実際の結果と出来事が将来見通しに関する記述で予想されたものと実質的に異なる結果をもたらすことがあります。当社に悪影響を与える可能性と不確実性は、主要顧客の損失、新規契約の失敗、製品またはプロセスの特許化不能、他人の特許侵害、ビジネスの資金調達能力と最新の証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に提出した他のリスクと不確実性にについて説明しています。このプレスリリースに含まれた将来予想に関する記述は、このプレスリリースの日付に作成されたものです。私たちは、新しい情報、将来の出来事またはその他の理由により、将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

このプレスに関するお問い合わせはこちらより。

注釈

  • 「インテリジェントエッジ(ソリューション)」:インテリジェントエッジはエッジを賢く、エッジでさまざまな処理をしてしまうことです。シフトレフトと言う考え方です。今までデータセンターやクラウドに格納され快適な環境で動いていたサーバーを外に出して、多少劣悪な環境でもわがままを言わず動くサーバーを作ってしまう1つの取組です。

ただサーバーを物理的に外に出すだけではなく、なるべくエッジで可能なことは行い、エッジといってもさまざまですが、イメージしやすいのはスマホ(スマートフォン)、スマホはインテリジェントエッジの代表かもしれません。スマホのような便利なエッジを企業にも取り入れることによりさらにビジネスメリットを出すことが可能と考えています。ただし、企業ごとにエッジに必要な機能や場所は異なります、工場、街の中、ビル、乗り物の中等々、あげればきりがありませんが、すべてがエッジです。したがって、エッジで必要な仕組み(機能、製品など)は、多種多様ですが、インテリジェントエッジについて述べます。上図にあるEdgelineを利用した事例としてはIoTが一番フィットします。Edgelineにはセンサーを接続することも可能で、センサーデータを収集・即座に加工・対応が行え、工場などで利用がスタートしています。

次は、ネットワーキングビューにおけるインテリジェントエッジの例です。

企業で働く人、モノに快適な環境を提供するネットワークとそれを支える機能こそインテリジェントエッジです。例えば、働き方改革に代表される柔軟な働き方を実現するためには、場所によってネットワークの種類やエッジの位置づけが変わってきます。エッジのパターン無限にあると言っても過言ではありません。用途特化型のVDI/HDIをエッジに配置することにより性能やセキュリティレベルに合わせて最適な環境を提供する一つの例となります。また、その企業内ネットワークをユーザの役割ごとに制御しコントロールする、これもインテリジェントエッジの例です。

企業にとって重要なデータや仕組みをデータセンタ/クラウドからオフロードする、手元に置く!または、置きたいという要望が出てきているのも確かで、パートナーの方々と連携してインテリジェントエッジソリューションを展開できます。

TM200のウルトラコンパクトサーバに、様々な機能を載せる。とってもシンプルですが、インテリジェントエッジの実現に便利です!

最後は通信事業者特化ですが、2020年のオリンピックに向けて標準化や実際の利用を目指している、モバイルの5Gです。通信の世界では、標準化団体でMEC(Mutli-Access Edge Computing)という標準が検討されています。5Gのエッジで情報を処理する仕組みを提供するための実証実験事例です。

原文はこちら: IIOT-OXYS INC. ANNOUNCES THE SUCCESSFUL DELIVERY OF ITS INTELLIGENT EDGE SOLUTION FOR AUTOMOTIVE MANUFACTURING AND EXPANDS SOLUTION TO OTHER MARKET VERTICALS.

関連記事はこちら:Automation Anywhere、2017年に記録的な成長