【IoT用語集】ZEHとは?

IoT用語集】ZEHとは? – 記事

はじめに

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは、エアコン・給湯などのエネルギー排出量が少なく、かつ使った分のエネルギーを発電して、差し引きでエネルギー消費量がゼロである住宅のことです。実際に発電した電気で、すべてのエネルギー供給を賄わなければならない、ということではありません。値が差し引きゼロになることが必要となります。

省エネ政策の目玉事業の一つ

2014年に閣議決定されたエネルギー基本計画の流れに乗って、スマートメーターHEMSBEMSスマートグリッドの導入など、一連の省エネルギー促進政策関連事業の一つになっています。

目標は、KPIとして管理されており、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築の住宅をすべてZEHまたはNearly ZEHと呼ばれる仕様にすることです。断熱性能の高い壁材開発・工法開発や、エネルギー消費・発電のモニタリングといった分野で、技術研究開発が行われています。

ZEHにはそれなりのコストがかかることから、認定ZEHに関して補助金を出すなどして、国は導入の促進を行っていますが、中古住宅にも補助金は出ます。事前に認定数がZEHプランナー・ビルダーに割り当てられているので、これらの業者を通じて、申請を行うことになります。
ZEHプランナー・ビルダーは認定・登録制度をとっており、一般に公表されています。

ZEHのメリット・デメリット

メリットとしては以下のようなものが考えられます。

  • 省エネルギーであるため、光熱費が安い
  • 客観的な基準により、不動産の価値を上げることができる
  • 優遇減税を受けやすい
  • フラット35Sの金利優遇を受けられる

一方デメリットとしてはコストが増えてしまうことが挙げられるため、補助金が交付されています。

補助金の対象となるZEHの定義 資源エネルギー庁「ZEHロードマップ」による定量的定義

下記の定義のいずれかに当てはまる住宅は、新築・改築双方、70万円の補助金が交付されます(平成30年度事業の場合)。

さらに高性能エネルギー設備に取り組む場合は、補助金が上乗せされます(ZEH+。115万円)。ZEH+の補助金を受給するためには、HEMSホームエネルギーマネジメントシステム)の設置・自動車給電への連携・外壁性能の強化のいずれか2つに取り組む必要があります。

BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)には補助金がかねてから交付されていましたが、HEMSへの取り組みがやっと始まったことになります。

ZEH

以下の①~④のすべてに適合した住宅

① 強化外皮基準(1~8地域の平成25年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値 1、2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、 4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)

② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減

③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)

④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

Nearly ZEH

以下の①~④のすべてに適合した住宅

① 強化外皮基準(1~8地域の平成25年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項) を満たした上で、UA値 1、2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、4~7地 域:0.6[W/㎡K]相当以下)

② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減

③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)

④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上100%未満の 一次エネルギー消費量削減
(注:上記の強化外皮基準とは、住宅外壁の性能基準の意味です)

ZEHプランナー・ビルダー制度

認定ZEHプランナー・ビルダーになるには、SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)への登録が必要です。すでに約6865件の業者の登録が行われ、SIIホームページで公表されています。ZEH事業への貢献度を評価する評価制度も本年から始められています。

集合住宅におけるZEH

戸建て住宅でのKPI管理が進む一方、集合住宅においてもZEH化を進めないと実際の環境に対するインパクトはなかなか変えていくことが難しいでしょう。そこで、徐々に集合住宅にもZEHの導入をすすめる取り組みが行われています。

マンションデベロッパーにもZEHデベロッパー制度ができ、また、ZEB(ゼロエネルギービルディング)事業も開始されており、集合住宅もZEBのフレームワークにしたがって、ゼロエネルギー化が進む見通しです。

ユーティリティ業界のZEH対応

電気・ガス業界においては、ZEH対応そのものより、スマートメーターおよびコントローラーの普及促進を通じて、ゼロエネルギー住宅に取り組んでいます。また、ZEH+にHEMSをつけるインセンティブができたことは、コントローラーの普及の追い風となりそうです。

まとめ

ZEHは、消費電力のネットでのゼロ化を狙うものなので、エネルギー消費量そのものの削減にそこまで大きくインパクトを与えられるか繰り返し問題となってきました。しかし、ZEH+で選択的要件となったHEMSの導入や、断熱外壁の進化・工法による改良を通じ、ZEHの要求水準である20%削減以上の効果を上げることが可能です。環境負荷が少なくなると同時に、災害に強いまちづくりの観点からも早い普及が望まれます。

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中