インダストリー 4.0がサプライチェーンに影響を与える5つの方法

インダストリー 4.0がサプライチェーンに影響を与える5つの方法 – 記事

現在、デジタルサプライチェーンは相互接続された一連のノードになり、より透明性を高め、製造の意思決定を支援します。

第4の産業革命は、革新的なデジタル技術への投資を行う製造業者の行動を変えています。さらに、インダストリー4.0では、常に進化する消費者の需要と期待に応える新しい市場、製品、サービスを創造することができます。

新しいデータ駆動型製造の最も強力な影響の1つはサプライチェーンにあります。インダストリー4.0が製造業にとって何を意味するかを考えてみましょう。
サプライチェーンのパートナーシップ、相乗効果、および洞察力を最大限に活用できる製造業者は、新しい収益源を生み出したり、新しく改善されたビジネスの機会を開いたりといった、より合理的な意思決定ができるでしょう。

インダストリー4.0がサプライチェーンに影響する5つの方法は次のとおりです。

1. 直線形サプライチェーンからのシフト

伝統的に、サプライチェーンは、製造業者が商品や製品を取り寄せる際に、その原材料などを自社のサプライヤーから買い付けるといった、直線的な関係にあります。
チェーン上のそれぞれの関係者は情報源と行動にかなりの依存性があり、そのどこかに一つにでも非効率性がある場合、カスケード効果は悲惨なものになってしまいます。

インダストリー4.0では、直線形サプライチェーンがノードの動的なデジタルネットワークに発展しています。これは製造業者が商品の生産方法を再考する機会とみなされるべきでしょう。

デジタルサプライチェーンでは、より高い透明性、より多くのコラボレーション、より広い情報共有が可能になり、さらなる意思決定につながります。
サプライチェーンはもはや一連のリンクではなく、相互接続されたノードの格子であり、サプライチェーン内のあらゆる関係者間のコミュニケーションとコラボレーションを可能にします。

2.統合コミュニケーション

現代の消費者は、購入した商品やブランドをもとに有意義な経験をしたいと考えています。増加する期待(いつでもどこでもどんなデバイスにもアクセスできる)は、現代のメーカーがサプライヤーと対話してソリューションを提供する必要があることを意味します。
製造業者は、インダストリー4.0のクラウドソリューション、データ分析、IoTに接続されたオブジェクトを使用することで、これまで以上に高速にデータを収集、格納したり、送信、分析することができます。

この情報をサプライヤーと共有することは必要不可欠です。エンタープライズリソースプランニングと流通管理ソフトウェアによるデータと分析の統合により、企業はこれまで課題だったことも消費者を喜ばせる機会へと変えることができます。

インダストリー4.0は、部材と完成品の輸送と保管のコストを削減します。

3.データ分析

マシンや商品によって生成されている大量のデータのおかげで、企業は情報を収集、保存、表示、レポートするためのツールとともに利用できる真の宝庫を持っています。
データ分析は、サプライチェーン全体で共有されると、製造プロセスの各段階での非効率性を特定し、ソリューションを開発するのに役立ちます。

データ分析はまた、企業が最も収益性の高い顧客、財務上のエクスポージャーが存在する場所、サプライチェーンに沿ってリスクがある顧客を見つけ出すことを可能にします。情報がリアルタイムで処理されるため、メーカーは問題が発生する前に積極的に対応し、問題を抑制することができます。

4.取引コストの削減

現代のテクノロジーにより、企業は早期に弱点を特定することで取引コストを削減することができます。

5.豊富なイノベーション

UberやAirbnbが運輸業や旅行業を混乱させるように、メーカーも必要に応じて新しいソリューションを見つけることができます。サプライチェーンのパートナーと緊密に協力して、製造業者は以前には不可能もしくは追求することができなかった市場でも参入できるように、製品やサービスを見つけることができます。

原文はこちら: 5 ways Industry 4.0 impacts the supply chain

関連記事はこちら:今更聞けないIndustry 4.0(インダストリー4.0)うまく説明できますか?