【IoTトレンド】「セルラーIoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ

【IoTトレンド】「セルラーIoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多いものでトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日業務をする上で注目すべき疑問の解決など、区分けされた各種話題コンテンツを発信しております。

セルラーIoTとは何か?

セルラーIoTとは、実際のモノ(センサーなど)をインターネット、例えば、スマホなどのモバイルネットワークに便乗させて接続することです。インフラの単純さと5Gの登場により、セルラーIoTはコネクティビティ・スペースの環境で強力な役割を果たします。
私たちにとってセルラーIoTの身近な例は、iPhoneをGoogle Mapやインスタグラム、Eメールなどに接続することです。これらは、ネットワークを介して行っています。Erriccsonによると、既に展開されている20以上のセルラーネットワークに接続されているデバイスの数は、2023年までの間に年間19%ずつ成長する、と予測されているようです。
膨大な量のフローを容易にする能力は世界中に拡散しており、新しいインフラを構築・構成する必要はありません。
セルラーIoTの2つのキー・フォームは、LET-MとNB-IoTです。
5GのLTEとGSMのスマートフォンなどの携帯電話網との並列が実現するのは、2020年代になるといわれていますが、5GはIoTランドスケープをトランスフォームする位置にいます。処理能力が10倍高いと言われる5Gが一般化すれば、自動運転車両などの実現も現実的になります。

話題の元記事はこちら: What is cellular IoT?

“モノ”とは何か?IoT初心者向けベーシック・アーキテクチャ解説

モノのインターネット(internet of things)が世に出てから数年たちますが、今でも多くのモノがネットワークに追加されており、IoTの採用は電光石火のスピードで実施されています。
ここでは、極基本的なIoTのアーキテクチャを紹介します。

  1. センサー/シング/デバイス
  2. エッジ
  3. データ・インテリジェンス
  4. アプリ

デバイスの中には、直接クラウドに接続するものもあります。また、レイヤー間を飛び回るミドルウェアも存在します。実際には、それぞれのレイヤーには、数々のサブレイヤーが織り込まれています。そして、それらのレイヤーにセキュリティーとプライバシー保護の課題があります。
自社のビジネスにとって、最適なアーキテクチャを選定することは重要な課題です。

話題の元記事はこちら: What is a “Thing”? – A basic architecture for IoT newbies

IoTとスポーツ、Hawaikiの登場、そしてAT&TとTime Warner合併

ビジネスアクティビティが静かな夏休みの時期ではありますが、この夏のニュース一覧を紹介します。

  • アメリカとオーストラリア・ニュージーランドを結ぶHawaiki海底ケーブルのコマーシャルオペレーションが開始された。
  • FCCによれば、裁判所は、AT&TとTime Warnerの合併に関して間違った判断を下した。
  • 交通手段、ファンとの交流、安全確保などを始めとする分野で、IoTがスポーツ・ビジネスの世界を変革する。
  • 政府の財政援助がなければブロードバンドの拡大は不可能だとISPが語る。
  • アジアの固定ブロードバンドの成長にかげり。
  • どのようにTeleGeographyが海底ケーブルの地図を開発しているのか。

話題の元記事はこちら: What we are reading: Hawaiki is here, IoT in sports, and AT&T/ Time Warner developments

産業型IoT(4.0)とは何か?

Industry 4.0は産業型IoTという言葉で表され、製造業においてはスマート製造機器とAI主導の自動化、そして高度解析を統合して、工場をより効率的にするコンセプトがあります。あらゆる製造業者が既にこれを取り入れ始めています。多くの場合、企業は、前例のないほどの大量のデータの収集、モニター、分析を提供する通信技術によって接続された機器にIoTデバイスを配備しています。
IIoTの目的は、継続的に機械のデータを収集し、解析しその結果に基づいて行動することで、人間よりもスマートで効率的に行動することです。IIoTの課題は、デバイスや機械が異なるプロトコルを使用している仕組みにより

起こる相互運用性とセキュリティです。
製造業界での革命は既に始まっています。Industry 4.0に既に取り組んでいる企業は、Airbus、Simens、Caterpillar、AGCO、Amazonなどです。

話題の元記事はこちら: What is Industry IoT (4.0)?

IoTのアイデンティティ・マネジメントとは何か?

ハイブリッドITがIT分野の多くの組織に混乱をもたらし、組織の複雑性を高めています。これはアイデンティティ・マネジメントの分野にも拡大しています。
IOTアイデンティティ管理の歴史において、今回焦点が当たっているのは、ハイブリッドITにおけるアイデンティティ中心の保護とリスクに対してです。ハイブリッドITは、従来のクラウド処理とIoTやエッジリサーチの組み合わせを提供し、第2世代のIoTアイデンティティ・マネジメントが処理できるよりも高速で変化しています。
IoTアイデンティティ・マネジメントのトレンドは、現在の問題を解決する必要な条件に対応して発生しました。今日の課題はクロスITの規模と範囲、そしてアタッカーのスピードにあります。適応型アイデンティティガバナンスと、政府・分析・セキュリティのモニタリング・自動化された反応を提供するアイデンティティを核としたセキュリティは、これらの課題に対する妥当は対応策だと言えるでしょう。

話題の元記事はこちら: What is IoT identity management?

関連記事はこちら:【IoT用語集】MEMSとは?