【動画】センサーからクラウドまでの統合ソリューション

動画】センサーからクラウドまでの統合ソリューション

Weidmüllerは、自動化とデジタル化の2つのエリアがインダストリー4.0をきっかけに着実に統合に向かうと見ており、センサーからクラウドまでのネットワーキングを視野にいれ、情報とシグナルを取り扱うための数多くの構成要素を開発し、分析目的のために収集した情報を利用可能にします。当社は既に顧客にとってデジタルトランスフォーメーションで戦略的なパートナーとなることができます。

<インダストリアル接続のあなたのパートナー。自動化とデジタル化の統合ソリューションをセンサーからクラウドに接続。>

<Dr. Bjorn Six:Vice president BU Machinery Solution>
Weidmüllerは今年のHannover Messeで2つのエリア、自動化とデジタル化を強調しています。私たちはインダストリー4.0をきっかけに、自動化とデジタル化の2つのエリアは着実に統合に向かう分野であると見ています。これは製造業にとって完全に新しい可能性を提示しています。例えば個人向けサービスを構築しながらデータ駆動型ビジネスも構築するなどです。

そのようなデータ駆動型ビジネスモデルの鍵となるのは、もちろんコミュニケーションが可能な作業場レベルの構成要素から、インテリジェントオートメーションまたはスマートデジタル化ソルーションに至るまでの様々なレベルのネットワーキングです。

センサーからクラウドまで、これが私たちの視野の設定範囲です。現代、莫大な量の情報を自由に使用する事ができます。現在の私たちの仕事はこれらの情報を収集して分析目的のために利用可能にする事です。それ故、これらの個人向けサービスまたはデータ駆動式ビジネスモデルに拡大する事が出来る基盤を形成していきます。

基本的な要件は、作業場での素早いデータ取得です。そしてこれが現場、敷地内、またはクラウドでの分析を行う基盤を形成します。これらのデーターを使用することで、付加価値を与える事ができます。例えば、遠隔対応や予測メンテナンス、または緊急管理等です。

現在、Weidmüllerは既に製造業者にインダストリー4.0の課題への備えを助ける具体的な解決策を提供しています。私たちのポートフォリオによって、必要に応じて新しい機械を取り付けるのと同様に、既存のシステムへの後付けを通して拡張をする事ができます。私たちのU-MATION自動化ポートフォリオは、ここでは重要性の核心となります。このオープンでプラットフォームに依存しない情報処理システムは、インダストリー4.0の課題の解決に最適です。

u-mation自動化キットの心臓部は、私たちのコンパクトで拡張可能なコントローラu-control です。これは最適化オペレーションや可視化のためのマルチタッチパネルu-viewによって補足されます。

u-createによって、私たちの革新的なエンジニアリングの道具をひとまとめにします。u-remoteは情報の収集や情報の取り扱い、作業場でのシグナルのためのI/Oシステムです。これらキットの中核となる構成要素は、私たちのIoTコントローラ、産業イーサネットポートフォリオ、遠隔メンテナンスソルーションu-linkまたはPROトップパワーサプライなどのコミュニケーション可能な構成要素などの、情報とシグナルを取り扱うための数多くの構成要素に補足されます。

Weidmüllerでは、オープンシステム戦略を適用することを意図的に決定しています。これは私たちの顧客や特に最終顧客がどのクラウドシステムを使用したいか自分達で決められる事を意味しています。

私たちはそれをHannover Messeで実演しています。例えば、マイクロソフトAzure、アマゾンウェブサービス、IBMクラウドとコミュニケーションを取る構成要素などです。

Weidmüllerは顧客にとって、特に産業分析の分野で既に戦略的なパートナーと言えます。それは当社が進歩させたいと願う分野の道に正確に沿っており、デジタルトランスフォーメーションで顧客にとって私共を頼りになる長期パートナーとして確立すること、これが私共のゴールです。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方