【IoTおすすめ本】図解でわかるIoTビジネス いちばん最初に読む本

IoTおすすめ本】図解でわかるIoTビジネス いちばん最初に読む本 – 記事

IoTの基礎知識、実用化事例から新ビジネスのヒントまで、これならやさしく理解できる!

内容紹介

「第4次産業革命」あるいは「日本再興戦略のカギ」ともいわれる「IoT(アイ・オー・ティー)」。すべてのモノ(Things)がインターネット(Internet)につながる状態を表わすIoTによって、ビジネスも暮らしも変わります。では、いまIoTやそれに関連したビジネスにはどんなことが起こり、将来はどのように変わっていくのか ー 実は、よくわからない、というのが本音ではないでしょうか。
そこで、本書が助け舟。人にはちょっと聞きづらい「そもそもIoTってな~に?」という素朴な疑問から、ビッグデータ分析や人工知能(AI)などのIoTを支える技術まで、たくさんの事例をもとに図解を交えてやさしく解説します。IoTや関連ビジネスについて疑問に思うこと・知りたいことはまずこの本を読めば大丈夫です!

目次

  1. 1章: 「IoT」とはいったい何か
  2. 2章: いま、IoTは世界でどこまで進んでいるか
  3. 3章: IoTによる“ものづくり”改革の実際
  4. 4章: IoTで暮らしも働き方も産業も変わる!
  5. 5章: 使えるIoTをビジネスとして実現させる方法
  6. 6章: IoTを支える技術にはどんなものがあるか

書籍情報

書籍名 図解でわかるIoTビジネス いちばん最初に読む本
著者 神谷 俊彦
販売開始日 2017-01-19
金額 ¥1,728(本記事記事公開時点)
ページ数 184
出版社 アニモ出版

関連情報

情報の更新: 2018年08月29日現在

北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中