デジタル化が進む自動車産業に統合されるゲーミフィケーション技術。その概念と先進技術の調査、分析

デジタル化が進む自動車産業に統合されるゲーミフィケーション技術。その概念と先進技術の調査、分析 – 記事

レポートの概要

2025年にグローバルゲーミフィケーション市場は145億ドルに達する

ゲーミフィケーション技術は、ビジネスの販売促進、投資収益率(ROI)の向上、従業員との対話のサポート、顧客満足度の向上を支援し、ヘルスケアや自動車などの主要産業で好まれます。スマートフォンの普及、カスタマイズされたサービス、技術に精通した顧客、デジタル化の発達、技術の進歩により、自動車産業はゲーミフィケーション技術を統合するようになります。ウェアラブル、バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)、バイオメトリクス、ジェスチャ認識、落書き壁、ロトスコープ技術、QRコード、ホログラム投影、クラウドベースのモバイル、Webアプリケーションは、デジタル小売業、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、接続された自律車、インダストリー4.0、コネクテッドサプライチェーンなど自動車のデジタル化の柱となる主要なゲーミフィケーション技術です。

市場は18億ドルから145億ドル(2016年〜2025年)になる間に23.20%のCAGRを記録するでしょう。テレマティクスや接続サービス、エコゲーム、成長し続けるソーシャルネットワーク、OEMやテクノロジー企業のコラボレーティブソリューション、AI機械学習、バイオメトリクスの出現などの統合技術は、自動車産業におけるゲーミフィケーションを推進する主要なトレンドです。自動車のゲーミフィケーション技術のコンバージェンスは、OEMとティア1のサプライヤーがさまざまな形の製品やサービスを追求するためのエキサイティングな空間を提供します。

たとえば、日産のNismo WatchとBoschのKuriデジタルアシスタントがあります。世界的に見ると、NAとEUは、業界でゲーミフィケーション技術をリードしています。ゲーミフィケーション技術は、戦略的な駆け引き、ソーシャルメディアの取り引き、トレーニング、マーケティング、ブランディングに広く使用されています。

ゲーミフィケーションの展開モデルには、SaaS(Software-as-a-Service)、カスタムソフトウェアモデル(オンプレミスアプリケーション)、ソフトウェアおよびハードウェア結合展開モデル(ポイントを交換するために店舗で使用される報酬カード)が含まれます。ビジネスモデルの採用は、アプリケーション、プラットフォーム、ゲームの仕組み、エンドユーザーの数、コンポーネント、およびデザインに基づいて異なります。Pay Per View、Pay Per Click、コンテンツにアクセスするサブスクリプション、SaaS、platform-as-a-service(PaaS)、長期契約、固定報酬などが主要ビジネスモデルの一部です。

範囲
この研究の目的は、ゲーミフィケーションの概念と自動車産業への先進技術の影響を調査し、分析することです。この調査では、自動車の主要なデジタル化の柱の中でどのようにゲーミフィケーション技術を使用できるかを明らかにする。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 研究範囲、目的、背景および方法論
  3. 第3章 自動車産業で使用されるゲーミフィケーション技術 – 概要
  4. 第4章 自動車のデジタル化の柱
  5. 第5章 自動車のゲーミフィケーション – 成長機会と企業の行動
  6. 第6章 自動車OEM、TIER 1サプライヤー、テクノロジー企業のゲーミフィケーションイニシアチブ
  7. 第7章 主要ベンダーのプロファイル – 技術/スタートアップ企業
  8. 第8章 主な結論
  9. 第9章 付録

レポート情報

レポート名 Gamification in the Automotive Industry, Forecast to 2025
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年01月
金額 $4,950(本記事記事公開時点)
ページ数 59
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

13937

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中