【IoTトレンド】「Microsoft スマートIoTキャンパス」など最新の動画記事まとめ

【IoTトレンド】「Microsoft スマートIoTキャンパス」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Microsoft スマートIoTキャンパス

アメリカ、ワシントン州レドモンドにあるMicrosoftキャンパスは、(当たり前ですが)IoTを様々な方法で活用しているスマートキャンパスです。ビジターパスを取得できたIoTショーは、Microsoft Digital GroupのApplied Innovationチームがスマート・ビルディング向けに新たなIoTテクノロジーをテスト・開発しているラボを訪問することができました。
今回のエピソードでは、McDonald-Miller社のJeremy RichmondがApplied Innovationチームと協同で開発したソリューションのデモを紹介してくれます。このソリューションは、Microsoft Campusの全てのHVACシステムのメンテナンスに利用され、IoTセンサー情報やデバイスをAzure IoTとDynamic 365 Connected Field Serviceと統合します。

話題の元記事はこちら: Microsoft smart IoT campus

IoTアプリ開発チュートリアル: MQTTプロトコルを介したコミュニケーション

Ruffアプリケーション開発でのネットワークキング・アプリについて学習しましょう。
前回のチュートリアルでは、TCPプロトコルの特徴と利用方法について学びました。今回はHTTPがテーマです。
HTTPプロトコルは、アプリ・レイヤーでのコミュニケーション・プロトコルで、TCPプロトコルがカプセル化されたものです。HTTPプロトコルには、サーバー(サービスプロバイダー)とクライアントという2つの役割があります。
この場合、サーバーもクライアントもコネクションをキープしておく必要はありません。Ruff同様にNodeJSがHTTPモデルを提供します。
モードにもゲットとポストという2つの種類があります。リクエストが送信されるとサーバーはクライアントに回答を送ります。この回答にはリスポンス・コードなどが含まれています。ゲットモードの弱点はセキュリティが弱いと言うことです。ポストになると、セキュリティが向上します。

話題の元記事はこちら: Communication over the MQTT Protocol | #3.2 Ruff IoT Application Development Tutorial

新型のNXP Rapid IoTプロトタイピング・キット

IoTはあなたにこれまで以上の機会をもたらすでしょう。NXPの新型Rapid IoTプロトタイピング・キットを使えば、シンプルな3ステップで、IoTアイディアをプルーフ・オブ・コンセプトやそれ以上の段階まで到達させることができます。
NXPのRapid IoTプロトタイピング・キットを使えば、センサーデータをモニターしたり、WiFiで交信したりすることが可能になります。モバイル大気測定や、住宅やビルの自動化、公共交通機関のサポートなど、その可能性は無限大です。
競争環境は厳しいので一刻も早く、そしてできるだけ安価に、アイディアをプルーフ・オブ・コンセプトの段階まで進めることが大切です。
Rapid IoTプロトタイピング・キットは様々な悩みのタネを考慮し、シンプルなステップでアイディアを製品化するサポートを行います。
キットには、温度計など様々なプレプログラムされたアプリが含まれています。又、経験がなくても簡単に変更が加えられるようになっています。MCUXpressoを利用して、新しいアプリを開発することが可能です。

話題の元記事はこちら: The new NXP Rapid IoT prototyping kit – Easy as 1-2-3

IoTとその重要性

IoTとは、インターネットに接続された何十億ものモノを指します。これには、スマホや家電から飛行機のエンジンや工場でのスマート・ツールなども含まれます。
それぞれのデバイスはデータを収集し、処理・解析を行います。IoTは何層にも分かれたデジタル・インテリジェンスで、デバイスをスマートなものにします。毎年のように新しいIoTが開発され、市場に紹介されています。Gartnerの予測のよれば、来年には前年比で30%のIoTデバイスが利用されるだろう、とのことです。2017年に支出されたIoT関連の金額は2兆ドルに上ると言うことです。
IoTデバイスに関するセキュリティは継続課題で、個人情報をどのように保護するかが鍵となっています。

話題の元記事はこちら: The Internet of Things (IoT) and why it matters

スマートスペース向けAzure IoT

今日のIoTショーには、Lyrana Hughesを迎えています。彼女はAzure IoTチームのデベロッパーで、今回は彼女が関わっている空間的インテリジェンス機能について紹介をしてくれます。彼女とチームはスマート・ビルディングやスマート・スペースの分野のパートナーと共に、Azure IoTの中で新しい機能を開発しています。

話題の元記事はこちら: Azure IoT for Smart Spaces