【動画】MESはインダストリー4.0またはスマートマニュファクチャリングの実装にとって重要ですか?

動画】MESはインダストリー4.0またはスマートマニュファクチャリングの実装にとって重要ですか?

現状では人間、オペレーション、機械が上手く接続されておらず、デジタルソリューションが完全な力を発揮できていません。組み込みのデータ取得が付帯しているMESは統合プラットフォームとして振舞い、効果的なインダストリー4.0とスマート生産の導入を実現します。IcSoft Paperless Factory は、MESを持っているプラットフォームです。
MESはインダストリー4.0またはスマート生産の実装にとって重要ですか?

これを評価するために、以下を見ていきましょう。

  1. 現在の製造状況
  2. 様々な製造組織によって取り組まれている戦略の一部
  3. なぜデジタルソリューションは完全なポテンシャルに達しないのか?

現在の製造状況では、機械と人が繋がっていません。

<なぜ繋がっていないのか?>
なぜならオペレーション、機械、人間の間の情報収集と情報の流れがデジタル化されていないからです。

製造組織によって取り組まれている戦略の一部は以下の通りです。

機械製造とOEEを確認する為の停止時間のデジタル化。
予測的メンテナンスのための機械のパラメータや状態監視のデジタル化。
リアルタイムのSPCのためのインスペクション情報のデジタル化。

なぜこれらの戦略が完全なポテンシャルに達していないのかについては以下の理由が挙げられます。

それぞれの部門が戦略を進めたいが、部門間でうまく連携しないため。
さまざまなプロセスのデータをリンクするためのプラットフォームが統合されないままデジタル化されるため、組織全体が孤立化し可視性に課題をもたらすため。
多くの場合、データと分析の360度ビューを得るためのツールが欠けているため。

要するにデジタル化されていますが、まだ相互には繋がっていないのです。

なぜこれが完全なポテンシャルに満たないのかを理解するために、OEEの問題を見てみましょう。これらは完全なポテンシャルに満たないだけで稼働はできていることに留意して下さい。

OEEまたは生産性が低い主な理由には、故障、そして処理速度の減速、顧客の要望による頻繁な変更、材料や情報の待ち時間が挙げられます。

以下の事柄は、故障や処理速度の減速の影響を受けるでしょうか?

使用される材料とその供給源。
前回のオペレーションで得られた物理的資産。

そうであれば、これらの事柄と故障の発生を結びつけることは、将来の故障の予測を適切に分析するのにとても重要です。

また頻繁な仕様変更は、機械を待機状態にさせ、必要な材料や情報を待たせます。

これらの部分を向上させるには、リアルタイムの情報と倉庫の管理システムの統合なしでは不可能です。

MESは統合プラットフォームとして振舞い、効果的なインダストリー4.0とスマート生産の導入に必要とされます。

IcSoft Paperless Factory は、組み込みのデータ取得が付帯しているMESを持っているインダストリー4.0またはスマート生産プラットフォームです。それは高度に構成可能であり、市場で入手可能な複数の標準ハードウェアで実装することができます。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方