【IoTトレンド】「IoTセキュリティを強化する為に、正しい戦略を開発する方法」など最新のハウツー記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTセキュリティを強化する為に、正しい戦略を開発する方法」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTセキュリティを強化する為に、正しい戦略を開発する方法

接続されたデバイスの数が増えるにつれ、かつては安全であった産業でもサイバー攻撃の脅威に晒される様になっています。
Black Hat USA 2018の際に、Irdeto社のMark Hearnが語った「コネクティビティがどのようにサイバー攻撃のリスクをもたらし、それをどのように守るべきか」というトークを紹介します。
企業がサイバーセキュリティを、単なるアドオンや試してみるべきスペックのように捉え、セキュリティ対策に関しては、製品をリリースした後のものだと考える傾向があります。Irdetoは、セキュリティを包括的なビジネスプランの一部として捉えるよう顧客に推奨しています。Irdetoと自社のCloakwareテクノロジーによって、ハッカーはリバースエンジニアリングを使ってコードにたどり着くことが難しくなります。かつては一時間足らずで破られた防護幕が、今では1ヶ月かかっても破れないほど強靭なものになっています。企業は、サイバー攻撃を受けてしまったらと過剰に心配する必要がなくなるのです。

話題の元記事はこちら: How to develop the right strategy to increase IoT security

IoTを手に入れるために、BLE、NodeJSそしてMQTTをマッシュアップする方法

私たちは“コネクテド・ワールド”に暮らしていますが、自分が本当に必要なファンクションを実装するのは、かなりハードルが高いように感じます。今回は、NodeJSを使って実存世界とデジタルの世界を橋渡しする方法を紹介します。
NodeJSは他の言語とは大きく異なり、Event Loopを用い、ユーザーアクションや他のプログラムやスレッドからのメッセージなどの結果として物事が発生します。NodeJSのBLEサポートはSandeep MistryによるNobleJSパッケージに含まれており、ここには作業に必要なものが全て備わっています。
完成したアプリをIoTアプリのクオリティでネット上にインターフェースするには、様々な方法がありますが、ここではMQTTプロトコルを採用します。MQTTはFacebook Messengerなどで利用されているプロトコルと同じで、中央郵便局のような役割を担うMQTT Brokerを介して機能します。
NodeJSアプリが実行されたら、アプリはMQTT Brokerへの接続を試み、これが完了したらブリッジが繋がります。

話題の元記事はこちら: How to mash up BLE, NodeJS and MQTT to get Internet of Things

可視化ツールを使って、IoTデータのパワーを解き放つ方法

2025年までには、小売業・製造業・ヘルスケア及びその他の主要産業でのIoTがもたらす直接的経済効果は、3.9兆ドルに及ぶと予測されています。しかし、何十億ものユーザーから生み出されたデータは、現状ほとんど活用されていません。
データ・プレゼンテーション・ツールなくしては、ネットワーク上の複数のポイントから送信されてくるセンサー・リーディングを解読し、重要でない入力をフィルターにかけ、小数のデーターセットから変化を読み取るのは不可能です。オン・ポイント・データ・ビジュアリゼーションとは、強力な解析とそれにより、企業がより良いビジネスの決定を可能にすることを意味します。
ローデータをビジネス・プロセス・オートメーションと最適化のために利用するには、このデータをアクション可能なデータに変換する必要があります。
ビッグデータを最大限活用する為のビジュアリゼーション・ツールには、ThingsBoard、IBM Watson IoT Platform、Power BI、JavaScript libraries & toolkitsなどがあります。

話題の元記事はこちら: How to unlock the power of IoT data with visualization tools

どのようにIoTを企業に取り入れるか

IoTへの支出や市場規模は爆発的に拡大していますが、IoTが提供するものから利益を得ることは容易ではありません。最近行われたBainの調査によれば、組織の90%が、IoTソリューションに関してはまだ準備段階であると、示しています。2020年までには、そのうちの約80%が“プルーフ・オブ・コンセプト”の段階まで進むであろうと予測されていますが、この課題を解決するのが、エッジでのプロセッシング・パワーを提供する、モバイル・エッジ・コンピューティングです。
IoTの可能性の意味するものは、人々の働き方だけでなく、働く場所のか選択肢も与えると言うことです。
モバイル・エッジ・コンピューティング・ソリューションがゲートウェイとして機能することで、ToshibaのAR100ビューアー・ソリューションなどのスマートめがねが、ユーティリティや製造業、運輸業などのフロントラインや現場勤務のスタッフに恩恵を与えています。
組織がIoTをオペレーションに取り入れるための機は熟してきています。

話題の元記事はこちら: Working on the edge: how to embrace IoT in the enterprise

アマチュア・ラジオのデジタル・ボイス・ホットスポットをPi-Starとmmdvmを使って設定する方法

SDカードでPi-Star画像を設定して、それをブーティングし、ラップトップのブラウザーでhttp://pi-star.localを起動し、デフォルトIDpi-starとパスワード raspberryを利用してダッシュボードページまで進み、自分の使いたいモードを設定するところまでは、前回までの記事で解説しました。
今回は、更にmmdvmを使って、デジタル・ボイス・ホットスポットを設定する方法を紹介します。この工程を成功させる鍵は、Icom880ラジオ上にDV/DRリピーターを正しい設定で、実行することです。正しい設定とは;先ずホットスポット・リピーターの名称“KK6DCT B”がDVメモリーセッティング上に正確に書き込まれていること;880条のGRP UR設定を使ってBOTH RPT1(KK6DCT B)及びRPT2(KK6DCT G)を送信することです。
この設定が正しく行われたら、REF001のアクティビティリストにポップアップが表示されます。

話題の元記事はこちら: How to set up amateur radio digital voice hotspot with Pi-Star and mmsvm

関連記事はこちら:【IoTトレンド】「Windows 10 WoAをRaspberry pi 3にインストールする方法」など最新の動画記事まとめ