【動画】ブラジルの自動車産業は第4次産業革命の一環としてロボット工学を取り入れています

【動画】ブラジルの自動車産業は第4次産業革命の一環としてロボット工学を取り入れています

政府は今回開かれたワールドエコノミクスフォーラムでインダストリー4.0の促進案等を打ち出しました。ブラジルは第4次産業革命の第一歩を踏み出しており、いくつかのセクターは既に新しい技術を取り入れるのに十分な程度に進歩していますが、経済の転換期にはより素早い行動が必要で、税制改革等を含める継続的な改善が必要と専門家はみています。

<Paulo Cabral / Sao Paulo:CGTN
第4次産業革命は一目で見て分かるものではありません。これらの組立ラインのロボットの腕は、モダンなハイテク工場である事を示していますが、自動化それ自体は1960年代後半の第3次産業革命にもたらされました。

しかし、これらのWi-Fiトランスミッターに近寄って見てみて下さい。これらはこの工場がインダストリー4.0を行っているという証拠です。

機械同士が自動車のパーツの製造を最適化するために相互にコミュニケーションを取り合い、オフィスでは3Dプリンターが、コストを削減し、モデリングから製造に至るまでの時間を短縮する重要な役目を果たしています。

<Ricardo Avila :Industrial Director / SABO AUTOPARTS>
今までの所、インダストリー4.0が何を意味するかといった当社のビジョンの約40%は達成しています。また私たちは第4次産業革命に収集してまとめられるよう2020年まで拡張する予定です。

<Paulo Cabral / Sao Paulo>
政府は、第4次産業革命への参加を前提とすることは長期発展の鍵であると言いますが、当局は国がそれを活用するためには、ブラジルのビジネス環境をまだまだ改善しなければならないと言います。

今回サンパウロで開かれたラテンアメリカのワールドエコノミクスフォーラムで、政府は革新的なプロジェクトの開発のための公的資金と民間資金の7億5,000万ドル以上を含むインダストリー4.0促進案、プラス、認定事業のためにクレジットラインを20億ドルとすることを発表しました。当局は10月に予定されている大統領選挙を気にしているのだろうと言っています。

<Guto Ferreira: President, Brazilian Agency for Industrial Development>
次の政府がゼロから始める必要がないように基礎を構築します。最初に行うことはブラジルの事業環境の複雑さを減らす事です。それは一晩で成しえる事ではなく、向上のための苦心は続きます。私たちが今すぐに取り掛からなければならない事項の1つは税政改革です。

<Marcelo Cypriano: Brazil Invest Link Researcher University of Sao Paulo>
ブラジルはラテンアメリカの他の中級所得の国のように、第4次産業革命の第一歩を踏み出しています。いくつかのセクターは既に新しい技術を取り入れるのに十分な程度に進歩していますが、素晴らしい経済の転換に直面した際には、この国は過去に行ってきたよりも早く動く必要があると思います。

<ナレーション>
技術は前例のないスピードで進歩しており、世界の全ての国々が第4次産業革命を擁するための遅れを取らないようプレッシャーを感じています。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中