年次ロボット工学最新技術革新報告書によるソリューションの多様性、新規性、そしてインパクト性

商業用および産業用ロボット市場は、ABIリサーチ(ABI Research),の最新予測によれば、今後8年間で急速に拡大すると見込まれており、2017年には1,500万米ドルから2025年には4,800万米ドルに増加すると予想されています。ABIリサーチの年1回発行するロボット工学最新技術革新(Robotics Hot Tech Innovators)  報告書によると、ロボット革命をリードする主要プレーヤーのいくつかを調査し、革新的でインパクトのあるロボット製品とサービスを開発する初期の10社の企業の分析を提供します。 この調査には、市販のsUAVサービス、自動運転車用のソフトウェア、外骨格型(デバイス)、その他のコンシューマー、共同・合作、商用および産業用ロボット技術ソリューションを提供する企業が含まれます。

ABIリサーチ調査分析専門家ライアン・ウィットン氏(Rian Whitton)によると、

「本報告書では、業界のさまざまな分野でロボット工学ビジネス事例に対応し幅広く利用されるよう、エキサイティングで斬新なソリューションを提供、追求、開発している革新的で先見的な企業に焦点を当てています。」

多くの企業が人工知能、特に機械学習技術を通じてソリューションを実現していますが、他の多くの企業もハードウェアを通じて革新を加速しています。例としては、ストロングアームによる手頃な価格のエクソスーツの開発、Hebiのモジュラーロボットサービス、Softwearのテキスタイル作業に必要な効能を持つロボットの開発などがあります。同時に、KespryとRessonは、sUAV(小型無人航空機)を商業分野で急速に採用している主な革新者です。 これは、航空プラットフォームの耐久性、安定性、および積載能力の大幅な改善だけでなく、製造コストの削減によっても部分的に可能になっています。

「最新の協働ロボット部門での代表はフランカ・エミカです。協働ロボットのリーダー企業であるリシンク・ロボティクス社とユニバーサルロボットA/Sは協働ロボットの標準価格を大幅に引き下げることにより、直接競争しています。これは、ロボットのサブグループの中で急速に普及させるために必要な事です。」

とWhitton氏は述べています。また、

「注目すべきは、ロボットのソフトウェア開発者であるVeo Roboticsです。産業用ロボットを人間とのやりとりにおいてより繊細さを追求し、周囲をよく意識して、現在の標準のロボットよりはるかに大規模で洗練された人とロボットの協働作業を可能にするよう設計しています。」

ABI リサーチのロボット工学最新技術革新 :

  • Resson (農業用ドローン)
  • Kespry (商業用ドローン)
  • nUtonomy (自動運転車)
  • Veo (ロボット工学と自動化)
  • Softwear (商業用ロボット工学)
  • 6 River Systems (倉庫ロボット)
  • Franka Emika (協働ロボット)
  • Intuition Robotics (高齢者ケアロボット工学)
  • Hebi Robotics (モジュラーロボット工学)
  • Strong Arm Technology (外骨格型)

これらの知見は、ABI リサーチのロボット工学最新技術革新の報告書によるものです。 本報告書は、研究、データ、分析の洞察を含む、同社のロボット工学、自動化インテリジェント・システムのリサーチサービスの一部です。

ABIリサーチについて

ABI リサーチは市場情報技術の最前線に立っており、ビジネスリーダーに包括的な研究とコンサルティングサービスを提供し、情報に基づいた技術革新の決定を行うのに役立ちます。25年以上前に設立された同社のグローバル・チームの上級アナリストおよび長期専任アナリストは、深い市場データの予測、分析、および再開発サービスを提供しています。ABIリサーチは業界のパイオニアであり、画期的なビジネスサイクルを積極的に明らかにしており、他の組織よりも18〜36ヶ月前に研究文献を公開しています。 さらに詳細を知りたい場合はウェブサイトwww.abiresearch.comを参照ください。

原文はこちら: Annual Robotics Hot Tech Innovators Report Highlights Diversity, Novelty and Impact of Emerging Solutions

AIによる医療革命。創薬、臨床試験、ロボット手術、患者管理を効率化 世界のIoTに関するレポート公開中