【動画】「インダストリー4.0」 – 「未来の工場」はどのようになるでしょう?

動画】「インダストリー4.0」 – 「未来の工場」はどのようになるでしょう?

全てのシステム、デバイス、材料が相互に込みにケーションを取り合い、様々なニーズに基づいて自動的に注文を処理することを可能にするインダストリー4.0は、第4次産業革命として知られています。HKPCは「スマートコネクト」技術を開発し、これにより全ての機器を簡単にデジタル接続し、インダストリー4.0の導入コストを各段に抑えることができます。
未来の工場はどのようになるでしょうか? スマート生産が実現して、全てのシステム、デバイス、材料が相互にコミュニケーションを取り合い、様々なニーズに基づいて自動的に注文を処理することを想像してみて下さい。

これは一般的にインダストリー4.0として知られています。それは、前の産業革命が蒸気の力、大量生産、自動化によってもたらされた後、第4次産業革命として歓迎されました。

新しい注文が入ると、製造過程のそれぞれのパートにある全てのデバイスが即時に注文情報を受け取り、お互いに調整し合います。

もし不十分な材料があると、システムがインターネットを通してサプライヤーに自動で注文書を発行します。

全ての材料が揃うと、インテリジェントプランニング&スケジューリングシステムが自律的に製造スケジュールを最適化し、注文仕様に従って、機械の使用、必要とするツール、製造スケジュール、配達日やその他の過程をコントロールします。

作業場のロボットは自動的に処理のための適切な材料とツールを指定された機器に取り組むことが出来ます。ですから、製造は100%自動化が可能です。

一方で、技術者は縦の工場環境の中のコントロールセンターで、同時進行で作業場のそれぞれのプロダクションラインの運営をモニターすることが出来ます。

製造が完成すると、製品は無人搬送車で倉庫に直接運ばれます。

システムは配達メモを自動的に発行し、物流会社にコンタクトします。

全プロセスは高度なインテリジェントとなっており、長期的には身体的に害を及ぼす仕事、熟練度の低い仕事は少なくなります。

端的に言うと、インダストリー4.0は全産業チェーンに接続するために、センサー、インターネット、データ分析、ヒューマンマシーンインターフェイス、情報技術をフル活用することを意味します。

これは個人化した製品を生み出し、コスト効率良く、迅速に市場のニーズに反応する柔軟性のあるスマート工場を創ります。

スマート製造とスマートサービスはトレンドとなっており、製造と装置管理は、装置の健全性、製造システム、効率とサービスの強化を確実にするために潜在的な機械の問題を評価し予測するようインテリジェントに作られる必要があります。

インダストリー4.0の導入は巨額の投資を必要としません。SMEも手頃な価格です。

HKPCは「スマートコネクト」技術を開発しました。この技術を搭載したセットトップボックスを既存のデバイスに追加するだけで、企業はすべての機器をデジタル接続し、インダストリー 4.0スマートオペレーションモードで作業を開始できます。

これによってインダストリー4.0を導入するための機器のコストを格段に抑える事ができます。

産業上の考慮に加えて、インダストリー4.0は多数の機器を接続するためにIoTを使用し、産業システム間での情報交換を可能にしますが、これはサイバー攻撃の危険性を高めます。

業界は、インダストリー 4.0を実装するための安全なネットワーク環境を確保するため、サイバーセキュリティ意識を強化する必要があります。

HKPCの包括的なコンサルティングはインダストリー4.0を徐々に導入するのに役立ちます。もしご興味があれば私たちのプロのコンサルタントに今日話してみて下さい。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方