5つのインダストリー4.0技術

5つのインダストリー4.0技術 – 記事

モバイルコンピューティングからクラウドコンピューティングに至るまでの新しいインダストリー4.0のテクノロジーは、過去10年間に巨大な発展を遂げており、現在業界で商業的に利用可能な相互接続されたシステムとして使用できるようになっています。
インダストリー4.0は、リアルタイムの結果とデータにアクセスするための鍵を握っており、業界を新しいレベルの成果に導くことができます。

しかし、インダストリー4.0のコンセプトは、それほど単純なものではありません。
それは多くの技術を包括し、様々な異なる状況で使用されています。
インダストリー4.0にはその中核となる5つの要素があります。
各要素は本質的に似ていますが、統合されていればこれまでにない能力を生み出すことができます。
インダストリー4.0を理解するには、5つの要素が次の産業革命に貢献する事を理解することになるでしょう。

1.ビッグデータ

ビッグデータは、フォーブスの言うように、社内外の伝統的なデジタルソースからのデータの集まりです。
現在のデータは、システムやセンサーからモバイルデバイスまで、あらゆる場所で収集されています。
課題は、業界がデータを最もよく解釈する方法を開発中であることです。
インダストリー4.0の進化は、それらの組織内の組織とソリューションが連携する方法を変えます。
それによりチームはより良い、賢明な意思決定を行うことができます。

2.スマートファクトリー

スマートファクトリーのコンセプトは、計画段階から現場のアクチュエータまで、個々の生産工程をスムーズに結びつけることです。近い将来、機械設備は自己最適化を通じてプロセスを改善することができます。システムはトラフィックプロファイルとネットワーク環境に自律的に適応します。

例を挙げると、ドイツのアンバーグにあるSiemens Electronic Worksの施設があります。スマート・マシンは、生産と世界的な流通を調整するか、または約16億の部品を含む受注生産プロセスを調整します。スマートファクトリーが達成されると、インダストリー4.0の革命が複数の業界で展開されるようになるため、インダストリー4.0の重要な転換点となります。スマートファクトリーで最初にモデル化されたインダストリー4.0のテクノロジーは、ヘルスケアから消費財に至るさまざまな市場に適応します。

3.サイバー物理システム

サイバー物理システムは、計算、ネットワーク、物理プロセスの統合です。
コンピュータとネットワークは、フィードバックループを使用して物理プロセスを監視および制御します。
物理システムが反応し、システムはソフトウェアを使用してアクションを解釈し、結果を追跡します。最初の使用が計算ではないデバイスに組み込まれているコンピュータとソフトウェアの概念を中心にしています。
むしろ、それは行動と機械学習のループです。

4.Internet of Things (IoT)

IoTは、壮大な概念の明確な言葉です。
IoTは、すべてのデバイスとインターネットとの接続です。
Wired氏は、

「これは、クラウドコンピューティングとデータ収集センサーのネットワーク上に構築されている。モバイル、仮想、瞬時の接続が可能になります。」

と述べています。
この相互接続により、機器がデータを使用して製造、移動、レポート、学習を驚異的な速度で効率的に実行するため、「スマートファクトリー」が実現します。

5.相互運用性

相互運用性は、本質的には、上記の要素を組み合わせることで起こります。
サイバー・フィジカル・システム、人間、そしてスマート・ファクトリーがIoTを介して相互に通信することです。
そうすることで、製造パートナーはエラーのない情報を効果的に共有することができます。単一の会社が、すべてのパートナーが情報の表現方法に同じソフトウェアまたは標準を使用するよう指示することはできないと考えてください。相互運用性により、エラーのない送信と変換が可能になります。

3DプリントからSelf Driving Vehiclesまで、インダストリー4.0のテクノロジーは、効率、精度、信頼性の新しい手段で製造業を推進しています。
今日提供されている情報のレベルは、来るべきものの始まりにすぎません。

実務におけるインダストリー4.0の5つの要素

この技術革新の主な例は、Self Driving Vehicles(SDV)です。
今までの(自律型のガイド付き車両)と比較して、SDVは産業センターの柔軟性を高め、スループット率を高め、投資回収率を向上させます。
彼らは、インフラに頼らないナビゲーション(ビーコンなし、磁気テープなしまたはケーブルなし)により、最終目的地への最も効率的なルートを見つけ移動します。
オンボードインテリジェンスは、安全で協調的な作業環境を確保するために障害を回避します。
一方、OTTOなどのSDVは、屋外の道路の車両と同様に光信号を感知し、旋回、停車、駐車などの命令を効果的に伝達します。
SDVはその全車両が同一施設内で使用されているかどうかに関わらず、全車両内からのデータを共有します。
したがって、経営幹部はリアルタイムデータを有することで、KPIおよびその運用の成長に積極的に影響を及ぼす情報に基づく、教育的な意思決定を行うことができます。

SDVは、インダストリー 4.0がどのように製造部門を変革するかの一例に過ぎません。
この産業革命はデータを収集、使用、共有することで、業界が安全と効率の新たな高さに到達し、部門を無人化製造の最終目標に近づけることができます。

原文はこちら: 5 KEY INDUSTRY 4.0 TECHNOLOGIES