【IoT用語集】クラウドイネーブルドとは?

【IoT用語集】クラウドイネーブルドとは? – 記事

はじめに

クラウドイネーブルドとは、企業がそれまでオンプレミス(自社独自に)で構築した専用サーバ上で提供していたITサービスやシステムをクラウドサーバ上でも提供できるようにすることをいいます。

もともとクラウド上で動作することを予定しているクラウドネイティブとの違いは、クラウドを前提とせずに開発されていることです。

独自の専用サーバ開発・構築にかかる予算が削減できる効果が期待できますが、クラウド上で動作させるためにアプリケーションソフトウエアやミドルウエアの「モダナイゼーション」・アプリケーションソフトウエアやデータのクラウド上への「マイグレーション」が必要となります。

かつて、メインフレームがオープンシステムに移行する際に行われた作業と、手法は革新されましたが、ほぼ同じ意味を持つ作業が必要になります。

ユーザーがクラウドイネーブルドを選ぶ背景

現在、エンタープライズユーザーが、ITサービスやシステムをクラウドイネーブルドにする理由は何でしょう。クラウドにすることによるメリットデメリットをあげると次の通りとなります。

〇メリット

  • コスト 
    サーバ・ネットワークを一からユーザーが調達することになるので高いコストがかかります。しかし、クラウドサービスは、利用者が利用する分のコスト負担を月々のサブスクリプションフィーの形式で負担するのみです。

    ビッグデータの時代に入り、サーバの増設をデータ量が増えるたびに行うことはもはや現実的でないと考えられます。

  • インフラ調達期間 
    サーバ・ネットワークをユーザーが調達するためには、時間もかかります。しかし、クラウドは、申込・フィーの支払い手続きから環境設定のみで、インフラを利用することができるので、ほぼ即時対応となります。
  • 障害対応 
    遠隔地にバックアップサイトを持つなどの対策を取らない限り、サイバー攻撃などを受けた場合の障害からの復旧は、非常に困難なケースがあります。自然災害に対する対応も同様です。

    この点、クラウドサービスは、バックアップ・サーバの分散・ネットワークの十分な冗長化など必要な措置が取られているため大規模な障害にも耐えられます。

〇デメリット

  • ネットワークセキュリティ 
    クラウドサービスがインターネットに対してオープンになっている分、外部からの侵入にオンプレミスサーバよりも弱い面があることが指摘できます。

    しかし、いったん障害発生が起こった場合、クラウドの場合物理的論理的に障害部分の切り離しができることやバックアップが比較的に容易であることから、このデメリットは徐々に重視されなくなってきています。

  • 存システムとの連携
    既存のシステムとクラウドは、必ずしも親和性が高くありません。クラウドに合わせたアーキテクチャの変更など工数とコストがかかる場合もあります。オンプレミスの場合、もともと一定の基準にあったシステムを利用・運用しているためこの基準に合わせて既存システムと連携可能な新システムを構築することで連携は容易になります。
  • スタマイズの自由度
    クラウドサービスに一定の限界があるのに対し技術的に可能な限り、オンプレミスならカスタマイズは自由度が高いといえます。

    しかし、この点も、例えば開発プラットフォームを提供するクラウドサービスもありますのでクラウドネイティブのアプリケーション開発が進めばあまり重要なデメリットではなくなります。

クラウドイネーブルドの手法 マイグレーションとモダナイゼーション

 

  • マイグレーション
    マイグレーションとは、既存のアプリケーションをそのままクラウドに移行する・データをクラウドサーバに移行するといったようにクラウドイネーブルドにする際に、アーキテクチャの変更を伴わないクラウド化を指しています。

    例えば、オンプレミスのサーバにデータが蓄積されており、アプリケーションソフトウエアがPCにインストールされ、サーバとPCは社内LANでつながれているといった状態であるとします。これをWeb版のアプリケーションに移行し、データはそのままクラウドサーバに移行させるような場合がクラウドマイグレーションの典型例です。

  • ダナイゼーション
    これに対して、モダナイゼーションは、システムアーキテクチャの変更を伴うクラウド化です。例えば、数十年のデータを蓄積しているメインフレームを現在オープンシステムにつなぎ、データの照会をPC上のアプリケーションで行っているとします。

    メインフレームに旧データは残し、ほかのデータはクラウドサーバにストア、アプリケーションでは双方のデータが同時並行で呼び出せるアーキテクチャに、といったケースが考えられます。

    上記の例で、クラウド化の本質部分となりうる処理として、「メインフレームのデータをWebアプリで読みやすいデータに一度変換、そのうえでクラウドサーバに送信する」といった処理が考えられ、この処理を実現すること=モダナイゼーションです。

まとめ

上記に見たように、クラウドイネーブルドとするには、マイグレーションコスト・モダナイゼーションコストをかけなければなりません。

しかし、今後も企業のIT資産の全体最適の観点から多くのシステムがクラウドイネーブルになるものと考えられます。マイグレーション・モダナイゼーションの手法の進化にも注目したいものです。

関連記事はこちら:【IoT用語集】クラウドネイティブとは?