【IoTトレンド】「IoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTとは何か?

私たちの住む世界は、テクノロジーが多くの分野で見られるようになったことで、益々スマートでコネクトされたものになっています。デジタルデバイスは、スマートフォン、携帯電話やオフィスの中だけでなく、家や都市そのものにも活用されるようになって来ました。
IoT(Internet of Things、モノのインターネット)は私たちの生活に革命を起こすといわれています。医療の分野でも、IoTを利用することで高齢者の在宅ケアなどにも効果を見出しています。
ここ数ヶ月間の間に発信され、今注目を集めたあらゆるIoT関連のニュースには、以下のようなものがあります。

  • 8月6日 IBMはIoTのリーダーを目指す
  • 7月18日 VodafoneがIoT関連事業を拡大
  • 7月17日 MicrosoftとGEがIoT分野で協力
  • 5月17日 モバイルIoTネットワークが5Gの核となる
  • 3月23日 オペレーター間のパートナーシップ確立がIoT成功の鍵

話題の元記事はこちら: What is the IoT? Everything you need to know

IIoTについて、製造業者が知っておくべきこと

製造業者が自社工場をアップグレードするのは数年に一度です。時代が進化するにつれ、機械はセンサーを備えデジタル化し、工場のネットワークと交信することが可能になってきました。その結果、機械同士を接続しエコシステムを構築・開発することが可能になりました。これがIIoTです。IIoTの特長のは以下のようなものです。

  1. リアルタイムデータ及びインサイト
  2. 予測メンテナンス
  3. 戦術的なロケーションの利点
  4. 自動化の軌跡
  5. クライアントへのインサイトの提供

話題の元記事はこちら: What manufacturers need to know about IIoT

国内の製造業者にとってIoTが意味するもの

IoTは私たちの生活をより便利で、快適で安全なものにします。このようなIoTを実現する為に欠かせないのがMEMS(micro electro mechanical systems)です。これは高感度で小型のセンサーです。このデバイスは、触る・見る・聞く・臭う・味わうなどからの情報を収集・解釈・プロセスし読解可能な情報に変換します。このデバイスのサプライヤーとして世界をリードするのがBoschです。
Boschがタイに建設した工場は、コネクテド・ソリューションを利用して、自動化された製造工程を採用する機会を特定したり、データ解析を利用して総合的に見た製造工程のパフォーマンス向上を実行し、Industry 4.0をサポートします。
Industry 4.0を達成するにはIoTは欠かせませんし、これを理解した企業には成功が約束されています。しかしながら、企業が継続的にテクノロジーのアップデートを行うことが大切です。よりパワフルなネットワークが次々と登場しており、革新はスタートしたばかりです。

話題の元記事はこちら: What the IoT means for local manufacturers

IoTは何に価値を見出すのか?

もしあなたが固体光源(SSL)の製造業者なら、それが街灯分野でIoTアプリに価値をもたらす照明器具であることを願っておいてください。電灯製造業者は、スマートシティのインテリジェントで接続された屋外灯に対応できる電灯を供給するという、新たな収入源に対応する必要が出てきました。
マイクロ・プロセッサー分野の巨大企業IntelやテレコムジャイアントのAT&Tなどの主要企業は、既にこの分野に乗り出しています。これらの企業は、都市の役所とチームを組み、電信柱にインテリジェント・センサーを埋め込み始めています。このセンサーは車両や、通行人、自転車などをモニターし、究極的には都市の安全度合いを高め、交通渋滞の緩和を目指します。
電灯そのものの製造業者は、このようなトレンドに取り残されていると感じるかもしれません。

話題の元記事はこちら: What has IoT value – the pole or the light?

IoTとは何か?

デジタルインフォメーションの専門家、Kevin Ashtonがかつて、私たちは人間が生み出したデータによって作られたインターネットがある世界で暮らしていると語ったことがあります。次世代にはモノそのものがインターネットへの情報を生み出すようになるでしょう。
現在のところ、IoTアプリには次の3つのカテゴリーがあります。

  • 消費者向けIoT: このカテゴリーには、小型で家庭で使用するようなデバイスが含まれる
  • エンタープライズIoT: 製造工場などで、全ての機器が接続されているようなIoT環境
  • インフラIoT: 農業、エネルギー、運輸、環境、メディカルなどの分野が含まれる

IoTの唯一のデメリットは、脆弱なプライバシー保護です。しかし、IoTにはこれを上回る利点があることも事実です。IoTを作り出す必要はなく、自生し成長し続けています。

話題の元記事はこちら: What is the IoT? Understanding the Internet of Things

関連記事はこちら:【IoTトレンド】「セルラーIoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ