【日本海外事例集】Tupl、日本のソフトバンクとPoCを発表、共有産業向けのIoTソリューションを提供

【日本海外事例集】Tupl、日本のソフトバンクとPoCを発表、共有産業向けのIoTソリューションを提供 – 記事

ワイヤレスオートメーション業界のリーダーであるTuplは本日、共有駐車サービスや共有自転車サービスなどのソフトバンクの共有サービスにIoTソリューションを提供するために、新しいPoC(Proof of Concept)を発表しました。
このPoCを通じて、Tuplは、AI技術を活用したAIエンジン「TuplOS」を提供し、ソフトバンクのデータを用いて、統合されたアプリケーションとモデルを構築します。

ターンキープラットフォームは、アクセス可能なユーザーインターフェイス内でサービスを共有するための需要と収益を予測できます。

TuplのPetri Hautakangas CEOは次のように述べています。

「私たちは、ソフトバンクに、共有経済において重要な市場セグメントを成長させるための技術とツールを提供します。私たちはソフトバンクと協力して、TuplOSプラットフォームとユースケースが通信市場の外やIoTなどのワイヤレス業界の他の主要部門にどのように拡大しているかを、さらに発表することを楽しみにしています。」

近年、共有経済は幅広い市場セグメントに拡大しています。
市場拡大の一環として、ソフトバンクはIoTプラットフォームを活用し、共有サービスを通じて企業や個人などのビジネスパートナーと連携します。
TuplのAIエンジンは、Softbank IoTプラットフォームと組み合わせて、需要と供給の発生を予測してサービスに新たな価値を創造します。

Tuplは、運用コストを大幅に削減し、容易な拡張性を実現する、AIおよび機械学習ベースのソリューションを提供します。
TuplOS AIエンジンは、パートナーデータを使用した効果的なモデルとソリューションを構築し、内部または商用の自動化製品とアプリケーションを作成することができます。

原文はこちら: Tupl Announces PoC with SoftBank in Japan to Provide IoT Solutions for the Sharing Industry

関連記事はこちら:
【日本海外事例集】Ericssonがソフトバンク IoTをサポート
【IoT用語集】NB-IoTとは?
【IoT用語集】PoC(Proof of Concept)とは?
Made in China 2025とは