【動画】インダストリー4.0とは何か?

動画】インダストリー4.0とは何か?

サイバーフィジカルシステムであるインダストリー4.0は第4番目の産業革命であり、IoTを構築するためにワイヤレスで相互接続された知的生産スペースを作りだし、これでしか解決できない問題を解決します。インダストリー4.0を導入することにより、効率性、顧客体験、イノベーション、収益、これらの全てにおいて優れた結果を得られます。
今年の初め頃、Business Lincolnshireは幅広い業界専門家たちを招き、インダストリー4.0を紹介するイベントを開催しました。

Lincolnshireは今後数年間で製造業がどのように変化するかを垣間見ました。

インダストリー4.0は第4番目の産業革命となります。現在までに、機械化、水力、蒸気動力の第1次産業革命、大量生産、組み立てライン、そして電力の第2次産業革命、コンピューターと自動化の第3次産業革命があり、最後の第4次産業革命はサイバーフィジカルシステムとなっています。

インダストリー4.0は先端技術を利用して、他では解決できない問題を解決します。

製造業の世界では、これはIoTを構築するためにワイヤレスで相互接続された知的生産スペースを創り出すというアイデアです。

調和の取れた相互接続技術は、ビジネスにとって多くの利益の可能性を創り出します。

<なぜ私のビジネスにこれらのシステムを取り入れるべきであるのか?>

効率性:自動化されたシステムは生産時間を低く抑え、品質の一貫性を保ちます。

イノベーション:先端技術はさらなる画期的な製品の可能性を開きます。

顧客体験:より速い生産時間、より品質の高い製品は、より優れたカスタマーサービスを生み出します。

コスト:初期投資の後、この技術によって、より少ない資材の浪費、より少ない品質問題、より少ない運営コストといった結果が得られます。

収入:より低い製造コスト、より品質のよい製品、より沢山の製品は結果としてより多くの収入をもたらします。

興味があれば、私たちがお手伝いをいたします。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:【IoT用語集】ミドルウェアとは?